185件中 11 - 20件表示
  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たマシュー・ペリー

    幕末に帝政ロシアのプチャーチンが来航し、蒸気で走る模型を披露したとの記録がある。また、ペリーが黒船で浦賀に来航した際に、幕府に蒸気機関車の模型を献上したとされる。嘉永6年(1853年)佐賀藩の精錬方であった田中久重が蒸気車の雛型(模型)を作った。桂小五郎がナポレオン号(山口県立山口博物館蔵)を持ち帰った記録もある。また、加賀の大野弁吉が蒸気機関車の模型を作った記録がある。これらの機関車は2003年に国立科学博物館で開催された江戸大博覧会で展示された。このように日本では実物よりも先に模型の方が完成した。これにより蒸気機関に関する理解が深まった。その後、鉄道省で教材として作られた。電気を動力とする鉄道模型は1890年の上野で東京電燈スプレーグ式電車が運転された第3回内国勧業博覧会において展示されたものと思われる。この模型は円形テーブルのうえに敷かれた軌道を手回しのダイナモで走らせるものであった。のちこの模型は日本のライブスチームのパイオニアである田口武二郎の父田口卯吉が入手したというこの模型は東京市に寄贈された。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た山崎喜陽

    1924年創刊された『子供の科学』に本間清人が電気機関車の作り方、庭園鉄道のレイアウトなど模型製作記事を連載した。続いて山北藤一郎が電気機関車や電気関係の製作記事を連載した。そして子供の科学代理部(のちの科学教材社)によりモーター、車輪、レール、トランス等鉄道模型の部品の販売を開始し、さらに子供の科学展覧会を開催して鉄道模型の発展に貢献した。本間清人は『子供の科学』誌で「50mmゲージ」を提唱、これが日本における鉄道模型の標準軌間のさきがけとなった。この時代の縮尺であるが、発売された製品は足回りやパンタグラフは約1/40、連結器は1/20位で車体は各人の好みで1/21から1/30位と統一されていなかった。『科学画報』で「模範的電気機関車の作り方」を執筆した香西健は1/30・35mmゲージを採用。1927年日本橋三越で開催された子供の科学主催第一回模型の国展覧会でこの規格の電気機関車が最優等賞を獲得し注目を浴び、1929年に創刊された『鉄道 (雑誌)』はこのゲージを推進した。メーカーも追随して製品を発売するようになり、35mmゲージは戦前の日本の鉄道模型模型規格の主流となった。ミトイ会(35をもじった)という模型クラブがつくられ会場をかりてしばしば公開運転を行い。その様子がニュース映画に取り上げられていた。一方Oゲージ由来の32mmゲージを縮尺1/40-1/42で制作して楽しむ愛好者もいて、千代田計器工作所からは完成品も発売されていた。1938年『模型鉄道』誌上で湯山一郎が「模型鐵道の標準軌間」を発表した。この記事は、日本独自の道を行く35mmゲージと比べ軌間32mmのOゲージにすればアメリカ型もイギリス型も日本型も(縮尺は調整するが)同じ線路上に走らせることが出来るとしてOゲージの利点を説き、日本型の縮尺については1/45を推奨した。しかし35mmゲージ擁護派からの反発は両者の争いを生みそれは終戦まで続いた。また『科学と模型』に「16番ゲージ日本標準規格に就て」を発表した山崎喜陽も国賊非国民と攻撃をうけていた。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たロンドン

    1862年、ロンドンのメイヤーズがカタログに蒸気機関車を掲載した。1898年、バセット・ロークが創業し、ドイツのビングなどを下請けにしてスケールモデルを供給しはじめた。バセット・ロークは1921年にOOゲージを発売した。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た変圧器

    当初は直巻電動機を自作し変圧器または抵抗器で制御していた。抵抗器には食塩水を用いたものもあった。小型の電動機が模型用として発売されるようになると、それを納める動力車の大きさが決まってしまう。すなわち模型のサイズの小型化はモーターサイズの小型化の歴史でもあった。界磁コイルを軸の延長上に移したり、両軸モーターを作り車軸や台車間に納めたり、この時期の工夫は目覚しい。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た大野弁吉

    幕末に帝政ロシアのプチャーチンが来航し、蒸気で走る模型を披露したとの記録がある。また、ペリーが黒船で浦賀に来航した際に、幕府に蒸気機関車の模型を献上したとされる。嘉永6年(1853年)佐賀藩の精錬方であった田中久重が蒸気車の雛型(模型)を作った。桂小五郎がナポレオン号(山口県立山口博物館蔵)を持ち帰った記録もある。また、加賀の大野弁吉が蒸気機関車の模型を作った記録がある。これらの機関車は2003年に国立科学博物館で開催された江戸大博覧会で展示された。このように日本では実物よりも先に模型の方が完成した。これにより蒸気機関に関する理解が深まった。その後、鉄道省で教材として作られた。電気を動力とする鉄道模型は1890年の上野で東京電燈スプレーグ式電車が運転された第3回内国勧業博覧会において展示されたものと思われる。この模型は円形テーブルのうえに敷かれた軌道を手回しのダイナモで走らせるものであった。のちこの模型は日本のライブスチームのパイオニアである田口武二郎の父田口卯吉が入手したというこの模型は東京市に寄贈された。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た電池

    電動模型は、家庭への配電と同時に始まった。当時の電池は高価なわりに性能が低かったからである。交流による家庭への配電が開始される前に一部の地域では直流で配電されていた。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た蒸気機関車

    1862年、ロンドンのメイヤーズがカタログに蒸気機関車を掲載した。1898年、バセット・ロークが創業し、ドイツのビングなどを下請けにしてスケールモデルを供給しはじめた。バセット・ロークは1921年にOOゲージを発売した。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た電動機

    当初は直巻電動機を自作し変圧器または抵抗器で制御していた。抵抗器には食塩水を用いたものもあった。小型の電動機が模型用として発売されるようになると、それを納める動力車の大きさが決まってしまう。すなわち模型のサイズの小型化はモーターサイズの小型化の歴史でもあった。界磁コイルを軸の延長上に移したり、両軸モーターを作り車軸や台車間に納めたり、この時期の工夫は目覚しい。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た亜鉛

    1835年、アドラー号と亜鉛製の人形と客車が販売された。1840年、最初のドイツ製の板金による鉄道模型の生産の記録が残っている。1886年、ビングが最初の製品を発売した。1887年、Schonnerが縮尺約1/22・軌間65mmと、縮尺約1/12・軌間115mmの蒸気機関車と客車と線路を発売した。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た鉄道車両

    鉄道模型(てつどうもけい)は、一定の縮尺・軌間による鉄道車両・線路の模型をいう。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

185件中 11 - 20件表示

「鉄道模型」のニューストピックワード