153件中 31 - 40件表示
  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たNゲージ

    1930年代になり、子供の科学誌で本間清人が「50mmゲージ」を提唱する。その後科学画報誌で香西健が「35mmゲージ」を提唱する。また、ドイツやアメリカから2番、1番、Oゲージ等の鉄道模型が輸入され、愛好者層を中心に徐々に普及した。その後、第二次世界大戦による中断を経て1950年代は進駐軍向けのOゲージ、HOゲージの輸出が盛んになりやがて外貨獲得の手段として輸出が拡大する。1960年代になると16番ゲージが愛好者層を中心として普及し、1980年代以降、Nゲージの普及により愛好者層が拡大し現在に至る。また、一部の愛好者の間では、実物の狭軌を再現するナローゲージも提唱されている。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た1番ゲージ

    1930年代になり、子供の科学誌で本間清人が「50mmゲージ」を提唱する。その後科学画報誌で香西健が「35mmゲージ」を提唱する。また、ドイツやアメリカから2番、1番、Oゲージ等の鉄道模型が輸入され、愛好者層を中心に徐々に普及した。その後、第二次世界大戦による中断を経て1950年代は進駐軍向けのOゲージ、HOゲージの輸出が盛んになりやがて外貨獲得の手段として輸出が拡大する。1960年代になると16番ゲージが愛好者層を中心として普及し、1980年代以降、Nゲージの普及により愛好者層が拡大し現在に至る。また、一部の愛好者の間では、実物の狭軌を再現するナローゲージも提唱されている。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たHOゲージ

    1930年代になり、子供の科学誌で本間清人が「50mmゲージ」を提唱する。その後科学画報誌で香西健が「35mmゲージ」を提唱する。また、ドイツやアメリカから2番、1番、Oゲージ等の鉄道模型が輸入され、愛好者層を中心に徐々に普及した。その後、第二次世界大戦による中断を経て1950年代は進駐軍向けのOゲージ、HOゲージの輸出が盛んになりやがて外貨獲得の手段として輸出が拡大する。1960年代になると16番ゲージが愛好者層を中心として普及し、1980年代以降、Nゲージの普及により愛好者層が拡大し現在に至る。また、一部の愛好者の間では、実物の狭軌を再現するナローゲージも提唱されている。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たOスケール

    レイバン、縮尺1/43 - 1/48 ・軌間32mmである。縮尺や標準となる軌間は国やメーカー、車種によって異なる。イギリスでは7mmスケールとも呼ばれる。→Oスケール、Oゲージを参照鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たコースティング・ギヤ

    現在のもっとも進んだ駆動方式では、電子制御でモーターの回転数を実物を模した加減速曲線で駆動し、Bemf(逆起電力)を測定して回転数を一定に保つ方式をとっている。また、永久磁石に吸着されない無鉄心型モーター(コアレスモーター)を採用し、逆駆動するウォームギヤとの組み合わせで押して動く(Free-rolling mechanism )動力車が実用化されている。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た軌間

    鉄道模型(てつどうもけい)は、一定の縮尺・軌間による鉄道車両・線路の模型をいう。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た整流器

    メルクリンやライオネルに代表される方式で、中央三線式を採用しているが、交流方式であることは必ずしも三線式であることを意味するわけではなく、少数ながら交流二線式の鉄道模型も存在する。1930年代には効率のよい整流器や強力な永久磁石が民生用にはなかったので、直巻電動機と電磁石による方向転換装置との組み合わせが採用された。絶縁車輪を用いなくても良いので今でも根強い人気がある。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たデジタルコマンドコントロール

    現在ではデジタルコマンドコントロール(DCC)が世界的な標準になり、欧米ではあらかじめDCCの搭載を想定したコネクタを装備した車両が普及している。DCCでは理論上、アドレス長が10bitの場合、同時に1024台に指令を出すことができる。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た2番ゲージ

    1930年代になり、子供の科学誌で本間清人が「50mmゲージ」を提唱する。その後科学画報誌で香西健が「35mmゲージ」を提唱する。また、ドイツやアメリカから2番、1番、Oゲージ等の鉄道模型が輸入され、愛好者層を中心に徐々に普及した。その後、第二次世界大戦による中断を経て1950年代は進駐軍向けのOゲージ、HOゲージの輸出が盛んになりやがて外貨獲得の手段として輸出が拡大する。1960年代になると16番ゲージが愛好者層を中心として普及し、1980年代以降、Nゲージの普及により愛好者層が拡大し現在に至る。また、一部の愛好者の間では、実物の狭軌を再現するナローゲージも提唱されている。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たZゲージ

    1972年、西ドイツのメルクリンから縮尺1/220・軌間6.5mmのZゲージが登場した。当時はこれ以上小さい模型はないという意味からZと名付けられたが、2008年に日本の栄進堂からさらに小さな縮尺1/450・軌間3mmのTゲージが発売された。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

153件中 31 - 40件表示

「鉄道模型」のニューストピックワード