153件中 41 - 50件表示
  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たコアレスモータ

    現在のもっとも進んだ駆動方式では、電子制御でモーターの回転数を実物を模した加減速曲線で駆動し、Bemf(逆起電力)を測定して回転数を一定に保つ方式をとっている。また、永久磁石に吸着されない無鉄心型モーター(コアレスモーター)を採用し、逆駆動するウォームギヤとの組み合わせで押して動く(Free-rolling mechanism )動力車が実用化されている。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たTTゲージ

    1945年にアメリカのH.P.プロダクツから縮尺1/120・軌間12mmの鉄道模型(TTゲージ)が発売された。後にイギリスや西ドイツでも展開された。1957年にイギリスのローンスターが縮尺1/152・軌間8.25mmの手押し動力の列車模型を発売した。1959年には西ドイツのトリックスが縮尺1/180の手押し動力の鉄道玩具を試験的に生産したが、実験段階を抜け出すことはなかった。1960年にイギリスのローンスターが縮尺1/148・軌間9mmの鉄道模型「トレブル・オー・レクトリック」を発売した。後にNゲージとして発展することになる。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たGゲージ

    ニバン、縮尺1/22.5 - 1/29 ・軌間50.4mm - 50.8mmである。縮尺や標準となる軌間は国やメーカー、車種によって異なり、欧州大陸では軌間64mmとされることがある。庭園鉄道に広く使用されるGゲージは、2番スケールのナローゲージに相当する。→2番ゲージ、Gゲージを参照鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たスパーギヤ

    モーターから車輪までの動力伝達にはウォームギヤが多用される。スパーギヤ、ベベルギヤの使用は少ないが、一部高級機種ではウォームギアの一種であるコースティング・ギヤの使用も認められる。それは前者では一段で大きなギヤ比を実現でき、また、モーター軸と駆動軸が直交するのがモーターの配置上大変便利な位置関係だからである。しかし鉄道模型で使用されるウォームギヤは安全性の観点から逆駆動できないものが多いため、特殊なクラッチを用いて歯車の自動切り離しをする手法も現れた。しかしこの手法は一過性のもので、製品に反映される性格のものではなかった。一方、コースティング・ギヤを使用した機種では逆駆動の問題は解決している。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たスケールモデル

    1862年、ロンドンのメイヤーズがカタログに蒸気機関車を掲載した。1898年、バセット・ロークが創業し、ドイツのビングなどを下請けにしてスケールモデルを供給しはじめた。バセット・ロークは1921年にOOゲージを発売した。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たぜんまいばね

    1922年にビングから0番規格の半分のサイズのOO番(OOゲージ)が発売され、Bing-Tischeisenbahn(ビング卓上鉄道)の名で展開された。当初はぜんまい式だったが1924年には電気式になった。1935年春にトリックスから、秋にはメルクリンからOOゲージ製品が発売された。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たトリックス

    1922年にビングから0番規格の半分のサイズのOO番(OOゲージ)が発売され、Bing-Tischeisenbahn(ビング卓上鉄道)の名で展開された。当初はぜんまい式だったが1924年には電気式になった。1935年春にトリックスから、秋にはメルクリンからOOゲージ製品が発売された。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た電流

    鉄道模型には縮尺(スケール)や軌間(ゲージ)、電動式のものは電流・電圧などさまざまな規格が存在し、それら規格にもとづいて製品化されている。また、自作する場合はそれら規格に適合するように製作されることが多い。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た縮尺

    鉄道模型(てつどうもけい)は、一定の縮尺・軌間による鉄道車両・線路の模型をいう。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たフランジ

    コースとは粗いという意味の「coarse」である。鉄道模型は玩具から発達してきたので、脱線しにくいというのがその不可欠な条件の一つであった。そのためには、実物と比べて高いフランジ、厚いタイヤ、幅の広いフランジウェイを持つ分岐器のフログが必要であった。その後「ファイン」な模型を欲する人たちも出てきたので、そのような模型の一群をファインゲージと呼ぶ。「コース」であれば玩具的というわけではなく、「ファイン」がやや特殊であり、「コース」が鉄道模型の標準となることが多い。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

153件中 41 - 50件表示

「鉄道模型」のニューストピックワード