185件中 51 - 60件表示
  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た庭園鉄道

    ニバン、縮尺1/22.5 ・軌間64mm(NEM規格)である。縮尺や標準となる軌間は国やメーカー、車種によって異なる。20世紀初頭にイギリスで制定された2番(II)ゲージ〔縮尺1/27・軌間51mm〕は廃れて現在ではNMRA規格、NEM規格のどちらにも記載されていない。現在の2番(II)ゲージは20世紀初頭にイギリスで制定された3番(III)ゲージ〔縮尺1/24・軌間64mm〕を起源とするものである。庭園鉄道に広く使用されるGゲージは、2番ゲージのナローゲージに相当する。→2番ゲージ、Gゲージを参照鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たコースティング・ギヤ

    現在のもっとも進んだ駆動方式では、電子制御でモーターの回転数を実物を模した加減速曲線で駆動し、Bemf(逆起電力)を測定して回転数を一定に保つ方式をとっている。また、永久磁石に吸着されない無鉄心型モーター(コアレスモーター)を採用し、逆駆動するウォームギヤとの組み合わせで押して動く(Free-rolling mechanism )動力車が実用化されている。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たNゲージ

    第二次世界大戦が終わると模型店には鉄道模型好きのアメリカ人将校達がやってきて手の込んだ高価な模型を注文し模型店は活況を呈するようになる。やがてOゲージ、HOゲージを輸出するようになり外貨獲得に努めた。天賞堂、カツミ模型店はアメリカ向け高級真鍮製品を手掛け高い評価を得ていた。またトビー模型店の欧州向け製品は当時欧州で大量生産されていたプラ製品に比べディテールや走行性能、美しい塗装など定評があった。他にもフジヤマ、ユナイテッド=合同、熊田貿易、オリオン等の外国型専門のメーカーがあった。1960年代になると16番ゲージが愛好者層を中心として普及していったが、日本型車両の製品はメーカーが輸出品中心もあり例えば天賞堂は1968年時点蒸気機関車は9600形のみ電気機関車は1966年時点EB10形、ED42形、EF15形、EF30形、EF62形という状況であった。また製品の優劣が激しく雑誌の製品紹介で「悪口をかかないのに苦労した」というできであった。時代は下り為替の関係で輸出が困難になる時代がくると国内市場にシフトするようになり日本型も質量とも充実してくるようになる。1980年代以降、Nゲージの普及により愛好者層が拡大し現在に至る。また、実物の軽便鉄道や産業用軌道を再現するナローゲージモデルを楽しむ愛好者もいる。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た2番ゲージ

    明治後半には上野の菊屋や銀座の伊東屋に舶来の模型機関車が並べられるようになり、ドイツやアメリカから2番、1番、Oゲージ等の鉄道模型が輸入され、愛好者層を中心に徐々に普及した。関東や関西の百貨店は鉄道模型に力をいれるようになり三越で販売した国産の鉄道模型セットに入っていたトランス(製造関電機製作所)には三越のロゴマークをつけていた。戦前のメーカーは朝日屋 (大阪府)、関電機製作所、西尾音吉模型工場、千代田計器工作所など、そして現在も営業しているカワイモデルである。しかし当時の模型はぜいたく品であり富裕層の子弟の高価な玩具であった。なお関電機製作所ではアメリカやイギリスに輸出していた。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た軌間

    鉄道模型(てつどうもけい)は、一定の縮尺・軌間による鉄道車両・線路の模型をいう。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たデジタルコマンドコントロール

    2000年代以降はデジタルコマンドコントロール(DCC)が世界的な標準になり、欧米ではあらかじめDCCの搭載を想定したコネクタを装備した車両が普及している。DCCでは理論上、アドレス長が10bitの場合、同時に1024台に指令を出すことができる。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たぜんまいばね

    1922年にビングから0番規格の半分のサイズのOO番(OOゲージ)が発売され、Bing-Tischeisenbahn(ビング卓上鉄道)の名で展開された。当初はぜんまい式だったが1924年には電気式になった。1935年春にトリックスから、秋にはメルクリンからOOゲージ製品が発売された。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たトルク

    直巻電動機は、動力車の起動時に電流の二乗に比例してトルクが発生し、実物の発車(起動)状況を再現しやすく、巡航時には電流値が減少し、登り坂では回転が落ちて電流値が上昇し、牽引力が増す。それに対し永久磁石による界磁を持つモーターでは、磁石が電機子を吸引することにより、車輪を廻した時ギヤを介してモーターが回転しないため、実物の鉄道車両が惰行する様子を再現できない。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たフランジ

    「粗い」という意味。鉄道模型は玩具から発達してきたので、脱線しにくいことが不可欠な条件の一つであった。そのために、実物と比べて高いフランジと厚いタイヤを用い、分岐器は幅の広いフランジウェイを持つフログが必要であった。「コース」が玩具的というわけではなく、走行性能(実用性)を重視したものなので、鉄道模型の標準となることが多い。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た35mmゲージ

    1924年創刊された『子供の科学』に本間清人が電気機関車の作り方、庭園鉄道のレイアウトなど模型製作記事を連載した。続いて山北藤一郎が電気機関車や電気関係の製作記事を連載した。そして子供の科学代理部(のちの科学教材社)によりモーター、車輪、レール、トランス等鉄道模型の部品の販売を開始し、さらに子供の科学展覧会を開催して鉄道模型の発展に貢献した。本間清人は『子供の科学』誌で「50mmゲージ」を提唱、これが日本における鉄道模型の標準軌間のさきがけとなった。この時代の縮尺であるが、発売された製品は足回りやパンタグラフは約1/40、連結器は1/20位で車体は各人の好みで1/21から1/30位と統一されていなかった。『科学画報』で「模範的電気機関車の作り方」を執筆した香西健は1/30・35mmゲージを採用。1927年日本橋三越で開催された子供の科学主催第一回模型の国展覧会でこの規格の電気機関車が最優等賞を獲得し注目を浴び、1929年に創刊された『鉄道 (雑誌)』はこのゲージを推進した。メーカーも追随して製品を発売するようになり、35mmゲージは戦前の日本の鉄道模型模型規格の主流となった。ミトイ会(35をもじった)という模型クラブがつくられ会場をかりてしばしば公開運転を行い。その様子がニュース映画に取り上げられていた。一方Oゲージ由来の32mmゲージを縮尺1/40-1/42で制作して楽しむ愛好者もいて、千代田計器工作所からは完成品も発売されていた。1938年『模型鉄道』誌上で湯山一郎が「模型鐵道の標準軌間」を発表した。この記事は、日本独自の道を行く35mmゲージと比べ軌間32mmのOゲージにすればアメリカ型もイギリス型も日本型も(縮尺は調整するが)同じ線路上に走らせることが出来るとしてOゲージの利点を説き、日本型の縮尺については1/45を推奨した。しかし35mmゲージ擁護派からの反発は両者の争いを生みそれは終戦まで続いた。また『科学と模型』に「16番ゲージ日本標準規格に就て」を発表した山崎喜陽も国賊非国民と攻撃をうけていた。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

185件中 51 - 60件表示

「鉄道模型」のニューストピックワード