153件中 51 - 60件表示
  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たレイアウト (鉄道模型)

    当初は高価な趣味であったが、一般に普及するにつれて庶民の住宅事情を反映し小サイズの模型がより普及する傾向にある。かつてはブリキ製の玩具との境界はあいまいであったが、次第に決められた縮尺・軌間によって車両やレイアウト・ジオラマを製作して、コレクションしたり線路上を走行させて鉄道の情景を楽しむための規格が定められるようになった。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た分巻整流子電動機

    直流方式の利点は、機械的な逆転装置なくして自由に前進後退を選べることであった。交流方式の直巻電動機の界磁を車載整流器で一定方向磁界とすれば(これをpolarizedという)手元のスイッチひとつで進行方向を切り替えることができた。第二次世界大戦後は永久磁石の界磁となり、これは分巻電動機の一種であって模型機関車の駆動用電動機として最も適するとは言えないが、広く用いられるようになった。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た庭園鉄道

    ニバン、縮尺1/22.5 - 1/29 ・軌間50.4mm - 50.8mmである。縮尺や標準となる軌間は国やメーカー、車種によって異なり、欧州大陸では軌間64mmとされることがある。庭園鉄道に広く使用されるGゲージは、2番スケールのナローゲージに相当する。→2番ゲージ、Gゲージを参照鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たSゲージ

    エス、縮尺1/64 ・軌間22.42 - 22.5mmである。アメリカのアメリカンフライヤー、オーストラリア(Sn3 1/2、軌間16.5mm)などで主に採用されている。1番の半分のサイズであったことからH1(ハーフ1)とも呼ばれていた。→Sゲージを参照鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た35mmゲージ

    1930年代になり、子供の科学誌で本間清人が「50mmゲージ」を提唱する。その後科学画報誌で香西健が「35mmゲージ」を提唱する。また、ドイツやアメリカから2番、1番、Oゲージ等の鉄道模型が輸入され、愛好者層を中心に徐々に普及した。その後、第二次世界大戦による中断を経て1950年代は進駐軍向けのOゲージ、HOゲージの輸出が盛んになりやがて外貨獲得の手段として輸出が拡大する。1960年代になると16番ゲージが愛好者層を中心として普及し、1980年代以降、Nゲージの普及により愛好者層が拡大し現在に至る。また、一部の愛好者の間では、実物の狭軌を再現するナローゲージも提唱されている。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たイギリス

    イギリス、アメリカ、ヨーロッパ大陸などでは鉄道模型の愛好者団体(NMRAやMOROPなど)が存在し、それぞれが統一規格と呼べるものを定めているが、それらの規格は、細かい点において他者の規格とは異なっている場合もある。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たPFMサウンド

    1940年代より、電気式蓄音機の出力をレールにつなぎ、車両に搭載したスピーカーから音を出す構造のものが存在した。その後改良され、1970年代には蒸気機関車のロッドの動きに同期してブラスト音を出すPFMサウンドが出現した。また、外部の音源からの音声信号を無線で飛ばし、車載の受信機で受信してスピーカーから再生するものもあった。1990年代にはデジタル式の音源を備えたものが普及している。現在ではサウンド機能のあるDCCデコーダー以外にもカンタムサウンドやMRCシンクロサウンドボックスのように従来のアナログコントローラーを使用し、車載のデジタル音源から車両の電圧変化に応じて音を出すものがある。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た狭軌

    1930年代になり、子供の科学誌で本間清人が「50mmゲージ」を提唱する。その後科学画報誌で香西健が「35mmゲージ」を提唱する。また、ドイツやアメリカから2番、1番、Oゲージ等の鉄道模型が輸入され、愛好者層を中心に徐々に普及した。その後、第二次世界大戦による中断を経て1950年代は進駐軍向けのOゲージ、HOゲージの輸出が盛んになりやがて外貨獲得の手段として輸出が拡大する。1960年代になると16番ゲージが愛好者層を中心として普及し、1980年代以降、Nゲージの普及により愛好者層が拡大し現在に至る。また、一部の愛好者の間では、実物の狭軌を再現するナローゲージも提唱されている。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た子供の科学

    1930年代になり、子供の科学誌で本間清人が「50mmゲージ」を提唱する。その後科学画報誌で香西健が「35mmゲージ」を提唱する。また、ドイツやアメリカから2番、1番、Oゲージ等の鉄道模型が輸入され、愛好者層を中心に徐々に普及した。その後、第二次世界大戦による中断を経て1950年代は進駐軍向けのOゲージ、HOゲージの輸出が盛んになりやがて外貨獲得の手段として輸出が拡大する。1960年代になると16番ゲージが愛好者層を中心として普及し、1980年代以降、Nゲージの普及により愛好者層が拡大し現在に至る。また、一部の愛好者の間では、実物の狭軌を再現するナローゲージも提唱されている。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た玩具

    当初は高価な趣味であったが、一般に普及するにつれて庶民の住宅事情を反映し小サイズの模型がより普及する傾向にある。かつてはブリキ製の玩具との境界はあいまいであったが、次第に決められた縮尺・軌間によって車両やレイアウト・ジオラマを製作して、コレクションしたり線路上を走行させて鉄道の情景を楽しむための規格が定められるようになった。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

153件中 51 - 60件表示