153件中 61 - 70件表示
  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たインジェクタ

    当初は簡易なボイラーと単動首振りエンジンを組み合わせた、動き出したら水または燃料がなくなるまで走り続ける物が多かった。そのうちに実物と全く同等なつくりで、人間をのせた車両を牽いて走る模型が主流となった。これは給水、焚火、運転が実物どおりでタービン発電機やインジェクタまで装備するものが現れた。またアメリカで実用化された関節式機関車を、実物どおりのボールジョイントの給排気管で結ぶ模型も出現している。また、蒸気タービンで発電して電動モーターで走る模型も試作されている。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たモータリゼーション

    1930年代になると直流駆動への試みが始まった。一部の地域では直流で配電されていたが、大部分の地域では交流による配電だった。アメリカではモータリゼーションにより自動車用の小型の整流器が民生用として発売されたのを受け、界磁電流をセレン整流器で整流して走行電流の極性を反転して逆行させる工夫がなされた。また電圧は自動車の12Vを標準電圧として採用した。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たアメリカ合衆国

    イギリス、アメリカ、ヨーロッパ大陸などでは鉄道模型の愛好者団体(NMRAやMOROPなど)が存在し、それぞれが統一規格と呼べるものを定めているが、それらの規格は、細かい点において他者の規格とは異なっている場合もある。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たインチ

    スケールは「ものさし」・「縮尺」のことであり、サイズは寸法である。日本ではメートル法が採用されているので分数表示が主流であるが、ヤード・ポンド法を採用している国や地域では、1フィート (304.8mm) を何インチにするかという表示法が用いられる。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たガソリンエンジン

    一部の愛好者やメーカーによって内燃機関を搭載した鉄道模型が製造されている。生産数は少ないが熱心な愛好者の手によって伝承されている。内燃機関にはガソリンエンジンやグローエンジンを使用し、実物のガス・エレクトリック方式のように発電機を駆動して電気モーターで推進するものや、減速機を介して動輪を駆動するものが存在する。またレシプロ機関だけでなくガスタービンを動力としたものも一部の愛好者の手で作られている。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たフィート

    スケールは「ものさし」・「縮尺」のことであり、サイズは寸法である。日本ではメートル法が採用されているので分数表示が主流であるが、ヤード・ポンド法を採用している国や地域では、1フィート (304.8mm) を何インチにするかという表示法が用いられる。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たアドラー (機関車)

    1835年、アドラー号と亜鉛製の人形と客車が販売された。1840年、最初のドイツ製の板金による鉄道模型の生産の記録が残っている。1886年、ビングが最初の製品を発売した。1887年、Schonnerが縮尺約1/22・軌間65mmと、縮尺約1/12・軌間115mmの蒸気機関車と客車と線路を発売した。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た客車

    1835年、アドラー号と亜鉛製の人形と客車が販売された。1840年、最初のドイツ製の板金による鉄道模型の生産の記録が残っている。1886年、ビングが最初の製品を発売した。1887年、Schonnerが縮尺約1/22・軌間65mmと、縮尺約1/12・軌間115mmの蒸気機関車と客車と線路を発売した。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た板金

    1835年、アドラー号と亜鉛製の人形と客車が販売された。1840年、最初のドイツ製の板金による鉄道模型の生産の記録が残っている。1886年、ビングが最初の製品を発売した。1887年、Schonnerが縮尺約1/22・軌間65mmと、縮尺約1/12・軌間115mmの蒸気機関車と客車と線路を発売した。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た周波数

    同一の線路上の複数の車両を個別に制御する方式の総称。車両の運転のみならず、警笛、前照灯・尾灯の点滅などもこの概念に含まれる。古くは交流を混ぜて流し、周波数によって識別する方式としてゼネラル・エレクトリックのアストラック(Automatic Simultaneous Train Controls 、ASTRAC)や交流と直流を同時に流す方式などがあったが、アナログ方式ではせいぜい数台が限度であった。三線式の線路を使用したメルクリンのデルタシステムもあった。デジタル式ではホーンビィのZERO-1やメルクリンのメルクリンデジタル等があった。他にCTC-16というデジタル式もあった。いずれも専用のデコーダを搭載するもので、一部を除き従来の車両と同じ線路上を走らせることはできなかった。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

153件中 61 - 70件表示

「鉄道模型」のニューストピックワード