185件中 71 - 80件表示
  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たトリックス

    1922年にビングから0番規格の半分のサイズのOO番(OOゲージ)が発売され、Bing-Tischeisenbahn(ビング卓上鉄道)の名で展開された。当初はぜんまい式だったが1924年には電気式になった。1935年春にトリックスから、秋にはメルクリンからOOゲージ製品が発売された。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た縮尺

    鉄道模型(てつどうもけい)は、一定の縮尺・軌間による鉄道車両・線路の模型をいう。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た分巻整流子電動機

    直流方式の利点は、機械的な逆転装置なくして自由に前進後退を選べることであった。交流方式の直巻電動機の界磁を車載整流器で一定方向磁界とすれば(これを Polarized という)手元のスイッチひとつで進行方向を切り替えることができた。第二次世界大戦後は永久磁石の界磁となり、これは分巻電動機の一種であって模型車両の駆動用電動機として最も適しているとは言えないが、広く用いられるようになった。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た電磁石

    メルクリンやライオネルに代表される方式で、中央三線式を採用しているが、交流方式であることは必ずしも三線式であることを意味するわけではなく、少数ながら交流二線式や、直流三線式(後述)の鉄道模型も存在する。1930年代には効率のよい整流器や強力な永久磁石が民生用にはなかったので、直巻電動機と電磁石による方向転換装置(逆転機)との組み合わせが採用された。絶縁車輪を用いなくても良いので今でも根強い人気がある。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た電圧

    鉄道模型には縮尺(スケール)や軌間(ゲージ)、電動式のものは電流・電圧などさまざまな規格が存在し、それら規格にもとづいて製品化されている。また、自作する場合はそれら規格に適合するように製作されることが多い。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た交流

    電子工学の進歩に伴い、多重制御方式(後述)を好むユーザーが増えてきたため、交流とは言えども正弦波ではない交流駆動の模型が増えている。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たZゲージ

    1972年、西ドイツのメルクリンから縮尺1/220・軌間6.5mmのZゲージが登場した。当時はこれ以上小さい模型はないという意味からZと名付けられたが、2008年に日本の栄進堂からさらに小さな縮尺1/450・軌間3mmのTゲージが発売された。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たショーティー

    ドイツのレーマンの製品を端緒とする庭園鉄道向けの軌間。1番ゲージと軌間は同じだが、こちらは元々2番ゲージ(1/22.5、64 mm)のナローゲージ(IIm)であった。現在では1/22.5の他に1/20.3、1/24、1/29などメーカー・車種によって異なるいくつかの縮尺がある。全体的にデフォルメ(ショーティー)されておりやや玩具的だが、根強い愛好者がいる。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た玩具

    当初は高価な趣味であったが、一般に普及するにつれて庶民の住宅事情を反映し小サイズの模型がより普及する傾向にある。かつてはブリキ製の玩具との境界はあいまいであったが、次第に決められた縮尺・軌間によって車両やレイアウト・ジオラマを製作して、コレクションしたり線路上を走行させて鉄道の情景を楽しむための規格が定められるようになった。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た消費電力

    1940年代になると永久磁石を界磁にしたマグネット・モーターが市販されるようになった。これは、小型軽量で消費電力も少なかったが、分巻特性を持ち、与えられた電圧と回転数が正比例するものであった。すると、抵抗による電流制御よりも電子部品による電圧制御によるコントロールが望ましくなる。これはトランジスタ・コントローラの発達を促し、レオスタットを駆逐した。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

185件中 71 - 80件表示

「鉄道模型」のニューストピックワード