153件中 81 - 90件表示
  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た標準化

    1891年、メルクリンがライプツィヒ・メッセに最初の鉄道模型を出品した。メルクリンは最初に0番、1番、2番、3番という名称の鉄道模型を生産した。1901年に雑誌上で初めて鉄道模型の標準化・規格化について議論され、1891年のメルクリンの規格を元にすることになった。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たムービング・コイル

    マグネット・モーターの一種のコアレス・モーターは鉄心を持たないムービング・コイル型モーターでそれをスパーギヤで減速すると押して動く動力車ができる。しかし限られた空間に収められるギヤはギヤ比が1:4程度のものであり、あまりにも牽引力が小さく、最高速が大きすぎるものであった。1984年にコースティング・ギヤが開発され、高効率と静粛性を併せ持つ動力車の実現が可能になった。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た内燃機関

    一部の愛好者やメーカーによって内燃機関を搭載した鉄道模型が製造されている。生産数は少ないが熱心な愛好者の手によって伝承されている。内燃機関にはガソリンエンジンやグローエンジンを使用し、実物のガス・エレクトリック方式のように発電機を駆動して電気モーターで推進するものや、減速機を介して動輪を駆動するものが存在する。またレシプロ機関だけでなくガスタービンを動力としたものも一部の愛好者の手で作られている。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た前照灯

    同一の線路上の複数の車両を個別に制御する方式の総称。車両の運転のみならず、警笛、前照灯・尾灯の点滅などもこの概念に含まれる。古くは交流を混ぜて流し、周波数によって識別する方式としてゼネラル・エレクトリックのアストラック(Automatic Simultaneous Train Controls 、ASTRAC)や交流と直流を同時に流す方式などがあったが、アナログ方式ではせいぜい数台が限度であった。三線式の線路を使用したメルクリンのデルタシステムもあった。デジタル式ではホーンビィのZERO-1やメルクリンのメルクリンデジタル等があった。他にCTC-16というデジタル式もあった。いずれも専用のデコーダを搭載するもので、一部を除き従来の車両と同じ線路上を走らせることはできなかった。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た電関

    電関 - フリースタイルの電気機関車模型鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た電気抵抗

    12Vという電圧は先述のように自動車産業から派生したものであったが、線路が長くなると電気抵抗が無視できなくなり、電流値を減らして電圧降下を小さくすることができる高電圧化の論議が1980年代に始まった。24V化という動きもあったが、効率のよいモーターの採用とともにその声は聞こえなくなった。Oゲージ、Gゲージではレイアウトの規模が大きいので、場合により16 - 18Vを採用することもある。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た精錬

    幕末に帝政ロシアのプチャーチンが来航し、蒸気で走る模型を披露したとの記録がある。また、ペリーが黒船で浦賀に来航した際に、幕府に蒸気機関車の模型を献上したとされる。佐賀藩の精錬方であった田中久重が蒸気車の雛型(模型)を作った。桂小五郎がナポレオン号を持ち帰った記録もある。また、加賀の大野弁吉が蒸気機関車の模型を作った記録がある。これらの機関車は2003年に国立科学博物館で開催された江戸大博覧会で展示された。このように日本では実物よりも先に模型の方が完成した。これにより蒸気機関に関する理解が深まった。その後、鉄道省で教材として作られた。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見た鉄道模型専門店

    鉄道模型専門店 - 鉄道模型を専門的に扱う店鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たトルク

    直巻電動機は、動力車の起動時に電流の二乗に比例してトルクが発生し、実物の発車状況を再現しやすく、巡航時には電流値が減少し、登り坂では回転が落ちて電流値が上昇し、牽引力が増す。それに対し永久磁石による界磁を持つモーターでは、磁石が電機子を吸引することにより、車輪を廻した時ギヤを介してモーターが回転しないため、実物の鉄道車両が惰行する様子を再現できない。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道模型

    鉄道模型から見たスピーカー

    1940年代より、電気式蓄音機の出力をレールにつなぎ、車両に搭載したスピーカーから音を出す構造のものが存在した。その後改良され、1970年代には蒸気機関車のロッドの動きに同期してブラスト音を出すPFMサウンドが出現した。また、外部の音源からの音声信号を無線で飛ばし、車載の受信機で受信してスピーカーから再生するものもあった。1990年代にはデジタル式の音源を備えたものが普及している。現在ではサウンド機能のあるDCCデコーダー以外にもカンタムサウンドやMRCシンクロサウンドボックスのように従来のアナログコントローラーを使用し、車載のデジタル音源から車両の電圧変化に応じて音を出すものがある。鉄道模型 フレッシュアイペディアより)

153件中 81 - 90件表示

「鉄道模型」のニューストピックワード