鉄鋼 ニュース&Wiki etc.

鋼(はがね、こう、旧字体で釼とも書く。)とは鉄を主成分にする合金を指し、鉄の持つ性能(強度、靭性、磁性、耐熱性自己潤滑性など)を人工的に高めたものである。成分的には、鉄の性能が高められていない軟鉄や鋳鉄を除外するために、炭素の含有が0.3% - 2%以下のものの総称である。ただし、0.3%以下でも高合金である、ステンレス… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「鋼」のつながり調べ

  • コムストック・ロード

    コムストック・ロードから見た

    最初のパイプは鍛鉄で作られ、全長は7マイル (11 km) 以上、内径は12インチ (300 mm)、流量は毎時92,000ガロン (348 m?/h) だった。パイプは逆向きのサイフォンの形でワショー・バレーを横切り、最も低い地点では水柱1,720フィート (524 m) すなわち800ポンド/平方インチ (56 kg/cm?) の圧力があった。入り口は出口より465フィート (141 m) 高く、水は大きな圧力で押し出された。シエラネバダ山脈にある入り口にもたらされる水は2つの大きな蓋つき用水路からのものであり、パイプの出口ではバージニアシティまで12マイル (19 km) の距離にある2つの大きな用水路に送られた。パイプは鍛鉄の板を曲げてリベット接合されており、パイプの接続には3列のリベットが使われた。パイプ同士の接合部には水密にするために鉛が使われた。最初の水は1873年8月1日に高らかなファンファーレと共にゴールドヒルとバージニアシティに到着した。この完成により世界でも最大の水圧を持った水輸送系となり、やはりシュッスラーが設計したカリフォルニア州チェロキー・フラットの水輸送系を凌いだ。(コムストック・ロード フレッシュアイペディアより)

  • 残留オーステナイト

    残留オーステナイトから見た

    残留オーステナイト(ざんりゅうオーステナイト、retained austenite)は、を焼入れする際に、完全にマルテンサイトにはならず、一部未変態のオーステナイトとして残ったもの。(残留オーステナイト フレッシュアイペディアより)

「鋼」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「鉄鋼」のニューストピックワード