前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
955件中 1 - 10件表示
  • 捕具

    捕具から見た鋼鉄鋼

    熊手 - 熊手(くまで)とは鍛鉄製の爪で三つ道具同様敵刃を受け止める、衣服を絡め取り動きを封じるといった用法に使われた。捕具 フレッシュアイペディアより)

  • ダクタイル鋳鉄

    ダクタイル鋳鉄から見た鋼

    「鉄鋼:Iron and Steel」は炭素含有率で、鋳鉄などの「鉄:Iron」と「(はがね):Steel」とに分けられる。鋳鉄(Cast Iron)は炭素含有率が高いので、より溶融温度が低く鋳造しやすい。また、鋳鉄中の炭素は固まるとき膨張して、全体の体積の縮みを補う。銑鉄鋳物の歴史が紀元前まで遡るのは、これらの特性故である。ところで通常、鋳鉄が固まるとき、炭素は結晶化して裂け目状もしくはサツマイモ状のグラファイト(Graphite:石墨・黒鉛)となる。つまり、析出したグラファイトに応力が集中しやすく脆いことが、銑鉄鋳物の最大の弱点であった。ダクタイル鋳鉄 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・TZ

    ヤマハ・TZから見た鋼

    型は、フレームの材質がからクロモリに、スイングアームもアルミになり、軽量化がはかられる。型はキャブレターにパワージェットが装備される。ヤマハ・TZ フレッシュアイペディアより)

  • 傾斜生産方式

    傾斜生産方式から見た鉄鋼鋼

    傾斜生産方式(けいしゃせいさんほうしき、英語:priority production system)とは、第二次世界大戦(以下(先の)「大戦」)後、GHQによる占領行政下にあった日本における経済復興のために実行された経済政策である。当時の基幹産業である鉄鋼、石炭に資材・資金を超重点的に投入し、両部門相互の循環的拡大を促し、それを契機に産業全体の拡大を図るというものであった。工業復興のための基礎的素材である石炭と鉄鋼の増産に向かって、全ての経済政策を集中的に「傾斜」するという意味から名付けられたという。傾斜生産方式 フレッシュアイペディアより)

  • 合金

    合金から見た鋼

    合金の成分のうちのある元素が主成分と見なせる場合、その元素の名を冠して、“マグネシウム合金”・“アルミニウム合金”などと呼ぶ。ただし、歴史的、あるいは商標として独自の名称をもつ合金も多い。例えば、黄銅は銅(金属元素)と亜鉛(金属元素)の合金で、は鉄を主体とした合金という意味がある。また、主要成分元素の数が2つなら2元合金、3つなら3元合金、4つなら4元合金…と呼ぶ。主体となる金属によって、合金鋼、銅合金、ニッケル合金…と呼ぶ。合金 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄

    から見た鋼

    道具の材料として、人類にとって最も身近な金属元素の1つで、様々な器具や構造物に使われる。鉄を最初に使い始めたのはヒッタイトである。ヒッタイト以前の紀元前18世紀ごろ、すでに製鉄技術があったことが発掘された鉄によって明らかになっている。鉄器時代以降、鉄は最も重要な金属の1つであり、産業革命以降、益々その重要性は増した。鉄は、炭素などの合金元素の存在により、より硬いとなる。 フレッシュアイペディアより)

  • 橋

    から見た鋼

    thumb|桁橋桁橋 - 2つあるいは3つ以上の支点上に水平に桁を架け、その上あるいは内部を通行する橋。桁には曲げモーメントにより主桁内部の上側に圧縮応力が発生、下側に引張応力が発生する。材料には、コンクリート、木材などが用いられ、I形、箱形、T形などの断面がある。一般に荷重を主として負担する主桁と通行路を造る床版は異なる部材だが、比較的小規模のコンクリート橋では床版が主桁としての役割も果たす床版橋(スラブ桁橋)もある。また、吊橋の桁は補剛桁と呼ばれる。 フレッシュアイペディアより)

  • 日本刀

    日本刀から見た鋼

    その特徴は、"折り返し鍛錬法"で鍛え上げられたを素材とする点と、刀身となかご(茎、中心)が一体となった構造である。茎には刀身を目釘で柄に固定する目的の孔(目釘孔)が設けられている(稀に奉納用の刀などで目釘孔がないものもある)。また、日本刀は諸外国の刀剣類と異なり、外装(拵え)とは別に刀身自体が美術的価値を発揮していることが特徴である。日本刀 フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・RS

    ホンダ・RSから見た鋼

    リアサスペンション - 角型スチール スイングアーム(2本サス)ホンダ・RS フレッシュアイペディアより)

  • 繊維補強コンクリート

    繊維補強コンクリートから見た鋼

    繊維補強コンクリート(せんいほきょうコンクリート、Fiber Reinforced Concrete)は、合成繊維や繊維などをコンクリートに複合したコンクリート材。しばしば、FRC(エフ・アール・シー)と略される。連続繊維を織物として巻き付けたり貼り付けたりして補強されたものを「連続繊維補強コンクリート」、数ミリから数センチに短く切った短繊維を混入して補強されたものを「短繊維補強コンクリート」と呼ぶ。繊維補強コンクリート フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
955件中 1 - 10件表示

「鉄鋼」のニューストピックワード