前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1227件中 1 - 10件表示
  • カワサキ・KR (ロードレーサー)

    カワサキ・KR (ロードレーサー)から見た鋼

    フレームは、当時としては標準的なクロムモリブデン鋼のチューブラースチール製である。カワサキ・KR (ロードレーサー) フレッシュアイペディアより)

  • 提督の決断

    提督の決断から見た鋼

    太平洋戦争のシミュレーションとして見た場合、特に南方最前線の激戦地への補給がコマンド一つで一瞬にして完了する(ただし、次の補給可能日までは補給できないようになっており、たとえば、日本からラバウルへの次回補給可能日が25日と、遠方へ行くにつれて間隔が長期になる。また、遠方への補給では数%-数十%の損失が発生し、敵基地が補給線のネットワークにつながっていると、更に損失率が高くなる)ことや、航空機や輸送船が1日で何百機・何百隻も生産が可能なことなど、補給・生産などの面で不自然な部分もある。ただし、輸送艦への攻撃は可能であり、石油や材を産出する基地の輸送艦が不足すると本国に持ち込まれる石油・鋼材が減るなど、通商破壊も一応実装されている。提督の決断 フレッシュアイペディアより)

  • 橋

    から見た鋼

    18世紀末期から19世紀にかけて、産業革命によって生じた鉄を用いた橋が出現する。鉄の出現により橋梁技術が飛躍的に向上し、橋脚と橋脚の間隔を示す支間長(スパン)が大幅に伸びて長大橋が建設されるようになる。初めは銑鉄を用いた全長30 mの橋がイギリスで架けられたが、製鉄技術の改良によりを用いた橋が誕生する。1873年には鉄筋コンクリートを用いた橋がフランスで初めて架けられ、その後全世界に普及する。日本で最初の鉄橋は、1868年(慶応4年)に長崎の眼鏡橋が架かる中島川の下流にオランダ人技師の協力を得て架けられたくろがね橋である。純日本国産の鉄橋第1号は、1876年(明治11年)に東京の楓川に架けられた弾正橋であり、鋼橋としては、1888年(明治21年)に完成した東海道本線の天竜川橋梁が日本初である。さらに鉄道網の進展、自動車の普及と交通量の変化に合わせて重い活荷重に耐えられる橋が要求されるようになって、1900年代に入ってから鉄筋コンクリート製の橋も造られるようになった。また、経済の急速な発展に伴い、経済的で短い工期が重視された。 フレッシュアイペディアより)

  • 捕具

    捕具から見た鋼鉄鋼

    熊手(くまで)とは鍛鉄製の爪で三つ道具同様敵刃を受け止める、衣服を絡め取り動きを封じるといった用法に使われた。捕具 フレッシュアイペディアより)

  • 傾斜生産方式

    傾斜生産方式から見た鉄鋼鋼

    傾斜生産方式(けいしゃせいさんほうしき、英語:priority production system)とは、第二次世界大戦(以下(先の)「大戦」)後、GHQによる占領行政下にあった日本における経済復興のために実行された経済政策である。当時の基幹産業である鉄鋼、石炭に資材・資金を超重点的に投入し、両部門相互の循環的拡大を促し、それを契機に産業全体の拡大を図るというものであった。工業復興のための基礎的素材である石炭と鉄鋼の増産に向かって、全ての経済政策を集中的に「傾斜」するという意味から名付けられたという。傾斜生産方式 フレッシュアイペディアより)

  • スネクマ アター

    スネクマ アターから見た鋼

    原型であるアター101は、アルミニウム合金製のブレードをアルミニウム製の回転子に植えつけた7段式の軸流式圧縮機を備える。前の軸受けは4枚の案内翼に支持され、前から見て左側に出力軸がある。アターの設計において独創的な特徴は、延長軸によって駆動されるエンジン前方に設置されたアター5000補機部分が分離されていることである。燃焼器の部分は製の缶で構成された12個のカンニュラー式燃焼室を通じ、単段のタービンを回転させる。初期の型は全長2.85m、直径0.9m、重量850kgであった。C型では全長3.68m、直径0.89m、重量940kgで、後の派生型はC型と全体的に似ているが、アフターバーナーが含まれることで全長は5.23mになり機種にもよるが、重量は925-1,240kgである。スネクマ アター フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・RS

    ホンダ・RSから見た鋼

    リアサスペンション - 角型スチール スイングアーム(2本サス)ホンダ・RS フレッシュアイペディアより)

  • 合金

    合金から見た鋼

    合金の成分のうちのある元素が主成分と見なせる場合、その元素の名を冠して、“マグネシウム合金”・“アルミニウム合金”などと呼ぶ。ただし、歴史的、あるいは商標として独自の名称をもつ合金も多い。例えば、黄銅は銅(金属元素)と亜鉛(金属元素)の合金で、は鉄を主体とした合金という意味がある。また、主要成分元素の数が2つなら2元合金、3つなら3元合金、4つなら4元合金…と呼ぶ。主体となる金属によって、合金鋼、銅合金、ニッケル合金…と呼ぶ。合金 フレッシュアイペディアより)

  • 錬鉄

    錬鉄から見た鋼鉄鋼

    ある程度の量産ができ、鋳鉄に比べ強靭だったので、19世紀を中心に鉄道レールや建造物の構造材料として利用された。しかし鋼鉄の大量生産の手法が発明されるととって代わられ、姿を消した。錬鉄 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマハ・TZ

    ヤマハ・TZから見た鋼

    型は、フレームの材質がからクロモリに、スイングアームもアルミニウム合金になり、軽量化がはかられる。型はキャブレターにパワージェットが装備される。ヤマハ・TZ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1227件中 1 - 10件表示

「鉄鋼」のニューストピックワード