955件中 91 - 100件表示
  • 湖南華菱鋼鉄集団

    湖南華菱鋼鉄集団から見た鋼

    湖南華菱鋼鉄集団有限責任公司(こなん-かりょう-こうてつしゅうだん-ゆうげんせきにんこうし)は、中華人民共和国(中国)湖南省を拠点とする鉄鋼企業である。略称は「華菱集団」。湖南華菱鋼鉄集団 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィオール橋

    ヴィオール橋から見た鋼

    ヴィオール橋はリベット留めされた鉄製のカンチレバートラス橋である。2つの片持ち梁からなり、中央部の関節で結合されている。それぞれの梁は谷底の橋台で支えられている。この時代鉄道橋に吊り橋を使うのは不可能だったのでカンチレバー橋は長大な鉄道橋を架ける唯一の方法だったのである。このような形式の橋はフランスではヴィオール橋しか存在しない。ヴィオール橋の特別なところは線路が橋の頂上を通っていることである。同様の形式をとるフォース鉄道橋やケベック橋では線路は橋の中央部を通っている。ヴィオール橋 フレッシュアイペディアより)

  • M2-F1

    M2-F1から見た鋼

    M2-F1は、翼に依らずに胴体で揚力を得るというリフティングボディのコンセプトに基づき、1960年代から70年代にかけてNASAが試作した実験用航空機群の第1号である。1962年にNASAのドライデン飛行研究所が軽量で動力のない航空機(グライダー)として本機の製作を開始し、翌1963年に完成した。自動車による牽引飛行試験を経て、最終的に小出力ロケットを搭載して輸送機による曳航・滑空試験が行われた。機体は製フレームに合板を外皮として張り付けた構造をしており、卵を縦半分に切ったような奇異な形状とそのサイズから「フライング・バスタブ」(flying bathtub、”空飛ぶ浴槽”の意)と呼ばれた。名称の”M”は「有人」(manned)、”F”は「飛行」(flight)を意味しており、F以降の数字が機体番号を示し、後継機としてM2-F2やM2-F3が開発されている。M2-F1 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道工業地域

    北海道工業地域から見た鉄鋼鋼

    室蘭市・・・鉄鋼・セメント・石油精製北海道工業地域 フレッシュアイペディアより)

  • 複合構造

    複合構造から見た鋼

    なお、鉄筋コンクリート構造やプレストレストコンクリート構造は、コンクリートとを合成した構造の一種であるように思われるが、これらは一般的には合成構造としてではなくコンクリート構造として扱われる。例えば、「コンクリート構造と鉄骨構造を合成した部材」のような、それぞれが単体の構造として成立するものを組み合わせた構造を特に合成構造と呼ぶ。複合構造 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィーチャシ級コルベット

    ヴィーチャシ級コルベットから見た鋼

    ヴィーチャシ級コルベット(ロシア語:''カルヴィェートィ・チーパ・ヴィーチェスィ)は、ロシア帝国で建造されたスクリューコルベット()である。のち、一等巡洋艦()に類別された。その構造上、ロシアで最初の防護巡洋艦()であり、一方で帆を併用する最後のロシア製巡洋艦となった。製の船体をもつ、ロシア最初の鋼鉄船のひとつである。同型艦はネームシップのヴィーチャシとルィーンダの2 隻で、艦名はともに先代のスクリューコルベットから受け継いだもの。ヴィーチャシ級コルベット フレッシュアイペディアより)

  • 大星組

    大星組から見た鉄鋼鋼

    しかし、1927年3月から発生した経済恐慌である昭和金融恐慌で、受注工事が極端に減少し、官公庁工事を頼って、1929年北海道帝國大学理学部新築工事を受注するも、予想以上に極端に材料費がかさみ、大赤字を出した。さらに折からの昭和恐慌によって、1930年3月には株式・商品市場が暴落し、生糸、鉄鋼、農産物、建築資材等の物価は急激に低下し、受注は全く激減してしまった。1931年大星三松は思い切って廃業を決断。支配人に東山鉱三が居たが事業は引き継がず、大星三松一代で終わった。大星組 フレッシュアイペディアより)

  • 新北海鋼業

    新北海鋼業から見た鋼

    新北海鋼業株式会社(しんほっかいこうぎょう、英文社名 SHIN-HOKKAI STEEL CO., LTD.)は、北海道小樽市を拠点とする鉄鋼メーカー(電気炉メーカー)。大阪製鐵および新日本製鐵(新日鉄)のグループ企業である。新北海鋼業 フレッシュアイペディアより)

  • 軽油引取税

    軽油引取税から見た鋼

    陶磁器、煉瓦や製品などの熱処理、焼成に使用する場合軽油引取税 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ合板

    デルタ合板から見た鉄鋼鋼

    独ソ戦初期、ドイツ軍の急襲によって重工業の中心地であったウクライナを蹂躙されたソ連軍は、この特殊な木材を航空機の機体構造に多用することにより航空機の大量供給を可能ならしめた。もし、デルタ合板が開発されていなかったら、赤軍は太平洋戦争末期の日本軍のように極めて困難な状況に直面していたであろう。戦争後期には徐々にアメリカ合衆国から鉄鋼の支援を受けられるようになり、ソ連製軍用機の機体構造も次第に金属化されていった。戦後は国内の復興も急速に進み、ほとんどの機体が全金属製となった。デルタ合板 フレッシュアイペディアより)

955件中 91 - 100件表示

「鉄鋼」のニューストピックワード

  • A MAN of ULTRA(ア・マン・オブ・ウルトラ)

  • 劇場版 ウルトラマンオーブ

  • 劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!