1227件中 121 - 130件表示
  • ブリッグ (船)

    ブリッグ (船)から見た鋼

    船体はスクーナーより大きく、全長75?165フィート(25?50メートル)で、重量は480トン程度であった。古くは木造のものがほとんどであったが、後年のものはや鉄といった金属製であった。横帆を多く持つため比較的多くの船員を必要とし、また風上に向かう際の効率が悪いため、蒸気船の登場により使用されなくなっていった。ブリッグ (船) フレッシュアイペディアより)

  • ホーム・インシュアランス・ビル

    ホーム・インシュアランス・ビルから見た鋼鉄鋼

    ホームインシュアランスビルは1884年に竣工し、1931年に解体された。同じ場所にはフィールド・ビル (en) (現在のラ・サール・ナショナル・バンク・ビル (en) )が建てられている。このビルは骨組みに"鋼鉄"製の鉄骨構造を用いた最初のビルであるが、その構造の大部分は"鋳鉄"および"錬鉄"によって構成されていた。このビルは一般的に外面・内面ともに耐火性の金属骨組を用いた最初の高層ビルと認識されている。ディザーリントン・フラックス・ミル (en) もまた耐火性の金属骨組(ただし鋼鉄ではなく鋳鉄)のビルであり、完成はホーム・インシュアランス・ビルよりも早いが、高さは5階建てしかなかった。ホーム・インシュアランス・ビル フレッシュアイペディアより)

  • 日本磁力選鉱

    日本磁力選鉱から見た鉄鋼鋼

    日本磁力選鉱(にほんじりょくせんこう)は、選鉱、鉄鋼原料等加工販売事業、非鉄金属関連リサイクル事業、環境関連リサイクル事業、プラント事業などを行なっている、日本のリサイクル産業の先駆け的企業である。日本磁力選鉱 フレッシュアイペディアより)

  • コンラート・ゾイゼンホーフェル

    コンラート・ゾイゼンホーフェルから見た鋼

    そこで彼は、ヘルメットの前側を1mm厚くし後頭部側を1mm薄くする等、鎧として強度を保ちつつ軽量化を図る工夫をした。また軽量化のため、材料には鉄よりも強度のあるを用いた。コンラート・ゾイゼンホーフェル フレッシュアイペディアより)

  • 浸硫処理

    浸硫処理から見た鉄鋼鋼

    浸硫処理(しんりゅうしょり、)とは、摩擦抵抗を低減し耐摩耗性(潤滑性・耐溶着性)の向上を図るため、鉄鋼製品に硫化鉄の表面層を生成させる処理である。浸硫処理 フレッシュアイペディアより)

  • 三榮商會

    三榮商會から見た鋼

    1974年(昭和49年) - 一般建設業の認可を受け、構造物工事業を開始する。三榮商會 フレッシュアイペディアより)

  • 三榮商會

    三榮商會から見た鋼材鋼

    1968年(昭和43年) - 君津営業所を開設し、鋼材加工工場にて、梱包用資材の製造を開始する。三榮商會 フレッシュアイペディアより)

  • ミッタル・スチール

    ミッタル・スチールから見た鉄鋼鋼

    ミッタル・スチール(Mittal Steel Company, ミタルスチールとも)は、オランダロッテルダムに本社を置く、世界最大の鉄鋼メーカー。鉄鋼生産量は世界一、売上高は同社が買収したルクセンブルクのアルセロールについで世界二位である。インドの実業家ラクシュミー・ミッタルが1989年に創業し、その後世界の鉄鋼メーカーを次々と買収することによって世界最大の鉄鋼メーカーとなった。合併後の現在は「アルセロール・ミッタル社」の一部である。ミッタル・スチール フレッシュアイペディアより)

  • 鋼橋

    鋼橋から見た鋼

    鋼橋(こうきょう)は主桁、主構、アーチリブなどの主要部材にを用いた橋である。鋼橋 フレッシュアイペディアより)

  • マセラティ・メラク

    マセラティ・メラクから見た鋼

    シャシはスチール製モノコックと、マルチチューブラーフレームの組み合わせである。マセラティ・メラク フレッシュアイペディアより)

1227件中 121 - 130件表示

「鉄鋼」のニューストピックワード