1227件中 151 - 160件表示
  • 簡易貫入試験

    簡易貫入試験から見た鋼製鋼

    先端コーン 鋼製で、先端角60°、底面積4.9cm2のもの簡易貫入試験 フレッシュアイペディアより)

  • ホジュフ

    ホジュフから見た鉄鋼鋼

    ホジュフはかつて、炭鉱、鉄鋼、化学、製造、エネルギー部門など広範囲の産業が立地する、ポーランド最大の経済地域(上シロンスク工業地域)でも最も重要な都市の一つであった。しかし、重工業の工場の多くが数十年間にわたる投資不足、および1980年代以来の環境問題のため、ここ20年間でかなり縮小した。残る工場は事業再構築され近代化された。ホジュフ フレッシュアイペディアより)

  • トヨペット・トレーラーコーチ

    トヨペット・トレーラーコーチから見た鋼

    車体下半はスチール製で、ホイールアーチはない。尾灯は初代コロナの流用である。車台は角パイプ溶接のフレーム式で、トウバー(牽引棒)も一体である。サスペンションはリーフリジッドで、慣性ブレーキとレバー式のパーキングブレーキを持つ。ホイールには1950年代のトヨタ車に共通の、中心に丸みを帯びた「T」マークがプレスされたメッキのハーフキャップが備わる。トヨペット・トレーラーコーチ フレッシュアイペディアより)

  • フラットマンドリン

    フラットマンドリンから見た鋼

    スチール弦で8弦4コース、調弦は低い方からG-D-A-E、フレットがあり、ピックを使って演奏するのはイタリアのクラシックマンドリンと同じであるが、背面は丸くなく平らなのが特徴。サウンドホールはf型のものが多い。バンドリンは同じく背面が平らだが、形状は大きく異なる。フラットマンドリン フレッシュアイペディアより)

  • TTT図

    TTT図から見た鋼

    TTT図 (TTTず、)とは、縦軸に温度を、横軸に対数目盛りで時間をとることで、温度と時間によるの組織の変化を示した図である。共析鋼の炭素含有率で示されたものが一般的である。S曲線、恒温変態曲線 () などの呼び方がある。TTT図 フレッシュアイペディアより)

  • 炎焼入れ

    炎焼入れから見た鋼

    炎焼入れ(ほのおやきいれ、)、火炎焼入れ(かえんやきいれ)とは、高温の炎を吹き付けて材料の表面を焼入れし、表面層を硬化させる方法。硬化の原理は焼入れと同じで、オーステナイト組織まで加熱後、急冷させてマルテンサイト組織を得ることによる。そのため、材料の種類はおよび鋳鉄製の部品が主な対象とされる。炎焼入れ フレッシュアイペディアより)

  • ランブラー (自動車)

    ランブラー (自動車)から見た鋼

    しかし、ナッシュが手に入れられる鉄鋼には限りがあることがわかり、メイソンは方針を変えた。ランブラーと名づけられた2ドアセダンにはコンバーチブルトップを載せ、さらに通常はオプション品とする装備を標準装備とすることで利益最大化を図った。ランブラー (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ミレニアム・タワー (大林組)

    ミレニアム・タワー (大林組)から見た鋼材鋼

    このような巨大な建物を建築するためには高強度鋼材の使用が不可欠であり、実際に開発した場合、工期は10年、工費は1兆6千億円掛かるとされている。ミレニアム・タワー (大林組) フレッシュアイペディアより)

  • ロックウェル硬さ

    ロックウェル硬さから見た鋼

    それまでの硬さの試験にはブリネル硬さが使われていたが、ブリネル硬さは式の計算に時間がかかり計算に知識も必要なため、もっと簡単に計算するために考え出されたものであった。ロックウェル硬さ フレッシュアイペディアより)

  • 低位株

    低位株から見た鉄鋼鋼

    低位株銘柄は鉄鋼・造船・化学などの成熟業種に多い傾向がある。100円を下回る株価の銘柄は特に超低位株と呼ばれることもある。低位株 フレッシュアイペディアより)

1227件中 151 - 160件表示

「鉄鋼」のニューストピックワード