955件中 21 - 30件表示
  • 錬鉄

    錬鉄から見た鋼鉄鋼

    「錬鉄は炭素が少ないのであるから、これを炭素の飽和した鋳鉄と混ぜれば鋼鉄ができるかもしれない」という発想が生まれるのは当然で、当初はこの方法により鋼鉄が生産されたが、あまりにも非効率的であった。錬鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス車両

    日本のバス車両から見た鋼

    はしご形のフレームにボディーを載せた構造で、両者は分離が可能である。エンジン、トランスミッション、サスペンションはフレームに支持されており、フレーム単独での走行も可能で、ボディーはそれらに関する応力は負担しない。フレーム、ボディー共に設計自由度が高く、多様なデザインに対応できる。車体は木骨鋼板張りから全鋼製へと発展している。日本のバス車両 フレッシュアイペディアより)

  • 不動大橋 (群馬県)

    不動大橋 (群馬県)から見た鋼

    2004年3月着工。全長590m、5径間・コンクリート複合トラス・エクストラドーズド橋。2009年の第45回衆議院議員総選挙の結果、鳩山由紀夫内閣により八ッ場ダムの建設中止が打ち出され、マスコミに象徴的な施設として取り上げられたが、紆余曲折を経て橋そのものの建設は続行された(詳細は、湖面1号橋を参照)。工事中は湖面2号橋と呼ばれていたが、2010年9月10日、水没関係5地区連合対策委員会により、近隣の名滝「不動滝」にちなんで命名された。橋は2011年3月中に完成予定だったが、同年3月11日に発生した東日本大震災によりアスファルトの搬入が滞ったため、舗装工事が延期された。同年4月25日に開通式は行なわれたものの急激な天候の変化によりテープカットは中止された。不動大橋 (群馬県) フレッシュアイペディアより)

  • 八幡製鐵

    八幡製鐵から見た鋼

    八幡製鐵株式會社(やわたせいてつ、英文社名 Yawata Iron & Steel Co., Ltd.)は、日本の大手鉄鋼メーカー新日鐵住金のかつての商号(会社名)である。八幡製鐵 フレッシュアイペディアより)

  • 富士製鐵

    富士製鐵から見た鋼

    富士製鐵株式會社(ふじせいてつ、英文社名 Fuji Iron & Steel Co., Ltd.)は、かつて存在した日本の鉄鋼メーカー(高炉メーカー)である。略称は富士鉄(富士鐵、ふじてつ)。富士製鐵 フレッシュアイペディアより)

  • アンカーボルト

    アンカーボルトから見た鋼材鋼

    アンカーボルト(英語:anchor bolt)とは、木材や鋼材といった構造部材、もしくは設備機器などを固定するために、コンクリートに埋め込んで使用するボルトのこと。アンカーボルト フレッシュアイペディアより)

  • 京阪600型電車 (初代)

    京阪600型電車 (初代)から見た鋼鉄鋼

    1927年に全鋼鉄製車両の1550型1551 - 1580として30両が製造され、1929年に600型と改称された。製造は601 - 606・613が日本車輌製造、607 -612・621 - 630が汽車製造、614 - 620が藤永田造船所である。京阪600型電車 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • ブリストル飛行機

    ブリストル飛行機から見た鋼

    両大戦間におけるブリストル社の主力製品は、1918年から1935年にかけてイギリス空軍の主力戦闘機だった「ブリストル ブルドッグ」戦闘機である。この時期、ブリストルは「全鋼製」の機体構造で名高く、航空機製作に普通使われる軽合金よりを好んだ。ブリストルの機体は部分ごとに細分された高張力鋼で構成され、ブリストル自社製のエンジンで飛行した。ブリストル飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・ベッセマー

    ヘンリー・ベッセマーから見た鋼

    サー・ヘンリー・ベッセマー(Sir Henry Bessemer、1813年1月19日 - 1898年3月15日)はイングランドの技術者で発明家。の精錬法を発明したことで知られている。ヘンリー・ベッセマー フレッシュアイペディアより)

  • 燃料タンク (自動車)

    燃料タンク (自動車)から見た鋼

    材質は一般的に鋼板または樹脂で、ガソリンや軽油などの危険物を蓄えるための対策が行われている。鋼板製タンクでは錆を防ぐめっき鋼板が用いられ、隙間のできないシーム溶接で組み立てられ、外側には塗装が施されている。樹脂製タンクは貫通や破壊強度で鋼板製にやや劣る場合もあるが、錆の発生が無く軽量であるほか、複雑な造形でも低コストで量産できるメリットがあるため広く普及した。かつて樹脂製タンクは神経障害や光化学スモッグの主原因とされる燃料成分の透過が課題となっていたが、材料技術や成形技術が進み、多種の樹脂を何層も重ねて成形することで克服している。また、タンク内部にゴムなどの伸縮素材で作られた袋を入れて、燃料蒸気の発生を抑制しながら内圧の変化にも対応できるブラダータンクも考案されている(ブラダーとは膀胱の意)。燃料タンク (自動車) フレッシュアイペディアより)

955件中 21 - 30件表示

「鉄鋼」のニューストピックワード