1227件中 31 - 40件表示
  • ブリストル飛行機

    ブリストル飛行機から見た鋼

    両大戦間におけるブリストル社の主力製品は、1918年から1935年にかけてイギリス空軍の主力戦闘機だった「ブリストル ブルドッグ」戦闘機である。この時期、ブリストルは「全鋼製」の機体構造で名高く、航空機製作に普通使われる軽合金よりを好んだ。ブリストルの機体は部分ごとに細分された高張力鋼で構成され、ブリストル自社製のエンジンで飛行した。ブリストル飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • わが友ヒットラー

    わが友ヒットラーから見た鉄鋼鋼

    突撃隊幕僚長・レームはあくまでヒトラーを友と信じる右翼軍人。社会主義者・シュトラッサーはナチス左派。エッセン重工業地帯の独占資本を象徴する鉄鋼会社社長・クルップはヒトラーにうまく取り入る死の商人として描かれる。わが友ヒットラー フレッシュアイペディアより)

  • JFEスチール知多製造所

    JFEスチール知多製造所から見た鋼

    JFEスチール知多製造所(ジェイエフイースチールちたせいぞうしょ)は、日本の大手鉄鋼メーカー・JFEスチール株式会社が運営する工場である。愛知県半田市に位置する。JFEスチール知多製造所 フレッシュアイペディアより)

  • 戦闘用ヘルメット

    戦闘用ヘルメットから見た鋼

    この時代のヘルメットの材料は、初期のものは皮革や真鍮、青銅器時代と鉄器時代にはそれぞれ青銅と鉄が使用され、950年代以降は鋼鉄が主に使用されるようになった。このようなヘルメットは剣や槍、弓、低速のマスケット銃などに対しては有効であったが、1670年代以降、銃器類の性能向上によって防護能力が不足してくると廃れ始め、18世紀以降にライフル銃が登場すると防弾を目的としたものは歩兵の標準装備から外されるようになった。戦闘用ヘルメット フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルの経済

    ブラジルの経済から見た鉄鋼鋼

    ブラジルは、鉱物資源が豊富な国である。およそ72種類の鉱物が産出されることで知られている。特にブラジルの鉱業において、重要性を増しているのが、鉄鉱石である。鉄鉱石の産出量は中国についで、世界第2位であり、国内での鉄鋼生産が相当規模にあるにもかかわらず、輸出余力が大きい点で注目されている。中国や日本はブラジルに鉄鉱石を依存している。ブラジルで鉄鉱石の産出、輸出を担っているのがヴァーレであり、BHPビリトン、リオ・ティント、アングロ・アメリカンと並ぶ4大鉱物メジャーに成長を遂げた。そのブラジルの鉄鋼生産量は、3,091万トンで世界第10位の規模を誇る。1958年に設立されたウジミナスは、新日本製鉄からの技術供与を受けながら成長してきた。ブラジルの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国の鉱業

    朝鮮民主主義人民共和国の鉱業から見た鋼

    2010年の時点における北朝鮮の鉄鋼生産能力は、製銑部門が532万トン、製鋼部門が657万トン、圧延鋼材部門が404万トンとなっている。咸鏡北道清津市の金策製鉄連合企業所、金策市の城津製鋼連合企業所、黄海北道松林市の黄海製鉄所などが主な製鉄所である。朝鮮民主主義人民共和国の鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄器時代

    鉄器時代から見た鋼

    初期の製鉄は炉内に木炭と鉱石を層状に装入して鞴(ふいご)で空気を送って燃焼させ、一酸化炭素が鉄と結合している酸素を奪って二酸化炭素となり金属鉄になる。この化学反応に必要な温度は400から800度ほどで、温度が低ければ固体のまま還元されて酸素を失った孔だらけの海綿状の鉄になり、硬いものの上で赤熱のまま打ち叩いて不純物を絞り出し、鉄原子どうしをくっつけ直すことで純粋な鉄にすることができる。これが「鍛える」という操作である。更に炭に包んで炭素分を加えて鍛えることで「」が精製できる。鉄器時代 フレッシュアイペディアより)

  • マルテンサイト

    マルテンサイトから見た鋼

    マルテンサイト()は、Fe-C系合金(や鋳鉄)を安定なオーステナイトから急冷する事によって得られる組織である。体心正方格子の鉄の結晶中に炭素が侵入した固溶体で、鉄鋼材料の組織の中で最も硬く脆い組織である。マルテンサイト フレッシュアイペディアより)

  • 合金鋼

    合金鋼から見た鋼

    合金鋼(ごうきんこう)とは、炭素鋼に一つまたは数種の元素(合金元素という)を添加してその性質を改善し、種々の目的に適合するようにしたのことである。一方で、自体に鉄合金という意味があるのでいわゆる自家撞着的用語であり、使用範囲が曖昧なので学術論文ではあまり使用されない。従って同じものを合金鋼ではなく、特殊鋼と呼ぶ場合が多い。合金鋼 フレッシュアイペディアより)

  • ポペットバルブ

    ポペットバルブから見た鋼鉄鋼

    ポペットバルブは鋼鉄などの頑丈な金属を用いて製造されるが、一部の高出力エンジンではバルブの材料にチタンを用いることもある。これはポペットバルブの慣性質量を減らすための措置であり、バルブコッターやリテーナーも同様に軽量化が行われることも多い。また、部位によって要求される性質が異なるため、ステムやステム端部と傘部を別々の材料で作ったりすることがある。高出力エンジンの場合、特に高い温度の排気ガスに晒される排気バルブの熱伝導特性を改良するため、ナトリウム封入バルブを用いることがある。ステムをドリル切削するなどして中空構造とし、この半分程度にナトリウムを封入したものである。ポペットバルブの往復によりナトリウムがステム内を往復し、燃焼室からバルブガイドへと熱を逃がしやすくする。また、中空化と鋼より密度の低いナトリウムを使用することでポペットバルブの軽量化も見込める。ポペットバルブ フレッシュアイペディアより)

1227件中 31 - 40件表示

「鉄鋼」のニューストピックワード