955件中 31 - 40件表示
  • イランの経済

    イランの経済から見た鉄鋼鋼

    イラン政府はイラン・イラク戦争後の1988年、疲弊した経済活性化をめざし、大部分の国有企業を民営化する意向を示した。しかし国有工場・企業の売却の進行は遅々としたものであった。これは大部分は議会内のナショナリズム勢力の反対が原因である。21世紀初頭にも大部分の産業は国有状態のままで、2006年現在では経済の70%が国有部門に占められる。鉄鋼、石油化学、製銅、自動車、工作機械などの重工業の多数が公共部門によるものであり、対して軽工業のほとんどが私有部門に属する。イランの経済 フレッシュアイペディアより)

  • コンテナ

    コンテナから見た鋼

    一般的には、鋼鉄・アルミニウムなどで製造され、規格化された形状の箱で、その中に輸送物を積み込み航空機・鉄道・トラック・船舶などで輸送を行う。多くが直方体の形状であるが航空貨物用などのように、機体に合わせた逆台形や丸みを帯びた例外的な形状もある。コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • ポペットバルブ

    ポペットバルブから見た鋼鉄鋼

    ポペットバルブは鋼鉄などの頑丈な金属を用いて製造されるが、一部の高出力エンジンではバルブの材料にチタンを用いることもある。これはポペットバルブの慣性重量を減らすための措置であり、バルブコッターやリテーナーも同様に軽量化が行われることも多い。また、部位によって要求される性質が異なるため、ステムやステム端部と傘部を別々の材料で作ったりすることがある。高出力エンジンの場合、特に高い温度の排気ガスに晒される排気バルブの熱伝導特性を改良するため、ナトリウム封入バルブを用いることがある。ステムをドリル切削するなどして中空構造とし、この半分程度にナトリウムを封入したものである。ポペットバルブの往復によりナトリウムがステム内を往復し、燃焼室からバルブガイドへと熱を逃がしやすくする。また、中空化と鋼より密度の低いナトリウムを使用することでポペットバルブの軽量化も見込める。ポペットバルブ フレッシュアイペディアより)

  • レオポール・セダール・サンゴール橋

    レオポール・セダール・サンゴール橋から見た鋼

    レオポール・セダール・サンゴール橋()、またはソルフェリーノ橋()はフランス、パリのセーヌ川に架かる製アーチ式歩道橋である。レオポール・セダール・サンゴール橋 フレッシュアイペディアより)

  • 閘門

    閘門から見た鋼鉄鋼

    閘室(こうしつ)は閘門の主要部分で、船を収容して閘室内の水位を上下させるようにできている。石や煉瓦、鋼鉄、コンクリートなどで造られた防水構造の囲いで、両端が閘門扉によって運河区から区切られている。閘門 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの経済

    ロシアの経済から見た鉄鋼鋼

    鉱業分野における主な企業に、鉄鋼メーカー大手セヴェルスターリ、ニッケル・パラジウム生産の世界最大手ノリリスク・ニッケルなどがある。ロシアの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 欠陥住宅

    欠陥住宅から見た鋼材鋼

    欠陥住宅の種類は多種多様であるが、近年で特徴的なのは、見える部分は徹底的に美しく作るが、見えない部分は徹底的に手抜きをし、コストを削減したものが多いことである。例えば、木造で言えば釘やホールダウン金物や断熱材、鉄筋コンクリート造で言えば鉄筋の使用量やコンクリートの品質、鉄骨造で言えば鋼材の品質や溶接の種類が典型的な例である。これらは日常は気づかないが、耐震性に劣るなど、居住者の安全を脅かすものである。欠陥住宅 フレッシュアイペディアより)

  • 産業新聞社

    産業新聞社から見た鉄鋼鋼

    株式会社産業新聞社は、鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」の発行を行う企業。他にも、日刊産業新聞の英語版「Japan Metal Bulletin」、商品投資業界の専門紙「日刊商品投資特報」を発行している。産業新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • ボスゴドラ

    ボスゴドラから見た鋼

    コドラの進化形。四足歩行であったココドラとコドラから、二足歩行に変化した。全身はさらに頑丈な鋼鉄でできた鎧状の外殻に覆われており、尾が進化前から大幅に延長された。頭部には角竜類のような鉄でできた二本の角が生えており、鉱物を掘り出すのに使う。この角の長さだけで個体ごとの年齢が判別できる。ボスゴドラ フレッシュアイペディアより)

  • 炭素

    炭素から見た鋼

    1722年ルネ・レオミュールは鉄がとなるには何かしらの物質を吸収することを示したが、現在ではそれは炭素であることが明らかとなった。1772年にはアントワーヌ・ラヴォアジエが燃焼によって水が生じず、重量あたり同じ比率の二酸化炭素を生じることを確かめ、ダイヤモンドが炭素の単体であることを証明した。1779年にカール・ヴィルヘルム・シェーレは、グラファイトが従来考えられていたように鉛の一形態ではないと示し、1786年にクロード・ルイ・ベルトレー、ガスパール・モンジュ (en)、C.A.ヴァンデスモンドが炭素であることを明らかにした。彼らがこれを知らしめた際、この元素にラテン語 Carbonium から取った carbone という名をつけ、ラヴォアジエが1789年に纏めた元素のテキストに採録された。炭素 フレッシュアイペディアより)

955件中 31 - 40件表示

「鉄鋼」のニューストピックワード