1227件中 41 - 50件表示
  • 八幡製鐵

    八幡製鐵から見た鋼

    八幡製鐵株式會社(やわたせいてつ、英文社名 Yawata Iron & Steel Co., Ltd.)は、日本の大手鉄鋼メーカー新日鐵住金のかつての商号(会社名)である。八幡製鐵 フレッシュアイペディアより)

  • フランキ・スパス12

    フランキ・スパス12から見た鋼

    スパス12は、フランキ社のディフェンス・システムズ部門がイタリア軍で行われた軍用散弾銃開発計画に沿って同社のPA80をベースに設計した軍・警察用散弾銃である。「特殊用途向け」の名の通り完全な戦闘用散弾銃であり、ピストルグリップの採用や大型の照準器など、従来の狩猟や競技用として発達してきた散弾銃とは根本的に異なる。スチール板をプレス加工して製作された銃床を伸ばせば全長は1メートルを超え、12番ゲージのシェルを最大で8発装填でき、プラスチックを多用して軽量化を図り、人間工学に基づいて設計されている。ただし、内部構造が複雑で部品点数が多いため、総じて重量は重くなった。銃身周辺には発射後に生じる熱から手を守るために、多数の通気孔が開いたハンドガードを装備している。銃身上部にはヒートシールドが取り付けられている。フランキ・スパス12 フレッシュアイペディアより)

  • 薬莢

    薬莢から見た鋼

    現代では、薬莢は真鍮や軟鋼などの金属で作られている場合が多い。金属薬莢の利点は、発射時に発生する高温・高圧ガスの漏れを防ぐ事ができる点にある。薬莢 フレッシュアイペディアより)

  • IV号駆逐戦車

    IV号駆逐戦車から見た鋼

    量産型と違い、防弾ではなく工作の容易な通常鋼(軟鋼)で作られ、各種試験に用いられた。1943年10月に1号車が完成。IV号駆逐戦車 フレッシュアイペディアより)

  • 炭素

    炭素から見た鋼

    1722年ルネ・レオミュールは鉄がとなるには何かしらの物質を吸収することを示したが、現在ではそれは炭素であることが明らかとなった。1772年にはアントワーヌ・ラヴォアジエが燃焼によって水が生じず、重量あたり同じ比率の二酸化炭素を生じることを確かめ、ダイヤモンドが炭素の単体であることを証明した。1779年にカール・ヴィルヘルム・シェーレは、グラファイトが従来考えられていたように鉛の一形態ではないと示し、1786年にクロード・ルイ・ベルトレー、ガスパール・モンジュ、C.A.ヴァンデスモンドが炭素であることを明らかにした。彼らがこれを知らしめた際、この元素に carbone という名をつけ、ラヴォアジエが1789年に纏めた元素のテキストに採録された。炭素 フレッシュアイペディアより)

  • スペースシャトル固体燃料補助ロケット

    スペースシャトル固体燃料補助ロケットから見た鋼鉄鋼

    機体はそれぞれ別個に製作された七つの鋼鉄製の部分によって構成されている。各部分は工場内で接続され、最終的な組立のために列車でケネディ宇宙センターに搬送される。接続部分は円周型のリングをU字ピンで締めつけて固定し、3本のOリングで密閉され(1986年のチャレンジャー号爆発事故が発生するまでは2本だった)、耐熱パテが埋め込まれる。スペースシャトル固体燃料補助ロケット フレッシュアイペディアより)

  • 不動大橋 (群馬県)

    不動大橋 (群馬県)から見た鋼

    2004年(平成16年)3月着工。全長590.0m。「PC複合トラス」と「エクストラドーズド橋」の技術を融合した、世界初の「・コンクリート複合トラス・エクストラドーズド橋」である。2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙の結果、鳩山由紀夫内閣により八ッ場ダムの建設中止が打ち出され、マスコミに象徴的な施設として取り上げられたが、紆余曲折を経て橋自体の建設は続行された(詳細は、湖面1号橋を参照)。不動大橋 (群馬県) フレッシュアイペディアより)

  • M3サブマシンガン

    M3サブマシンガンから見た鋼

    アメリカ軍におけるトンプソンの更新は大戦当初から計画されており、1939年にはゼネラルモーターズ社国内製造部(Inland Manufacturing Division)の技師が手がけたM35短機関銃が後継装備として審査を受けたほか、スオミ短機関銃、レイジング短機関銃、ハイスタンダード製短機関銃、スミス&ウェッソン製半自動カービン、ステン Mk.2などの製品も候補として挙げられていた。結局、この際には更新が見送られたものの、1942年にはステンを参考とした安価かつ生産効率の高い短機関銃を設計する方針が決定し、かつてM35短機関銃を提出したハイドが計画に沿った新型短機関銃の設計を担当することとなった。こうして板のプレス加工と溶接のみで製造できる本銃が開発された。M3サブマシンガン フレッシュアイペディアより)

  • 峨嵋刺

    峨嵋刺から見た鍛鉄鋼

    ほとんどが鍛鉄製の棒状であり、中指にはめる指貫の輪が猿環状(回転する金輪)の構造で棒身の中央部に取り付けられている。峨嵋刺 フレッシュアイペディアより)

  • 産業新聞社

    産業新聞社から見た鉄鋼鋼

    株式会社産業新聞社(さんぎょうしんぶんしゃ)(は、鉄鋼・非鉄金属業界の専門紙「日刊産業新聞」の発行を行う企業である。産業新聞社 フレッシュアイペディアより)

1227件中 41 - 50件表示

「鉄鋼」のニューストピックワード