1227件中 51 - 60件表示
  • 閘門

    閘門から見た鋼鉄鋼

    閘室(こうしつ)は閘門の主要部分で、船を収容して閘室内の水位を上下させるようにできている。石や煉瓦、鋼鉄、コンクリートなどで造られた防水構造の囲いで、両端が閘門扉によって運河区から区切られている。閘門 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ゲートブリッジ

    東京ゲートブリッジから見た鋼

    東京都が策定した東京港港湾計画に記された江東区若洲と大田区城南島間約8kmを結ぶ東京港臨海道路の一部で、全長2,618m(陸上部アプローチ橋を含む)のトラス橋である。水面(荒川工事基準面、A.P.)から橋梁最上部の高さが87.8m、海上を跨ぐ区間の長さが1,618m(横浜ベイブリッジやレインボーブリッジの約2倍)で、RC橋脚の上部に3径間連続トラスボックス複合構造の橋桁が架けられ、4車線道路が設けられている。東京ゲートブリッジ フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・ベッセマー

    ヘンリー・ベッセマーから見た鋼

    サー・ヘンリー・ベッセマー(Sir Henry Bessemer、1813年1月19日 - 1898年3月15日)は、イングランドの技術者で発明家。の精錬法を発明したことで知られている。ヘンリー・ベッセマー フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・アロル

    ウィリアム・アロルから見た鋼鉄鋼

    1878年、彼はクライド川に架ける橋を落札した。1882年、テイ鉄道橋(Tay Rail Bridge)の再建契約が与えられた。初代テイ鉄道橋は1879年に崩落事故を起こしていた。会社はフォース鉄道橋の建設を開始し、1890年に完成した。その時点でテイ鉄道橋とフォース鉄道橋は、それぞれのタイプとして世界最大であった。これらの橋は単にサイズのみならず、フォース鉄道橋での鋼鉄の使用、リベット接合法(アロル社が開発した橋桁(girder)同士を接合する技法)など技術面でも卓越していた。ウィリアム・アロル フレッシュアイペディアより)

  • 製鉄所

    製鉄所から見た鋼

    製鉄所(せいてつじょ・せいてつしょ)とは、製鉄を行い鉄鋼製品を作る一連の設備がまとまって存在する工場のことである。製鉄所 フレッシュアイペディアより)

  • ケニア

    ケニアから見た鋼

    輸入品:産業用機械、自動車、原油、ケニア フレッシュアイペディアより)

  • 高炉

    高炉から見た鋼鉄鋼

    鉱石から銑鉄を取りだす高炉、その銑鉄を鋼鉄に処理する転炉、生産された鉄を圧延や連続鋳造で製品加工する設備を持つ、銑鋼一貫製鉄所のみが高炉を所有している。このような大規模施設を持つ鉄鋼会社は高炉メーカーと呼ばれている。高炉 フレッシュアイペディアより)

  • ステンレス鋼

    ステンレス鋼から見た鋼

    ステンレス鋼(ステンレスこう、)とは、クロム、またはクロムとニッケルを含む、さびにくい合金鋼である。ISO規格では、炭素含有量 1.2 %(質量パーセント濃度)以下、クロム含有量 10.5 % 以上のと定義される。名称は、省略してステンレスという名称でもよく呼ばれる。かつては不銹鋼(ふしゅうこう)と呼ばれていた。ステンレス鋼 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のバス車両

    日本のバス車両から見た鋼

    はしご形のフレームにボディーを載せた構造で、両者は分離が可能である。エンジン、トランスミッション、サスペンションはフレームに支持されており、フレーム単独での走行も可能で、ボディーはそれらに関する応力は負担しない。フレーム、ボディー共に設計自由度が高く、多様なデザインに対応できる。車体は木骨鋼板張りから全鋼製へと発展している。日本のバス車両 フレッシュアイペディアより)

  • 複合材料

    複合材料から見た鋼

    樹脂と繊維を組み合わせることによって強度を確保する技法は7世紀に既に漆と麻布を組み合わせる乾漆造(かんしつぞう)で用いられていた。藁くずを入れた土壁なども複合材料の範疇に入る。身近な複合材料として、合板と鉄筋コンクリートが挙げられる。前者は強度に異方性のある複数枚の板を張り合わせて強化したいわゆるサンドイッチ構造であり、後者はコンクリートを鉄筋で補強し引張応力に対処したものである。鉄鋼製品・鋼(はがね)・ステンレスなど身近な素材も厳密には主材料(純鉄:Fe)にさまざまな元素を添加(ドーピング)した複合材料である。セラミックスなどの陶器やガラスなど現在日常的に利用されているあらゆる素材に、材料の複合化技術が利用されている。複合材料 フレッシュアイペディアより)

1227件中 51 - 60件表示

「鉄鋼」のニューストピックワード