955件中 61 - 70件表示
  • TNX5.2R

    TNX5.2Rから見た鋼

    先代モデル同様シャーシセンターに配置される遠心カム式の2段変速オートマチックトランスミッションはエンジンの高出力化に伴い1次出力スパーギヤを金属製とするなど、強化が施されている。先代同様センターデフは無くスプール(直結)状態。また、ホイールへ駆動を伝達するシャフトもスチール製ドッグボーンシャフトとなった。TNX5.2R フレッシュアイペディアより)

  • スチール缶

    スチール缶から見た鋼

    スチール缶(Steel can)とはスチール(鉄の合金)を材料として製造された缶。スチール缶 フレッシュアイペディアより)

  • 鋳鋼

    鋳鋼から見た鋼

    鋳鋼(ちゅうこう)は、の一種。鋳鋼 フレッシュアイペディアより)

  • バナジウム鋼

    バナジウム鋼から見た鋼

    バナジウム鋼(-こう)とは、五酸化バナジウムやフェロバナジウムを用いて、バナジウム分を添加された鉄鋼である。バナジウムは鋼中の炭素と結合して、炭化バナジウムV4C3となり鋼を強化する。その特徴は耐磨耗性、耐食性、靭性に優れることである。ステンレス鋼、工具鋼、高速度鋼等、あらゆる鋼種に存在している。バナジウム鋼 フレッシュアイペディアより)

  • 彫刻刀

    彫刻刀から見た鋼

    彫刻刀(ちょうこくとう)とは彫刻、版画、篆刻などにおいて比較的微細な切削加工を行うための刃物である。日本の伝統的なものは鋼鉄の刃と軟鉄(軟鋼)の地金を合わせた構造になっていて研いだ時に鋼鉄の部分が刃先になるようになっているが、教材用の安価なものや西洋のものには全てが均一の鋼材でできたものもある。刀身は直線状の木製の柄に打ち込んで取り付けられている。柄と刀身が一体化されたものもある。彫刻刀 フレッシュアイペディアより)

  • ローランド・GR-100

    ローランド・GR-100から見た鋼

    GR-300ギターシンセサイザーとの共用を想定して開発されたポリフォニックVCFユニット。ボディーは黄色にペイントされたスティール製の「イエローボックス」で、富士弦楽器製造(現・フジゲン)製エレキ・ギター型コントローラーとのコンビネーションで使用する。ギターとの接続はGR-300と同様にボックス型24ピン・コネクターのオリジナル・ケーブルで行う。アナログ・シンセサイザーの構成要素であるVCOは存在せず、専用の6弦独立ピックアップからのオーディオ信号をVCFで加工する。コーラス・エフェクトにより、広がりのある音色が得られる。ローランド・GR-100 フレッシュアイペディアより)

  • 鋼板

    鋼板から見た鋼

    鋼板(こうはん、Sheet steel)は、板状に加工されたのこと。板金の一種である。鋼板 フレッシュアイペディアより)

  • マンドリン

    マンドリンから見た鋼

    現在、もっとも一般的にみられるのは17世紀中頃に登場したナポリ型マンドリンから発展したもので弦はスチール製の8弦4コース、調弦はヴァイオリンと同じく低い方からG-D-A-E。ただしヴァイオリンと違って指板にはフレットがあり、弓ではなくピックを使って演奏する。マンドリン フレッシュアイペディアより)

  • スプリングハンマー

    スプリングハンマーから見た鋼材鋼

    スプリングハンマーとは、鍛造、鍛冶に用いる電動で動くハンマー(鍛造機)である。鍛接の完了した鋼材の大延ばしに使用することが多い。スプリングハンマー フレッシュアイペディアより)

  • 板台枠

    板台枠から見た鋼

    板台枠(いただいわく)とは、厚さ1インチ(25.4mm)程度の圧延鋼板を切り抜いて製作した台枠を指す。板台枠 フレッシュアイペディアより)

955件中 61 - 70件表示

「鉄鋼」のニューストピックワード