91件中 81 - 90件表示
  • 鋼

    から見た反射炉

    平炉は反射炉の一種で、シーメンス・マルタン法と呼ばれる。鉄鉱石と屑鉄(スクラップ)を混合し加熱して不純物を酸化・除去し適度の炭素を残す。加熱には電気アークが用いられる。 フレッシュアイペディアより)

  • 鋼

    から見た珪素

    これにより銑鉄が得られるが、次に未だ多く含まれる炭素など不純物を取り除く製鋼工程に進む。ここでは、珪素、リン、硫黄などを除去し、炭素の含有率を0.5 - 1.7%程度に調整する。この方法には転炉と平炉がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 鋼

    から見た固溶体

    現在の金属学からの定義は、Fe-C系2元合金において、C含有量が0.0218 - 2.14%の範囲にある部位である。言い換えると、フェライトのC最大固溶量・0.0218%からオーステナイトのC最大固溶量・2.14%までの範囲の部位とも定義できる。 フレッシュアイペディアより)

  • 鋼

    から見た白雲石

    転炉(転炉製鋼法)は1856年にイギリスの発明家ヘンリー・ベッセマーが開発し、彼の名を取ってベッセマー法と名づけられた技術は初めて鉄鋼の大量生産を可能とした。珪石製煉瓦を内部に張った炉に銑鉄を入れ加熱空気を送る。これにより不純物や余分な炭素を燃焼させて酸化し除去する。この方法によって20トンの製鉄を30分以下で行うことが可能となった。当初の技術ではリンの除去は不可能だったが、1887年にシドニー・ギルクリスト・トーマスが白雲石粉末を裏張りした転炉を用いる方法を開発し、リンをリン酸カルシウムの溶滓(ようさい)として取り出すことが可能となった。この溶滓は肥料に転用された。現在は、1946年にオーストリアで開発された空気の代わりに酸素を用いるLD転炉法が主流となっている。 フレッシュアイペディアより)

  • 鋼

    から見た酸化鉄

    鋼の生産は、先ず赤鉄鉱や磁鉄鉱など採掘された酸化鉄である鉄鉱石を高炉で還元させて銑鉄を得る。縦長の高炉上部から、鉄鉱石・コークス・石灰石を投入し、下部から熱ガスと空気を送り込んで800℃以上を維持するよう燃焼させる。これにより、コークスから発生する一酸化炭素が酸化鉄を還元させる。この工程は高炉の耐久性限界まで連続して行うのが通例である。 フレッシュアイペディアより)

  • 鋼

    から見た一酸化炭素

    鋼の生産は、先ず赤鉄鉱や磁鉄鉱など採掘された酸化鉄である鉄鉱石を高炉で還元させて銑鉄を得る。縦長の高炉上部から、鉄鉱石・コークス・石灰石を投入し、下部から熱ガスと空気を送り込んで800℃以上を維持するよう燃焼させる。これにより、コークスから発生する一酸化炭素が酸化鉄を還元させる。この工程は高炉の耐久性限界まで連続して行うのが通例である。 フレッシュアイペディアより)

  • 鋼

    から見た磁鉄鉱

    鋼の生産は、先ず赤鉄鉱や磁鉄鉱など採掘された酸化鉄である鉄鉱石を高炉で還元させて銑鉄を得る。縦長の高炉上部から、鉄鉱石・コークス・石灰石を投入し、下部から熱ガスと空気を送り込んで800℃以上を維持するよう燃焼させる。これにより、コークスから発生する一酸化炭素が酸化鉄を還元させる。この工程は高炉の耐久性限界まで連続して行うのが通例である。 フレッシュアイペディアより)

  • 鋼

    から見た赤鉄鉱

    鋼の生産は、先ず赤鉄鉱や磁鉄鉱など採掘された酸化鉄である鉄鉱石を高炉で還元させて銑鉄を得る。縦長の高炉上部から、鉄鉱石・コークス・石灰石を投入し、下部から熱ガスと空気を送り込んで800℃以上を維持するよう燃焼させる。これにより、コークスから発生する一酸化炭素が酸化鉄を還元させる。この工程は高炉の耐久性限界まで連続して行うのが通例である。 フレッシュアイペディアより)

  • 鋼

    から見た磁性

    鋼(はがね、こう、旧字体で釼とも書く。)とは鉄を主成分にする合金を指し、鉄の持つ性能(強度、靭性、磁性、耐熱性自己潤滑性など)を人工的に高めたものである。成分的には、鉄の性能が高められていない軟鉄や鋳鉄を除外するために、炭素の含有が0.3% - 2%以下のものの総称である。ただし、0.3%以下でも高合金である、ステンレス、耐熱鋼なども鋼の範疇となる。軟鉄や鋳鉄とあわせて鉄鋼(てっこう)とも呼ばれ、鋼でできた材料を鋼材(こうざい)、板状の鋼材を鋼板(こうはん)と呼ぶ。「はがね」の語源は日本語においては「刃金」である。これは日本の文化において鋼の概念が確立したことが、日本刀あるいは武士の文化と関係している。現代でもこの技術は応用され最強の曲げ強度(抗折力)を持つ工具鋼がある。 フレッシュアイペディアより)

  • 鋼

    から見たボールベアリング

    例えばS45Cという鋼種は炭素量0.45%の鋼をいい、SUJ(軸受鋼)は、ボールベアリングの内外輪に使われる鋼種であるということを示す。 フレッシュアイペディアより)

91件中 81 - 90件表示

「鉄鋼」のニューストピックワード