317件中 111 - 120件表示
  • コピアポ鉱山落盤事故

    コピアポ鉱山落盤事故から見た鉱業鉱業

    チリは鉱業国として長い歴史を持つ(2010年は銅生産世界シェア35%程とリチウム生産量世界一)。しかし一方で採掘現場の安全確保は立ち遅れ、2000年から年平均で34人が採掘中の事故により亡くなっている。2008年には43人の命が失われ、2009年に19万1685件の事故が発生して443人が死亡、2010年の第1四半期だけでも155人が死亡している。コピアポ鉱山落盤事故 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金時代

    黄金時代から見た採掘鉱業

    あるいは、ゴールドラッシュのように、ある国家や地域が金の採掘や流通で経済的に繁栄している時代や、その状況を指すこともある。黄金時代 フレッシュアイペディアより)

  • 黒川金山

    黒川金山から見た鉱業鉱業

    1986年(昭和61年)から4年にわたって湯の奥金山遺跡と同時に金山遺跡研究会による発掘調査が行われ、考古学、民俗学、文献史学など総合的な研究報告が作成された。遺跡は鶏冠山山腹の大小300箇所余の平地に分布し、規模は上下600m、幅300mにわたり、採掘の行われていた坑口は30箇所余。平地には採鉱された鉱石の精錬場があり、沢を中心にひな壇状のテラス群が造成されていた。黒川金山 フレッシュアイペディアより)

  • 阻塞気球

    阻塞気球から見た鉱業鉱業

    阻塞気球にはその価値以上の難点もあった。1942年にカナダ軍とアメリカ軍は、両国の国境にあるスーセントマリーの水門と水路を、予測されうる攻撃から守る共同作戦を始めた。同年8月と9月の激しい嵐の間、阻塞気球の一部が失われ、その係留用ケーブルが送電線をショートさせて鉱業と製造業に深刻な被害をもたらした。特に、戦時には重要である金属の生産が被害を受けた。カナダの軍事史資料にはこの出来事が「極めて深刻なことに、『10月事故』による損失は鋼鉄が400トンと鉄合金が10トンだと見積もられている」と記録されている。阻塞気球 フレッシュアイペディアより)

  • 金属鉱業等鉱害対策特別措置法

    金属鉱業等鉱害対策特別措置法から見た採掘鉱業

    金属鉱業等鉱害対策特別措置法(きんぞくこうぎょうとうこうがいたいさくとくべつそちほう、昭和48年(1973年)5月1日法律第26号)とは、金属鉱物等の採掘、選鉱、製錬等に使用された坑道および鉱滓等の集積場の使用後の鉱害防止について定められている日本の法律であり、同年7月1日から施行された。金属鉱業等鉱害対策特別措置法 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア農業資源経済局

    オーストラリア農業資源経済局から見た鉱業鉱業

    「オーストラリアの農業、漁業、林業、エネルギー、鉱業の促進の為の、高品質の経済政策分析・予想、自然環境の調査情報、の提供」を主要業務としている。オーストラリア農業資源経済局 フレッシュアイペディアより)

  • アルツベルク

    アルツベルクから見た鉱業鉱業

    紋章は、この町がニュルンベルク城伯領で採鉱が盛んだった栄光の時代を思い起こさせる。赤と銀の盾の輪郭、赤い爪の獅子はニュルンベルク城伯家の紋章を借用したものである。鉱山と、獅子が持っているツルハシは、名前(アルツベルク "Arzberg" という名前は、鉱山 "Erzberg" に由来する)と同時に中世から1941年まで盛んであった鉱業を象徴している。アルツベルク フレッシュアイペディアより)

  • ベルトコンベア

    ベルトコンベアから見た鉱業鉱業

    後に、ベルトコンベアを複数基連動させて、鉱業や建設現場における鉄鉱石、石炭、土砂などの運搬にも使われるようになった。現在、長いものでは数10kmにも達するものも存在する。ベルトコンベア フレッシュアイペディアより)

  • マクドネル山脈

    マクドネル山脈から見た鉱業鉱業

    主な産業は特殊な地形を活かした観光業となっているが、ゴールドラッシュ時の名残として鉱業も営まれている。マクドネル山脈 フレッシュアイペディアより)

  • ナイラ (オーバーフランケン)

    ナイラ (オーバーフランケン)から見た鉱業鉱業

    野人は、歴史家によれば、鉱業の象徴であるという。黒と銀はホーエンツォレルン家(後のブランデンブルク家)のシンボルである。1819年に黒からバイエルンを象徴する青に変更されたが、20世紀の初めに元に戻された。ナイラ (オーバーフランケン) フレッシュアイペディアより)

317件中 111 - 120件表示