317件中 21 - 30件表示
  • ジョーゼフ・ハーシュホーン

    ジョーゼフ・ハーシュホーンから見た鉱業鉱業

    石油・鉱業の株で財を成したが、1930年代にはカナダの金とウランに目を付け、トロントに事務所を構えた。ジョーゼフ・ハーシュホーン フレッシュアイペディアより)

  • 浅井田ダム

    浅井田ダムから見た鉱業鉱業

    岐阜県飛騨市・神岡鉱山を流れる高原川は、神通川の支流のひとつで、長野県との県境にそびえる飛騨山脈(北アルプス)・乗鞍岳に端を発する急流である。1922年(大正11年)、三井鉱山(現・日本コークス工業)と大同電力は両社の共同出資によって神岡水電を設立し、高原川筋において鉱業ないし電気事業用の電源として水力発電所の建設を進め、1929年(昭和4年)には猪谷発電所(当時2万2,300キロワット)の運転を開始している。1939年(昭和14年)、日本政府による電気事業管理の一環として日本発送電が設立されると、高原川における発電事業を神岡水電から引き継いで開発の手を上流へと伸ばし、東町発電所・牧発電所の建設に着手した。浅井田ダムは、東町発電所の取水ダムおよび調整池として高原川に建設するもので、1939年(昭和14年)に着工し、1942年(昭和17年)に完成。同年、東町発電所およびその下流の牧発電所(当時2万6,700キロワット)がそれぞれ運転を開始した。神岡水電は1941年(昭和16年)に電力設備を日本発送電に出資したあとも東町発電所の建設工事を日本発送電からの委託を受けて施工し、完成と同年に解散した。浅井田ダム フレッシュアイペディアより)

  • 造岩鉱物

    造岩鉱物から見た鉱業鉱業

    造岩鉱物(ぞうがんこうぶつ、rock-forming minerals)は、地球上の大多数の岩石を構成する鉱物の総称。量が莫大であるが、鉱業的に重要なものは少ない。ただし、ほとんどの岩石は、ほぼ造岩鉱物のみからできている。造岩鉱物 フレッシュアイペディアより)

  • 振草村

    振草村から見た鉱業鉱業

    宇連川支流(振草川、大千瀬川、神田川など)の上流の山間部の村であり、林業の他、セリサイト(絹雲母)の採掘が行われていた。振草村 フレッシュアイペディアより)

  • 田老鉱山

    田老鉱山から見た採掘鉱業

    田老鉱山(たろうこうざん)は日本の元鉱山。硫化鉱を採掘していた銅山である。岩手県宮古市に存在した。田老鉱山 フレッシュアイペディアより)

  • 馬鋼集団

    馬鋼集団から見た鉱業鉱業

    1953年成立。成立時の鞍山鉄廠から1958年馬鞍山鋼鉄公司、1993年馬鋼総公司を経て1998年から現名称である。安徽省人民政府国有資産監督管理委員会が資本の100%を出資する。傘下には鉄鋼メーカーや鉱業業者があるが、そのうち1993年9月1日成立の馬鞍山鋼鉄股分有限公司は上海証券取引所・香港証券取引所に株式を上場している。馬鋼集団 フレッシュアイペディアより)

  • 海外ウラン資源開発

    海外ウラン資源開発から見た採鉱鉱業

    アクータ鉱山 - ニジェール、フランス、スペインとの合弁で採鉱されている。海外ウラン資源開発 フレッシュアイペディアより)

  • トレド戦争

    トレド戦争から見た鉱業鉱業

    「凍結した会議」当時、オハイオ州は紛争に勝利したように見えた。アッパー半島は、地域に出入りするほとんどすべての関係者に、まったく価値のない荒れ地と考えられていた。キーウィーノー半島での銅とアッパー半島西部での鉄の発見で、この土地に莫大な鉱物資源が眠っていることが知られるようになった。この発見はその後20世紀まで長く続く鉱業ブームをもたらした。現在のトレド港の価値はオハイオ州に与えられて、両方の州が紛争から利益を得たものと無理なく考える事ができる。この紛争の唯一の敗者はウィスコンシン州である。紛争当事者でなかったウィスコンシンは、ミシガン州がトレド・ストリップを失いさえしなければ、アッパー半島の豊かな鉱物資源を手中にできたはずであった。トレド戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 代県

    代県から見た鉱業鉱業

    鉄道の京原線が代県を貫いている。経済は農業と鉱業が中心になっている。代県 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン州の歴史

    ワシントン州の歴史から見た鉱業鉱業

    州内の初期主要産業は農業、製材業および鉱業だった。州東部のスポケーンは鉱業活動の小さな中継点であり、ヤキマ渓谷はそのりんご園と小麦畑で知られた。カスケード山脈の西は降雨量が多くて深い森林を生み、ピュージェット湾沿いの港は木材とくにベイマツの製材と積み出しで繁栄した。1905年ワシントン州は合衆国でも最大の木材生産地となった。シアトルはアラスカとの主要貿易港であり、一時は大きな造船業を有した。ワシントン州で発展したその他の産業としては、漁業、サケの缶詰製造業および鉱業だった。かなり長い間、タコマは金、銀、銅および鉛の鉱石が取り扱われる大きな製錬業で知られた。ピュージェット湾東部の地域は第一次世界大戦や第二次世界大戦の時期を含む期間重工業が発展した。ボーイングが地域の象徴となった。ワシントン州の歴史 フレッシュアイペディアより)

317件中 21 - 30件表示