317件中 41 - 50件表示
  • 万成石

    万成石から見た採掘鉱業

    採掘量は以前と変わらず、年間20,000才以上も容易に採掘・出荷でき、採掘元のひとつである(有)武田石材では、2010年4月に8m3の石材や挽材・4尺角以上・10尺以上の長尺物と大材も採れ、安定した供給量が見込まれている。万成石 フレッシュアイペディアより)

  • バレンツ (エリトリア)

    バレンツ (エリトリア)から見た鉱業鉱業

    バレンツ(,) は、エリトリア・ガシュ・バルカ地方の州都でありバレンツ地区の行政府所在地でもある。別名・Mai Tsada。人口20,968人(2005年推計)旧州都のアゴルダトの南側に位置する。主にナイル系クナマ人が居住している。バレンツはこの地方の鉱業及び農業施設の中心である。エチオピア・エリトリア国境紛争のバレンツ包囲(1978年)で市街は要塞化され激戦地となり、戦闘では深刻な被害を受けたが、現在は復興中である。北緯15度06分50秒、東経37度35分34秒。標高1032mの高地にある。バレンツ (エリトリア) フレッシュアイペディアより)

  • MTUフリードリヒスハーフェン

    MTUフリードリヒスハーフェンから見た鉱業鉱業

    製造するエンジンは鉄道車両用、船舶用、軍用車両用、農業機械用、鉱業用、建設機械用、産業用などであり、発電機と組み合わせた発電セットや溶融炭酸塩形燃料電池などの製造も行っている。MTUフリードリヒスハーフェン フレッシュアイペディアより)

  • ブアダ地区

    ブアダ地区から見た鉱業鉱業

    他の地区より比較的多くの植物があったが、鉱業の為に、その多くが失われる結果となった。ブアダ地区 フレッシュアイペディアより)

  • マッカーサー炭坑

    マッカーサー炭坑から見た採掘鉱業

    から採掘される石炭から地金を生成しており、特に製鋼に使われる低揮発の粉炭入り石炭を得意としている。作られた石炭はすべて輸出されており、オーストラリア国内では使用されない。マッカーサー炭坑 フレッシュアイペディアより)

  • サージタンク

    サージタンクから見た鉱業鉱業

    鉱業技術においては、坑道外の排水ポンプに小型のサージタンクを設けて揚水圧が常に一定に保たれている。サージタンク フレッシュアイペディアより)

  • ハンター地域

    ハンター地域から見た鉱業鉱業

    ハンター地方は、オーストラリアの最も有名なワイン生産地帯の1つであり、その赤と白ワインの両方の種類で知られている。谷で最も有力な経済活動は、主に輸出のための石炭鉱業(たとえばリオ・ティントやBHPビリトンといった企業による)である。ハンター地域 フレッシュアイペディアより)

  • 重力勾配

    重力勾配から見た鉱業鉱業

    重力勾配の測定は、石油、ガス、鉱業関連企業が、地下の密度から効果的に岩石の分布を知るのに使用されている。重力勾配の情報から、石油、ガス及び鉱物に正確に到達するための地下の重力異常の図を作成することができるのである。また、水中の物体の検知や水深の測定(測深)にも用いられる。重力勾配 フレッシュアイペディアより)

  • Gears of War 2

    Gears of War 2から見た採掘鉱業

    COG軍の巨大な輸送用車両。略称はリグ:Rig。グラインドリフトを降下させるクレーンを搭載。兵士の間ではそれぞれに女性の名前が付けられている。元はイミュルシオン採掘用の重機。なお、Rigとはトレーラートラック(Big Rigともいう)や馬車等を意味するスラングである。Gears of War 2 フレッシュアイペディアより)

  • ブレイン郡 (アイダホ州)

    ブレイン郡 (アイダホ州)から見た鉱業鉱業

    現在のブレイン郡内にあるウッド川バレーは1864年にアイダホ準州議会により、アルトゥラス郡として編入された。1880年代までにこの地域は鉱業経済で注目されるようになった。1882年、郡庁所在地は現在のエルモア郡にあったロッキーバーからヘイリーに移された。これはロッキーバーの人口がウッド川バレーに移動し、最終的にはゴーストタウンになったことに対応したものだった。ブレイン郡 (アイダホ州) フレッシュアイペディアより)

317件中 41 - 50件表示

「鉱業」のニューストピックワード