398件中 61 - 70件表示
  • ムシナ

    ムシナから見た鉱業鉱業

    ムシナ(Musina)は、南アフリカの都市。人口42,678人(2011年)。旧名はメッシーナ(Messina)だったが、2003年に現在の名称に改称された。リンポポ州、そして南アフリカ共和国最北の都市であり、ジンバブエとの国境が北に存在する。ムシナは鉱業都市であり、鉄鉱石、石炭、マグネタイト、グラファイト、アスベスト、ダイヤモンド、半貴石と銅がこの地域で採掘されている。ムシナ フレッシュアイペディアより)

  • 太陽光発電の環境性能

    太陽光発電の環境性能から見た採鉱鉱業

    GHG排出量は、ライフサイクルアセスメント (Life Cycle Assessment, LCA) に基づき、温室効果を持つ全ての気体について、原料の採鉱・精製、システムの製造から廃棄に至るまでの全過程における GHG の排出量を、二酸化炭素 (CO2) に換算した値で求める(廃棄過程は資源のリサイクルによって排出量の節減になるため、無視する場合もある)。具体的な値は企業秘密に属するため、各工程について複数の生産企業における調査結果を平均して発表するなどの工夫が行われている。またライフサイクル中のGHGの総排出量を総発電量で割った値をCO2排出原単位と言い、発電量あたりの排出量の比較に用いる。太陽光発電の環境性能 フレッシュアイペディアより)

  • ブアダ地区

    ブアダ地区から見た鉱業鉱業

    他の地区より比較的多くの植物があったが、鉱業の為に、その多くが失われる結果となった。ブアダ地区 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た鉱業鉱業

    「上からの産業革命」といわれる明治政府の殖産興業により、東北地方でも工業・鉱業が始まり、鉱物資源の豊富な秋田県と、大都市である京浜に近い福島県がその中心となった。秋田県では、南秋田郡を中心として、山本郡、河辺郡、由利郡の日本海沿岸の各郡に油脈があり、日本有数の油田地帯を形成した。また、内陸の小坂鉱山などの鉱山も発展した。しかし、これら工業原料を利用した工場はその産出量の割りにほとんど設置されることはなく、一次産品の供給基地に留まった。福島県では、金、銀、銅、石炭、亜鉛、硫黄、硫化鉄等が産出されたが、特に浜通り南部の常磐炭田は東北を代表する炭鉱として多くの労働力を集めた。また、安積疏水などの水力発電を利用した製糸業などで中通り中部の郡山が工業都市として発展するなど、東北の産業革命は福島県が主導した。工業が労働力を集め続けた高度経済成長期あたりまで、福島県は東北地方最大の人口と工業生産力を誇った。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • ストロガノフ家

    ストロガノフ家から見た鉱業鉱業

    ストロガノフ家の起源は、15世紀のロシアに遡る。北海沿岸のポモールの豊かな農民、フョードル・リューキッチ・ストロガノフがその始祖とされる。15世紀後半には一族はソリヴィチェゴドスクに移った。フョードルの子、アニケイ・ストロガノフ Anikey Stroganov(1488年-1570年)は、1515年に製塩所を開いた。ストロガノフ家の製塩事業は巨大な産業に成長した。1558年イワン雷帝はアニケイ・フョードロヴィチとその子にカマ川とチュソヴァヤ川に沿って大きな荘園を与えた。1566年ストロガノフ家は自ら、その所領をオプリーチニナに編入した。もっともその土地は、地元の住民から力で押収し、農民を入植させた。ストロガノフ家はこれらの土地で農業、狩猟、製塩所、漁業と鉱石採掘などの事業を拡大した。彼らは町と要塞を建設して、同時に、ドゥルージナ Druzhinaの助けを借りて反乱を抑えつつ、ウラル、シベリアに新しい土地を拡大していった。ストロガノフ家 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田大学附属鉱業博物館

    秋田大学附属鉱業博物館から見た鉱業鉱業

    円筒形の建物の1階から3階までが展示室となっており、鉱物・鉱石の展示(1階)と、それを通した地殻活動・地球史(2階)、あるいは人類活動と鉱物資源との関わり、鉱業活動(3階)についての展示と解説を主眼としている。秋田大学附属鉱業博物館 フレッシュアイペディアより)

  • ユニオンカーバイド

    ユニオンカーバイドから見た鉱業鉱業

    プリント基板の素材として知られるベークライトの主要な製造企業であり、1898年の創業以来、複数回のM&Aを繰り返して化学、鉱業、原子力関連産業を有する世界的なコングロマリットへと発展した。また、国防総省及びエネルギー省の重要な納入契約業者のひとつで、ウラン鉱の採掘、精製、核燃料製造、核廃棄物処理といった原子力産業のパイオニアとして評価されている。ユニオンカーバイド フレッシュアイペディアより)

  • 核燃料サイクル

    核燃料サイクルから見た採鉱鉱業

    核燃料サイクルは、多くの場合、ウラン235を巡る後者の意味で用いられ、鉱山からの鉱石(天然ウラン)の採鉱、精錬、同位体の分離濃縮、燃料集合体への加工、原子力発電所での発電、原子炉から出た使用済み核燃料を、再処理して、核燃料として再使用できるようにすること、および放射性廃棄物の処理処分を含む、一連の流れのことである。鉱山からの鉱石の採鉱から核燃料への加工までをフロントエンド、再処理以降をバックエンドと分けることもある。核燃料サイクル フレッシュアイペディアより)

  • 川原毛地獄

    川原毛地獄から見た鉱業鉱業

    1623年(元和9年) - 久保田藩の硫黄採掘場となる。川原毛地獄 フレッシュアイペディアより)

  • 田部長右衛門 (22代)

    田部長右衛門 (22代)から見た鉱業鉱業

    養父・長秋(島根、宇山清左衛門弟、島根県多額納税者、鑛業、島根県平民、21代目田部長右衛門)田部長右衛門 (22代) フレッシュアイペディアより)

398件中 61 - 70件表示