317件中 61 - 70件表示
  • エネルギー鉱物開発省 (ウガンダ)

    エネルギー鉱物開発省 (ウガンダ)から見た鉱業鉱業

    エネルギー鉱物開発省は、エネルギー政策、鉱業に対する投資、水力発電、火力発電、太陽エネルギーおよび原子力発電など新しい電源開発基盤の確立などを政策課題としている。また、2011年稼動予定のブジャガリ発電所(250MW)と2015年稼動予定のカルマ発電所(750MW)の2つの大型電力開発を計画している。一方でウガンダ国内の原子力発電所の維持については、設備の維持が困難であり、課題となっている。現在のエネルギー鉱物開発相は、ヒラリー・オネク(Hilary Onek)。エネルギー鉱物開発省 (ウガンダ) フレッシュアイペディアより)

  • 八郷町

    八郷町から見た鉱業鉱業

    第2次産業:5429人(鉱業:14人・建設業:1716人・製造業:3699人)八郷町 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱財閥

    三菱財閥から見た鉱業鉱業

    土佐藩出身の岩崎弥太郎が創立した三菱商会を基盤に、明治政府の保護も得て海運業を独占。1893(明治26)年三菱合資会社を設立。これを持株会社として造船業・鉱業・鉄道・貿易などあらゆる分野に進出。第二次世界大戦後、連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ/SCAP) の指令により解体された(財閥解体)。三菱財閥 フレッシュアイペディアより)

  • 地下水面

    地下水面から見た鉱業鉱業

    化石水は数千年に渡って帯水層に溜まっていた地下水であり、その地表は砂漠となっていることが多い。非常に深いところにあるため、現代の降雨で水が補給されることはなく、鉱業活動などによってその水を抜き取ると、地下水面の変化は恒久的なものになる。地下水面 フレッシュアイペディアより)

  • 九頭竜ダム

    九頭竜ダムから見た鉱業鉱業

    このほか、鉱業権の収容が行われた。当地は鉱山が多く、水没地点にも複数の鉱業権が存在した。鉱業権を握る交渉は難航し、やむなく強制収用に踏み切った。また、水面下では政治的な介入も行われ、児玉誉士夫の命を受けた読売新聞の渡邉恒雄が中曽根康弘らとともに、補償交渉を円滑に進めるための資金工作を行っていた。だがこの工作は失敗に終わり、資金は全額児玉誉士夫から返還されたという。この経緯は鉱山経営を手がける日本産銅の社長だった緒方克行が『権力の陰謀 九頭竜事件をめぐる黒い霧』(現代史出版会)につづっている。九頭竜ダム フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州会議事堂

    カリフォルニア州会議事堂から見た鉱業鉱業

    ファサードは庁舎の西側に設けられており、建物の中央からポルチコが突き出ている。ポルチコの下には7つの御影石のアーチが連なり、上部のポーチを支えている。ポルチコには縦溝の彫られた8本のコリント式の柱が立て並べられている。コーニスに支えられた上部のペディメントには、教育、正義、および鉱業をそれぞれ象徴するものに囲まれたミネルウァが彫られている。欄干が設けられた陸屋根の中央は二重の円筒状に突き出た構造となっており、ドームを支えている。ドームを含めた庁舎の高さは210フィート(64m)である。ドームの上には小型のドームを有するランタンが立っており、その上には球状のフィニアルが据えられている。カリフォルニア州会議事堂 フレッシュアイペディアより)

  • ストロガノフ家

    ストロガノフ家から見た鉱業鉱業

    ストロガノフ家の起源は、15世紀のロシアに遡る。北海沿岸のポモール Pomorsの豊かな農民、フョードル・リューキッチ・ストロガノフがその始祖とされる。15世紀後半には一族はソリヴィチェゴドスク Solvychegodskに移った。フョードルの子、アニケイ・ストロガノフ Anikey Stroganov(1488年-1570年)は、1515年に製塩所を開いた。ストロガノフ家の製塩事業は巨大な産業に成長した。1558年イワン雷帝はアニケイ・フョードロヴィチとその子にカマ川とチュソヴァヤ川に沿って大きな荘園を与えた。1566年ストロガノフ家は自ら、その所領をオプリーチニナに編入した。もっともその土地は、地元の住民から力で押収し、農民を入植させた。ストロガノフ家はこれらの土地で農業、狩猟、製塩所、漁業と鉱石採掘などの事業を拡大した。彼らは町と要塞を建設して、同時に、ドゥルージナ Druzhinaの助けを借りて反乱を抑えつつ、ウラル、シベリアに新しい土地を拡大していった。ストロガノフ家 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮博覧会

    朝鮮博覧会から見た鉱業鉱業

    関東庁と南満州鉄道(満鉄)の合同経営。満蒙の交通模型を中心に農業、鉱業、畜産が紹介され大連の塩田、渤海の網漁、満蒙の生活を模型で展示朝鮮博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 川原毛大湯滝

    川原毛大湯滝から見た鉱業鉱業

    1623年(元和9年) - 久保田藩の硫黄採掘場となる。川原毛大湯滝 フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・エマニュエル・グリューナー

    ルイ・エマニュエル・グリューナーから見た鉱業鉱業

    1852年にサン=テティエンヌに戻り、鉱山学校の校長を1958年まで務めた。パリの国立鉱山学校の金属工学の教授に任じられ1972年までその職にあった。1897年に引退するまで、フランスの鉱業の分野での要職を務めた。ルイ・エマニュエル・グリューナー フレッシュアイペディアより)

317件中 61 - 70件表示