398件中 81 - 90件表示
  • カーボンフットプリント

    カーボンフットプリントから見た採掘鉱業

    一つの商品における原料の採掘や栽培、製造、加工、包装、輸送、および、購買・消費されたあとの廃棄に至るまでの、それぞれの段階で排出された温室効果ガス(温暖化効果ガス)である二酸化炭素 (CO2)などの総合計を重量で表し、商品に表示することをカーボンフットプリントと呼ぶ。カーボンラベリング(Carbon labellng)、二酸化炭素(CO2)の可視化、見える化といった呼び方もある。(英語版のCarbon emission labelを参照)カーボンフットプリント フレッシュアイペディアより)

  • 選鉱

    選鉱から見た採掘鉱業

    選鉱(せんこう)は、採掘した鉱石を有用鉱物と不用鉱物(脈石)とに分離する作業。または、異なる複数種類の有用鉱物を互いに分離する作業。選鉱 フレッシュアイペディアより)

  • メジゴーリエ

    メジゴーリエから見た採掘鉱業

    1979年頃に都市として成立した。住民はウラル山脈の高峰ヤマンタウで採掘に従事しているとされる。メジゴーリエ フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタンの経済

    ウズベキスタンの経済から見た鉱業鉱業

    鉱物と鉱業もまたウズベキスタンの経済において重要な分野である。金は綿花と並び外貨獲得の主要品目であり、非公式には輸出額全体の約20%を占めると見積もられている。ウズベキスタンは世界第7位の金生産国であり、年間約80トンの金を採掘し、世界第4位の金保有国となっている。ウズベキスタンには天然ガスも豊富であり、国内での使用と輸出両方に使用されている。石油と貴重な資源である石炭、鉛、亜鉛、タングステン、ウランは主に国内消費に使用されている。資源は低価格に抑えられており消費者はエネルギーを自発的に節約するという考えが無いため、エネルギー使用の非効率性は一般的に高い。ウズベキスタンはEUのINOGATEエネルギープログラムのパートナーでもあり、4つの鍵となる問題を抱えている。エネルギー安全保障の強化、原理に基づいたエネルギー市場における国家間の連携、の開発援助、一般的かつ地域的な関心に対しエネルギープロジェクトへの投資を誘致することである。ウズベキスタンの経済 フレッシュアイペディアより)

  • ムルマンスク

    ムルマンスクから見た鉱業鉱業

    ムルマンスクの産業の基本的部門は次の産業である;漁業および漁獲運搬業、海運業、船舶修理業、鉄道および自動車輸送業、鉱業、食品製造業、北極海大陸棚での海洋地学および海洋地質調査業。他の産業としては、ロシアでは唯一の原子力砕氷船を管理している「ムルマンスコエ・マルスコエ・パラホーツトヴァ」「サユーズ・ルィバプロムィーシュレンニコフ・セーヴェラ」「ムルマンスキー・スドレントヌィ・ザヴォート・ミンモルフロータ」「セヴモルプチー」「アルクチクモルテフテガズラズヴェートカ」、科学調査企業「モルゲオ」や、漁獲部門では最大手の「ムルマンスキー・トラローヴィ・フロート」などの大企業がある。ムルマンスク フレッシュアイペディアより)

  • イーヴァル・クルーガー

    イーヴァル・クルーガーから見た鉱業鉱業

    パルプ製造業のスウェーデン・セルロース(SCA)の設立後、1929年にクルーガーは電話機会社のエリクソン、鉱業(金)のボリデンス・グルフ(Bolidens Gruv AB)の主な株式とボールベアリング製造のSKF、銀行のスカンディナヴィスカ・クレジット(Skandinaviska Kreditaktiebolaget)やその他の企業の主要な持分を手に入れた。イーヴァル・クルーガー フレッシュアイペディアより)

  • 大型ハンマー

    大型ハンマーから見た鉱業鉱業

    大型ハンマーの使用時には、同時に別な道具が使用される場合もある。そのような道具として、ハンドスティール (hand steel) が挙げられる。ハンドスティールとは、鉱業において用いられることのある、ノミに似た道具である。これは、通常、巨大ハンマー(スレッジハンマー)と共に使用される。ハンドスティールは、人力での鉱石の採掘において使用された伝統的で基本的な道具であった。19世紀と20世紀において、露天掘り、坑道での採掘を問わず、ハンドスティールは使用された。しかしながら、いづれの道具も、かつては鉱業において使用されたが、今は滅多に使用されなくなった。大型ハンマー フレッシュアイペディアより)

  • サージタンク

    サージタンクから見た鉱業鉱業

    鉱業技術においては、坑道外の排水ポンプに小型のサージタンクを設けて揚水圧が常に一定に保たれている。サージタンク フレッシュアイペディアより)

  • 産業技術環境局

    産業技術環境局から見た鉱業鉱業

    工業の科学技術に関する総合的な政策に関すること。産業技術環境局 フレッシュアイペディアより)

  • レナルト・メリ

    レナルト・メリから見た鉱業鉱業

    1970年代になってソ連政府は、およそ20年ぶりにメリの出国を許可した。メリはフィンランド旅行を西側諸国にエストニアの存在を再認識させるべく粘り強く活動し、政治家、ジャーナリスト、亡命エストニア人と関係を構築した。エストニア人として最初にソ連政府の燐灰石鉱業計画に反対を表明した。こうしてエストニアにおける環境保護運動は、ソ連からの独立運動へと展開する。1988年にはエストニア人民戦線が結成され、メリは創設委員の一人に名を連ねた。エストニアはバルト三国を構成するラトビア、リトアニアと協力し、独立運動を加速させていく。1990年にエストニアで自由選挙が行われると外務大臣に就任した。同年5月エストニアは独立回復を宣言した。外相としてのメリはCSCE(全欧安保協力会議)に出席するなど、ヨーロッパへの接近を念頭に置いた外交を展開した。1991年ソ連8月クーデター失敗後、エストニアを含むバルト三国はソ連から完全独立を獲得した。メリは駐フィンランド大使を経て、1992年10月、リーギコグによって大統領に当選し、2期務めた。大統領としては卓越した外交感覚でヨーロッパ諸国への接近を推進するとともに、エストニア国内のロシア人にも配慮し、ロシアとの善隣関係を維持したほか、民族間の対立回避のため、民族問題円卓会議を設置してこの問題の処理に勤めた。レナルト・メリ フレッシュアイペディアより)

398件中 81 - 90件表示

「鉱業」のニューストピックワード