317件中 81 - 90件表示
  • 昭和KDE

    昭和KDEから見た鉱業鉱業

    2005年(平成17年) - 現社名に変更。所属業種が鉱業から電気機器に変更となる。昭和KDE フレッシュアイペディアより)

  • アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道

    アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道から見た鉱業鉱業

    は、コロラド州の鉱山地帯の中でももっとも生産性の高い場所であった。この地域での鉱業は1859年に始まり、最初は金を目的とし、20年ほど経ってからは銀を目的としたものになった。社長のと共に数名の取締役は、コロラド州およびニューメキシコ州北部の鉱山の町に食料・装備・その他の補給物資を輸送する需要に対して投資しようとした。これを受けて、アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道は1877年から、プエブロからアーカンザス川に沿って、そしてに沿って西へと延長しようとした。ロイヤル・ゴージはアッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道とデンバー・アンド・リオグランデ・ウェスタン鉄道の双方が通過するにはあまりに狭く、アーカンザス川に沿うボトルネックとなっており、そしてこれ以外にはサウス・パーク地区にたどり着ける合理的な方法がなかった。このため、この峡谷を抜ける線路を建設する競争が始まった。物理的な対決は2社の間で2年に及ぶ低レベルゲリラ闘争となり、後にロイヤル・ゴージ鉄道戦争として知られることになった。連邦政府がこれに介入して1880年2月2日に示談となり、通称「ボストン条約」と呼ばれる協定を結んだ。この協定では、デンバー・アンド・リオグランデ・ウェスタン鉄道が路線を開通させることが認められ、その路線をアッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道が使用できるように貸し出すことになった。またデンバー・アンド・リオグランデ・ウェスタン鉄道は推定140万ドルをアッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道に対して峡谷内で既に建設したものの代金として支払い、またサンタフェへは延伸しないこと、一方でアッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道がデンバーおよびリードビルへの計画路線を先に建設することで合意された。アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生鉱業

    麻生鉱業から見た鉱業鉱業

    麻生鉱業(麻生炭鉱、のちの麻生商店・麻生産業、現麻生グループ, Aso Mining)は、麻生太賀吉が経営した鉱業会社。かつては麻生グループの根幹をなしていた企業である。麻生鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 大型ハンマー

    大型ハンマーから見た鉱業鉱業

    大型ハンマーの使用時には、同時に別な道具が使用される場合もある。そのような道具として、ハンドスティール (hand steel) が挙げられる。ハンドスティールとは、鉱業において用いられることのある、ノミに似た道具である。これは、通常、巨大ハンマー(スレッジハンマー)と共に使用される。ハンドスティールは、人力での鉱石の採掘において使用された伝統的で基本的な道具であった。19世紀と20世紀において、露天掘り、坑道での採掘を問わず、ハンドスティールは使用された。しかしながら、いづれの道具も、かつては鉱業において使用されたが、今は滅多に使用されなくなった。大型ハンマー フレッシュアイペディアより)

  • 資源地質学会

    資源地質学会から見た鉱業鉱業

    その後、社会情勢・鉱業情勢の変化に伴い、1992年に現在の名称に学会名を変更し、定期刊行物も『資源地質()』と改名した。さらに国際化に伴い、1998年からは国際英文誌と国内向け和文誌に分離して刊行し、現在に至っている。また国際英文誌は、学会で編集を行い、印刷・出版はWiley-Blackwell社に委託している。資源地質学会 フレッシュアイペディアより)

  • 住石ホールディングス

    住石ホールディングスから見た鉱業鉱業

    住石ホールディングス株式会社(すみせきホールディングス、英文社名:Sumiseki Holdings,Inc.)は、住友グループの石炭鉱業を行っている企業の持株会社である。別子銅山の開発を行っていた住友財閥(現在の住友グループ)の源流企業である住友金属鉱山とは同根であり、規模は小さいながらもその歴史は古い。住石ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • モンモリロン石

    モンモリロン石から見た採掘鉱業

    モンモリロナイトを主成分とする酸性白土は天然の粘土であり、油脂分を吸着する性質を持つことで古くから知られており、ローマ時代には、羊毛の脱脂などに使われてきた。近代になると、石油製品の脱色や炭化水素の精製にも用いられるようになり、酸性白土が盛んに採掘されるようになった。日本では、19世紀以降、日本海側の各鉱山にて採掘が活発化した。採掘された原土は、粗砕され、粉砕しつつ乾燥し、篩い分けして製品化する。モンモリロン石 フレッシュアイペディアより)

  • ウエストポート (ニュージーランド)

    ウエストポート (ニュージーランド)から見た鉱業鉱業

    経済活動は漁業、鉱業(石炭)、酪農を基本としている。歴史的には金採掘が主な産業であり、また石炭採掘は今日よりもはるかに大規模に行われていた。原生林の伐採は1999年に停止されるまで行われていた。ウエストポート (ニュージーランド) フレッシュアイペディアより)

  • スコッツデール (タスマニア州)

    スコッツデール (タスマニア州)から見た鉱業鉱業

    主産業:ジャガイモ、酪農業、松、芥子、鉱業スコッツデール (タスマニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ポール・エルー

    ポール・エルーから見た鉱業鉱業

    鉱業について研究していたエルーだったが、やがて父が亡くなり、父の工場を継ぐことになる。当時から金属の電気精錬に興味を持ち、当時銀よりも高級でアクセサリーにも使われていたアルミニウムを安価にできないか考えた。ポール・エルー フレッシュアイペディアより)

317件中 81 - 90件表示

「鉱業」のニューストピックワード