1351件中 11 - 20件表示
  • 資生堂パーラー

    資生堂パーラーから見た銀座銀座

    1902年(明治35年)、東京・銀座の資生堂薬局(当時)内に開設された「資生堂ソーダファウンテン」が起源である。これは、資生堂創業者の福原有信が、1900年(明治33年)の欧米視察からの帰国後に、アメリカのドラッグストアを模して設けたもので、当時の日本ではまだ珍しかったアイスクリームやソーダ水を供し、人気を博した。福原有信は、ソーダ水製造機はもとより、コップやストローにいたるまでアメリカから輸入し、本物志向に徹した。資生堂パーラー フレッシュアイペディアより)

  • サテライトスタジオ

    サテライトスタジオから見た銀座銀座

    銀座スタジオ (中央区銀座・TOCOM SQUARE / ラジオNIKKEI、夕方の「マーケットトレンド」で使用)サテライトスタジオ フレッシュアイペディアより)

  • アンテナショップ

    アンテナショップから見た銀座銀座

    全国 - 銀座めざマルシェ(東京都中央区銀座アンテナショップ フレッシュアイペディアより)

  • 銀座郵便局

    銀座郵便局から見た銀座銀座

    銀座郵便局(ぎんざゆうびんきょく)は、東京都中央区銀座にある郵便局である。民営化以前の分類は郵便事業専門の集配普通郵便局であった。銀座郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田茂 (東映)

    岡田茂 (東映)から見た銀座銀座

    俊藤浩滋が東映に関わるようになるのは内縁の妻・上羽秀が経営していた銀座のバー『おそめ』に顔を出していて、この『おそめ』の、みな常連客だった鶴田浩二の東映移籍や、水原茂の東映フライヤーズ監督招聘の仲介などで大川博と縁を深めていったものだが、東映の『映画』をプロデュースするようになったのは、常に映画の題材に窮していた岡田が俊藤に『なにかいい企画はないか』と勧誘したのがきっかけ。酒の席の話半分が、俊藤の鋭く旺盛な企画力に舌を巻いた大川と岡田は考えを改め、東映の外部プロデューサーとして抜擢した。『俺をプロデューサーにしてくれ』と岡田に頼んできたのは俊藤からだという。40半ばの中年の素人が突然、横道から映画界に入りプロデューサーに納まるという異例中の異例の人事であった。岡田茂 (東映) フレッシュアイペディアより)

  • 銀座 (歴史)

    銀座 (歴史)から見た銀座銀座

    徳川幕府の中枢が移るに従い駿府にも銀座が設けられ、さらに慶長13年(1608年)に伏見銀座は京両替町、続いて駿河銀座は慶長17年(1612年)に江戸新両替町に銀座の貨幣鋳造機能は全て移された。銀座 (歴史) フレッシュアイペディアより)

  • 新宿

    新宿から見た銀座銀座

    武蔵野台地の東方に位置し、甲州道中の宿駅(内藤新宿)として栄えた。明治維新後に鉄道駅が置かれたが、繁華街として本格的な発展を遂げたのは、関東大震災後のことである。すなわち、銀座や浅草などの下町に比べて新宿は表層地盤が非常に強く被害が軽微であり、震災後に人口が激増した西部郊外にとって当時の中央線が都心に乗換えなしに行ける唯一の鉄道であったことから、私鉄各線からの乗り換え需要で新宿に交通が集中するようになり、昭和初期には、都内有数の一大歓楽街となったのである。そして、1965年に淀橋浄水場が閉鎖され、新宿副都心の開発が始まると、西新宿に超高層ビルが林立し、1991年の東京都庁移転などを経て、今日見られるようなオフィス街を形成した。1990年代以降は、新たな鉄道駅(1996年の西新宿駅や2000年の東新宿駅)の設置により、複合型の超高層ビルや超高層マンションを中心とした再開発が進んでいる。新宿 フレッシュアイペディアより)

  • 木村屋總本店

    木村屋總本店から見た銀座銀座

    本店は東京都中央区銀座に置き、本社機能は江東区有明に置く。木村屋總本店 フレッシュアイペディアより)

  • 三島事件

    三島事件から見た銀座銀座

    1967年(昭和42年)6月19日、銀座の喫茶店「ビクトリア」で行われた三島由紀夫と早大国防部代表との会見で、三島は初めて森田必勝(早稲田大学教育学部在学)と顔を会わせる。森田も日学同に所属していた。同年7月2日から1週間、森田は三島と共に自衛隊北恵庭駐屯地で体験入隊し、戦車に試乗する。森田は、そのときのことを綴った「早大国防部活動日誌」で、「それにしても自衛官の中で、大型免許をとるためだとか、転職が有利だとか言っている連中のサラリーマン化現象は何とかならないのか」と述べ、「(自衛隊員が)憲法について多くを語りたがらない」ことと、「クーデターを起こす意志を明らかにした隊員が居ないのは残念だった」ことを挙げた。同年10月、三島は小説『暁の寺』の取材で訪れたインドで、インディラ・ガンディー首相、ザーキル・フセイン大統領、陸軍大佐と面会する。中共に対する日本の国防意識の欠如について危機を抱く。帰国後の同年11月、三島は「論争ジャーナル」のメンバーと民兵組織・祖国防衛隊の試案を討議し、祖国防衛隊構想パンフレットを作成する。同年12月、この試案を、元上司・藤原岩市から見せられた陸上自衛隊調査学校情報教育課長・山本舜勝が、藤原の仲介で三島と会食する。巷でノーベル文学賞候補と騒がれている三島に対し、「文士でいらっしゃるあなたは、やはり書くことに専念すべきであり、書くことを通してでも、あなたの目的は達せられるのではありませんか」と問う山本に、三島は「もう書くことは捨てました。ノーベル賞なんかには、これっぽちの興味もありませんよ」と、じっと目を見据えてきっぱりと答えた。この瞬間、山本は背筋にピリリと火花が走り、「これは本気なのだ」と確信し、三島と一緒にやれると思った。と同時に、この人には大言壮語してはならぬと感じたいう。持丸博によると、三島は山本と会ってひどく興奮し、「あの人は都市ゲリラの専門家だ。俺たちの組織にうってつけの人物じゃないか。おまえも一緒に会おう」と言ったという。三島事件 フレッシュアイペディアより)

  • ミツワ自動車

    ミツワ自動車から見た銀座銀座

    銀座本社・ショールーム - 東京都中央区銀座 8-6-18ミツワ自動車 フレッシュアイペディアより)

1351件中 11 - 20件表示

「銀座・有楽町エリア情報」のニューストピックワード