1351件中 21 - 30件表示
  • 1951年の日本の女性史

    1951年の日本の女性史から見た銀座銀座

    10月13日 喫茶店不二コロンバン(東京銀座)、女子従業員23名で労働組合結成。休憩室設置・超過勤務手当支給・作業衣支給・解雇者復帰を要求。社長は組合長・書記長・執行委員長の3名を解雇、続いて反対した12名も解雇。組合は地労委へ提訴、地域の諸団体に訴えるなど積極的に会社と闘い、12月12日 57日間に亘る争議に勝利、全員職場復帰。1951年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 全線座

    全線座から見た銀座銀座

    かつて東京の早稲田・銀座・渋谷に存在した日本の映画館、劇場である。この項で詳述する。全線座 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座三河屋

    銀座三河屋から見た銀座銀座

    株式会社銀座三河屋(ぎんざみかわや)とは、東京都中央区銀座にある食品の卸・小売をおこなう企業。銀座三河屋 フレッシュアイペディアより)

  • 海外映画 (企業)

    海外映画 (企業)から見た銀座銀座

    1957年(昭和32年)8月、日本法人に改組、「海外映画株式会社」となる。資本金100万円、代表取締役はブレイクストン夫人であるアイリーン・ブレイクストンが務めた。本社は、東京都中央区銀座西4-3(現在の同区銀座4-2-15)、日本基督教団銀座教会並びの塚本素山ビルに置いた。海外映画 (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 東京日日新聞

    東京日日新聞から見た銀座銀座

    東京日日新聞は1872年(明治5年)2月21日、条野伝平、西田伝助、落合幾次郎が創刊した東京最初の日刊紙。当初は浅草茅町(現在の浅草橋駅近辺)の条野の居宅から発刊したが、2年後銀座に社屋を建てて進出。雑報入りの「新聞錦絵」が東京土産として話題を呼んだ。1873年(明治6年)、岸田吟香が入社し、平易な口語体の雑報欄が受け大衆紙として定着するも、1874年(明治7年)入社と共に主筆に就任した福地源一郎が社説欄を創設してから、紙面を一新。政府擁護の論陣を張る御用新聞となり、自由民権派の政論新聞と対抗した。桜痴(福地源一郎)の社説、 吟香の雑報、それに成島柳北の雑録が、 この新聞の三大名物と謳われた。この時に校正主任として招かれたのは、語学者で福地とともに遣欧使節団に加わった経験のある市川清流である。東京日日新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 吉沢商店

    吉沢商店から見た銀座銀座

    吉沢商店の前身、吉澤商舗は、美術品貿易商であった。神田に所在したのち、東京市京橋区南金六町13番地(現在の東京都中央区銀座8丁目)に移転している。同社社主・吉沢某の縁者で、富山県から上京して慶應義塾に学んだ河浦謙一は同社に勤め、時期は不明であるが、同社の経営を継承している。同社は、錦絵や郵便切手などの輸出により利益を得た。吉沢商店 フレッシュアイペディアより)

  • 東京 - 大阪間3時間への可能性

    東京 - 大阪間3時間への可能性から見た銀座銀座

    「超特急列車、東京 - 大阪間3時間への可能性」(ちょうとっきゅうれっしゃ、とうきょう - おおさかかんさんじかんへのかのうせい)とは、1957年(昭和32年)5月30日に銀座山葉ホールで開かれた鉄道技術研究所創立50周年記念講演会の統一テーマである。東京 - 大阪間3時間への可能性 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座チョコレートショップ爆発火災

    銀座チョコレートショップ爆発火災から見た銀座銀座

    銀座チョコレートショップ爆発火災(ぎんざチョコレートショップばくはつかさい)は、1953年に東京・銀座で発生した爆発火災事故。死者1名、重軽傷者78名を出した。銀座チョコレートショップ爆発火災 フレッシュアイペディアより)

  • 坊城俊民

    坊城俊民から見た銀座銀座

    1955年(昭和30年)ごろ、西銀座の路上で偶然に出会った三島から「よう!」と挨拶され、その不遜な態度に感情を害す。以後、永らく絶交状態が続く。坊城俊民 フレッシュアイペディアより)

  • 勝手にしやがれヘイ!ブラザー

    勝手にしやがれヘイ!ブラザーから見た銀座銀座

    司法試験には合格しているものの、弁護士にはならずに、10年間ジャーナリストをしている。現在は銀座に編集部がある夕刊紙の契約記者をしている。勝手にしやがれヘイ!ブラザー フレッシュアイペディアより)

1351件中 21 - 30件表示

「銀座・有楽町エリア情報」のニューストピックワード