1976件中 31 - 40件表示
  • 青山 (東京都港区)

    青山 (東京都港区)から見た銀座銀座

    ラデュレ青山店(2018年3月開店) - 1862年、パリ8区ロワイヤル通り16番地で開店したマカロン等で知られているパティスリー。同本店の他、シャンゼリゼ大通り75番地や、パリ1区サントノレ通り界隈カスティリオンヌ通り14番地、サン=ジェルマン=デ=プレ界隈6区ボナパルト通り21番地等、日本では新宿・銀座などに店舗がある。2018年3月、上記クチューム跡に日本での路面店ないし旗艦店第1号が開店。また、青山通り沿いのリンツ、パリ8区フォーブール・サントノレ通り発のラ・メゾン・デュ・ショコラ、ピエール・エルメ、下記ヨロイヅカやシャルル・ロシュー、骨董通り南青山6丁目交差点先にある神戸岡本発のモンロワール、神宮前表参道ヒルズ内にあるパリ1区サントノレ通り発のジャン=ポール・エヴァン・・など、南青山5丁目界隈は"ショコラ激戦区"になっている。青山 (東京都港区) フレッシュアイペディアより)

  • 1951年の日本の女性史

    1951年の日本の女性史から見た銀座銀座

    10月13日 喫茶店不二コロンバン(東京銀座)、女子従業員23名で労働組合結成。休憩室設置・超過勤務手当支給・作業衣支給・解雇者復帰を要求。社長は組合長・書記長・執行委員長の3名を解雇、続いて反対した12名も解雇。組合は地労委へ提訴、地域の諸団体に訴えるなど積極的に会社と闘い、12月12日 57日間に亘る争議に勝利、全員職場復帰。1951年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • 海外映画 (企業)

    海外映画 (企業)から見た銀座銀座

    1957年(昭和32年)8月、日本法人に改組、「海外映画株式会社」となる。資本金100万円、代表取締役はブレイクストン夫人であるアイリーン・ブレイクストンが務めた。本社は、東京都中央区銀座西4-3(現在の同区銀座4-2-15)、日本基督教団銀座教会並びの塚本素山ビルに置いた。海外映画 (企業) フレッシュアイペディアより)

  • みゆき族

    みゆき族から見た銀座銀座

    みゆき族(みゆきぞく)とは、既成の秩序にとらわれず、自由な考え方や行動を示す青年達の類型のひとつである。1964年(昭和39年)頃に東京・銀座のみゆき通り近辺にたむろしていたことからのそのように命名された。独自のファッション文化やストリートカルチャーを日本に流行させた。みゆき族 フレッシュアイペディアより)

  • 山村座

    山村座から見た銀座銀座

    山村座(やまむらざ)は、かつて存在した歌舞伎の劇場である。1642年(寛永19年)に江戸・木挽町四丁目(現在の東京都中央区銀座6丁目)に開かれ、河原崎座・森田座(のちの守田座)とともに「木挽町三座」と呼ばれ、元禄年間に官許を受けた劇場として、中村座、市村座、森田座とともに「江戸四座」と呼ばれた。1714年(正徳4年)、同座を舞台に起きた「江島生島事件」の結末とともに官許没収、廃座となった。存続期間は72年間であった。木挽町を芝居の街とした、歴史上最初の劇場として知られる。山村座 フレッシュアイペディアより)

  • リディラバ

    リディラバから見た銀座銀座

    2010年3月27日 - 第1回アートツアー(銀座)リディラバ フレッシュアイペディアより)

  • 銀座ACB

    銀座ACBから見た銀座銀座

    銀座ACB(ぎんざアシベ)は、1957年-1972年まで東京都中央区・銀座7丁目にあったジャズ喫茶である。銀座ACB フレッシュアイペディアより)

  • 2010年尖閣諸島抗議デモ

    2010年尖閣諸島抗議デモから見た銀座銀座

    尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件の直後の11月6日には、「頑張れ日本!全国行動委員会」を中心として、東京の日比谷野外音楽堂で「自由と人権アジア連帯集会」を開催し、田母神俊雄、小池百合子、山田宏、西村眞悟、ペマ・ギャルポらが中国の拡張主義と人権弾圧や、与党民主党の外交政策を非難する演説を行なった。集会の直後には4,500人(主催者側発表)が日比谷、銀座、有楽町界隈でデモ行進を行った。これは同団体による東京における尖閣抗議集会とデモの第3弾となり、参加者には今までデモに参加したことのない多くの学生、主婦、家族連れも含まれていた。2010年尖閣諸島抗議デモ フレッシュアイペディアより)

  • センチュリー映画社

    センチュリー映画社から見た銀座銀座

    1964年(昭和39年)10月1日、井上猛夫が代表取締役社長となり、東京都中央区銀座4丁目1番地(現在の銀座4丁目6番1号)の三和銀行ビルに設立した。井上は、同社設立の7年前に当たる1957年(昭和32年)11月12日に公開されたドキュメンタリー映画『世界は恐怖する 死の灰の正体』(監督亀井文夫)の製作に携わり、大野忠と連名で「製作」にクレジットされた人物である。そのさらに4年前に当たる1953年(昭和32年)6月には港区芝田村町4丁目(現在の西新橋2丁目)に日本映研を設立、同社の代表取締役として、短篇映画、文化映画、劇場用映画、テレビ映画を製作していた。日本映研のおもな作品は『能』(1965年)ほか。センチュリー映画社 フレッシュアイペディアより)

  • Sony Aquarium

    Sony Aquariumから見た銀座銀座

    Sony Aquarium(ソニーアクアリウム)とは、東京・銀座のソニービルで、1966年からほぼ毎夏に行う移動水族館のことである。ソニー水族館ともいわれる。Sony Aquarium フレッシュアイペディアより)

1976件中 31 - 40件表示

「銀座・有楽町エリア情報」のニューストピックワード