1976件中 41 - 50件表示
  • 大東興業

    大東興業から見た銀座銀座

    1958年(昭和33年)11月2日、東京都中央区銀座2丁目5番地に大東興業株式会社として設立、登記された。同所在地は、独立映画(代表厚見進、北星映画の後身)の当時の所在地と同一である。独立映画は、1954年(昭和29年)7月10日、北星映画から資産・人員・配給業務を継承し、伊藤武郎が代表となって発足した配給会社であり、製作会社の中央映画の作品を中心に配給していたが、同年の日活による自主製作再開により、独立系のスタッフが吸収され、中央映画も解散、配給すべき映画が製作されなくなっていた。やがて独立映画では、常務取締役であった厚見進が代表取締役に就任、伊藤は取締役に降格、独立映画の取締役であった角正太郎が設立したのが大東興業である。角正太郎が同年当時、滋賀県草津市および同県野洲郡守山町(現在の同県守山市)に経営していた映画館は、草津映画劇場(草津市本町2丁目、かつての大正座)、草津第二映画劇場(草津市大路井町、のちの草津シネマハウス)、守山映画劇場(守山町大字吉身)の3館で、ほかにも三重県上野市(現在の同県伊賀市上野地区)には上野映画劇場(丸の内23番地)を経営していた。大東興業 フレッシュアイペディアより)

  • カフェー・プランタン

    カフェー・プランタンから見た銀座銀座

    カフェー・プランタン()は、かつて存在した日本の飲食店である。1911年(明治44年)、銀座に開業し、「日本初のカフェ」とされる。カフェー・プランタン フレッシュアイペディアより)

  • やなぎ (ゲイバー)

    やなぎ (ゲイバー)から見た銀座銀座

    戦後初のゲイバーで、後に六本木にゲイバー「吉野」を出す吉野寿雄(吉野のママ)や、銀座にゲイバーを出す青江忠一(青江のママ)が働いていた。1955年(昭和30年)には銀座8丁目にも出店し、そこを本店とした。やなぎ (ゲイバー) フレッシュアイペディアより)

  • ネオンサイン

    ネオンサインから見た銀座銀座

    ネオンサインはフランスで開発され、1912年にパリ万国博覧会で公開されたのが最初(ただの理容店だったとの説あり)とされ、特許を取得した開発者のジョルジュ・クロードは1915年に「クロードネオン社」を設立し、ヨーロッパやアメリカで販売した。日本国内での最初の設置は谷沢カバン店(東京都中央区銀座/現タニザワビル“銀座タニザワ”本店・1918年?)、白木屋大阪支店(大阪市中央区備後町/現第二野村ビルディング・1925年?)、日比谷公園(東京都千代田区・1926年?)と諸説ある。近年はLED照明など新しい光源も登場し急速に普及しているが、色の鮮やかさ形状の自由さなどの利点からネオンサインはなお健在である。ネオンサイン フレッシュアイペディアより)

  • ギンビス

    ギンビスから見た銀座銀座

    株式会社ギンビス(英文名称GINBIS CO., LTD.)は、東京都中央区日本橋浜町に本社を置く製菓会社。ビスケット類を主力とし、看板商品に「アスパラガスビスケット」「たべっ子どうぶつ」などがある。社名の由来は同社が1945年に東京都中央区銀座に出店した際に社名を「銀座ベーカリー」に改めた際、「銀座でおいしいビスケットを作る」ということで発売されていたビスケット「ギンビスコ」に因むとされている。ギンビス フレッシュアイペディアより)

  • 気まぐれコンセプト

    気まぐれコンセプトから見た銀座銀座

    銀座に本社を構える自動車会社などのナショナルクライアントを抱える準大手総合広告代理店。読売広告社や第一広告社(現「I&S BBDO」)や日放(現「TBWA博報堂」)あたりがモデルとされる。気まぐれコンセプト フレッシュアイペディアより)

  • 銀座全線座

    銀座全線座から見た銀座銀座

    所在地 : 東京都中央区銀座8丁目7番13号、現在の銀座国際ホテルの位置銀座全線座 フレッシュアイペディアより)

  • 西銀座デパート

    西銀座デパートから見た銀座銀座

    「西銀座(NISHIGINZA)」は、東京銀座にあるショッピングセンターで、株式会社西銀座デパートが運営している。デパートと称するが日本百貨店協会には加盟していない。西銀座デパート フレッシュアイペディアより)

  • 元町通

    元町通から見た銀座銀座

    元町通は東西1.2kmにわたる神戸元町商店街の横断する、元町地域の中心をなす町丁である。「元町」とは神戸の中でも西国街道に沿った元々の町であったことを意味し、かつての街道沿いが現在の商店街となっている。元町は港と鉄道とを結ぶ最短距離にあり、外国人居留地とも隣接していたため、明治初期から地の利を得て商店街として発展した。商店街の東西にデパートが立地するようになり、大正から昭和初期にかけて元町が神戸の中心商業地としての最盛期を迎えた。神戸の元町は東京の銀座や大阪の心斎橋筋と並び称され、銀座の「銀ブラ」に対し、「元ブラ」という言葉が生まれる程の有名な異国情緒あふれる商店街であった。しかし戦後は市役所の移転に伴い三宮に神戸の商業の核心としての座を奪われることとなり、デパートも元町通内から撤退した。元町通 フレッシュアイペディアより)

  • 橋づくし

    橋づくしから見た銀座銀座

    『橋づくし』(はしづくし)は、三島由紀夫の短編小説。銀座や築地界隈を舞台に、陰暦8月15日 の満月の夜に7つの橋を渡り願掛けをする4人の女たちの悲喜交々を、数学的な人工性と古典的な美学とを巧妙に組み合わせて描いた作品である。誰が最後まで橋渡りに成功するかの道行からオチの意外性、優れた技巧と構成で、多くの文芸評論家や作家から、短編の傑作として高い評価を受けた。橋づくし フレッシュアイペディアより)

1976件中 41 - 50件表示

「銀座・有楽町エリア情報」のニューストピックワード