1351件中 71 - 80件表示
  • 仙台放送

    仙台放送から見た銀座銀座

    東京支社:〒104-0061東京都中央区銀座5-14-1仙台放送 フレッシュアイペディアより)

  • ご当地ソング

    ご当地ソングから見た銀座銀座

    都市内の地域名(銀座、赤坂、六本木など)ご当地ソング フレッシュアイペディアより)

  • 郷ひろみ

    郷ひろみから見た銀座銀座

    1971年 (昭和46年) 、銀座であった映画オーディションでジャニー喜多川にスカウトされてジャニーズ事務所へ所属する。郷ひろみ フレッシュアイペディアより)

  • 川本源司郎

    川本源司郎から見た銀座銀座

    川本 源司郎(かわもと げんしろう、昭和7年(1932年) - )は、日本の実業家。銀座や中洲、小倉などに「丸源ビル」の名称で多くの雑居ビルを所有する。日本の億万長者の1人として知られる。川本源司郎 フレッシュアイペディアより)

  • 東芝

    東芝から見た銀座銀座

    1875年(明治8年) - 初代田中久重が東京・銀座に電信機工場を創設東芝 フレッシュアイペディアより)

  • 神楽坂

    神楽坂から見た銀座銀座

    神楽坂付近は、大正時代に隆盛を誇った花街で、飯田橋駅を背にした坂の右手に残る花街特有の路地は、日本でもここにしかないといわれている。また関東大震災以後は、日本橋・銀座方面より商人が流入し、夜店が盛んになった。山の手銀座と言われた時期はこの時で、林芙美子や、矢田津世子の小説にも登場する。坂沿いには商店街が立ち並び、瀬戸物屋・和菓子屋など和を思わせるお店が中心であった。田山花袋は「電車がないから、山の手に住んだ人達は、大抵は神楽坂の通りへと出かけて行った」と記しており、都市交通網の整備によって、神楽坂から銀座や日本橋に殷賑の地が移って行ったと解している。2003年以後特にチェーン店やコンビニの進出が目立ち、それとともに、夏目漱石の通った田原屋などの老舗が急速に減少しつつある。また周辺の住宅街でも次々にマンションが建設されており、昔からの風情は失われていっている。神楽坂 フレッシュアイペディアより)

  • ウェンディーズ

    ウェンディーズから見た銀座銀座

    ウェンコ・ジャパンは、1980年(昭和55年)に東京都中央区銀座7丁目の中央通り沿いに第1号店となる「銀座店」を出店。2号店は東京・表参道に同年中に開店した「原宿店」(渋谷区神宮前4丁目)であった。次いで、東京・青山の青山通り沿いに「青山店」(港区北青山3丁目)が開店した。これら、全国的に知名度の高い場所に開店した初めの3店舗は、以後の販売促進活動において「銀座・原宿・青山でお馴染みのウェンディーズ」などとして代表的な店舗として扱われ、その後の事業展開は東京都心を中心とする極端なドミナント出店であり、またテレビコマーシャルを一切行わない方針がとられていた。ウェンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 不二家

    不二家から見た銀座銀座

    本社は、東京都文京区大塚に所在。後述の期限切れ原材料使用問題による業績悪化を最小限に抑えるため、中央区銀座七丁目の本社ビルを売却し、2008年7月1日に現在地に移転した。不二家 フレッシュアイペディアより)

  • にっぽん製

    にっぽん製から見た銀座銀座

    パリから羽田空港に向かう48人乗りのSAS(スカンジナビア航空)機内には、二人の日本人がいた。パリで1年間のデザイナー修業を終えた春原美子と、もう一人はフランスの招待試合に出場した柔道家の栗原正である。正は機内での2日間、美子が隣席のフランスの老婦人を親身に世話をしている様子を見て、彼女をお嫁さんにしたいと思った。機内では少し言葉を交わしただけだが、正は美子が銀座で開いている洋裁店を訪ねる約束をした。到着の空港には出迎えの人たちが待っていた。美子は店の店員や常連客の笠田夫人、パトロンの金杉との対面の後、正に別れの挨拶をしようと、彼の出迎え集団のところへ近づいた。何やら皆しんみりしていて正の頬には涙が見えた。正の母が亡くなったということだった。にっぽん製 フレッシュアイペディアより)

  • 幸福号出帆

    幸福号出帆から見た銀座銀座

    銀座のデパート店員・山路三津子はオペラ歌手を夢みながら、月島の古い借家で母・正代と、兄・敏夫と暮していた。一家は家主に立ち退きを迫られていた。敏夫は正業に就かず、家にもあまり帰らなかったが、三津子には贅沢な洋食を御馳走したり服を買ってやったりする妹思いの兄だった。女に貢がれてるんだと敏夫は説明していたが、三津子は兄が勝鬨橋付近で何か秘密の受け渡しをしているのに気づいていた。2人は父親の違う兄妹で、三津子の実父はすでに亡くなり、敏夫の実父はイタリア人で、敏夫は混血であった。しかし三津子は細かい家庭の事情はほとんど気にせず、幼い時から兄が大好きだった。幸福号出帆 フレッシュアイペディアより)

1351件中 71 - 80件表示

「銀座・有楽町エリア情報」のニューストピックワード