376件中 91 - 100件表示
  • 銀座

    銀座から見た景観

    銀座の建物は戦後復興の1960年代までに建設されたものが多く、当時の建築基準法により高さ31mに制限され、統一された景観を形成してきた。しかし、老朽化した建物の建て替えに際して、多くの建物が容積率制度の導入される1964年以前に建設されたものであることから、建て替え前よりも小さい規模での建設を余儀なくされることや、建物の高層化により統一した景観が阻害されることを懸念した地元と中央区が協議し、1998年に地区計画「銀座ルール」が制定された。ルールでは、道路幅に応じて高さ13〜56mにまで制限し、容積率も基準を800%、最大でも1100%とし、開発に大幅な制限をした。銀座 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座

    銀座から見た化粧品

    服飾文化においても、銀座は西洋ファッションを紹介する場となった。そのなかで、資生堂は化粧品を扱うなど、ファッション文化の発展に大きく貢献する。銀座 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座

    銀座から見たファストファッション

    最近ではユニクロやFOREVER21等のファストファッション専門店が進出し様変わりしている。銀座 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座

    銀座から見た東京朝日新聞

    かつて銀座にマスメディアの集中が見られた時期があった。明治時代、銀座煉瓦街の建設に伴い、丸の内や日本橋に近い銀座に、多くの新聞社が集中した。一時期は、東京日日新聞(現・毎日新聞)、東京朝日新聞(現・朝日新聞)、読売新聞や國民新聞などといった新聞社のほとんどが銀座に集中し、それに伴って印刷業や広告代理店なども集中した時期もあった。しかし関東大震災により東京在来の新聞社が壊滅的打撃を受けると、読売が大手町へ移転するなど銀座への集中も途絶えることとなった。現在は、隣接する築地に朝日新聞東京本社が、隣接する汐留に日本テレビがそれぞれ社屋を構えていることが目立つくらいである。銀座 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座

    銀座から見たそごう

    銀座は、老舗の集積地でもあり、松屋・三越のほかにも、隣接する有楽町にルミネ・阪急MEN'S TOKYOが立ち並ぶ。しかし、有楽町駅再開発・一億総中流社会解体によって、有楽町そごうは2000年、有楽町西武は2010年、有楽町阪急は2011年、松坂屋は2013年、プランタン銀座は2016年に閉店しており、百貨店は7店から2店にまで急減している。銀座 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座

    銀座から見たヴァンヂャケット

    1964年に並木通りやみゆき通り周辺で「みゆき族」と呼ばれる若者が出現した。男性は流行していたアイビー・ルックかコンチネンタルルック、女性はロングスカートのバックに共布のリボンベルトを結び、二つに折ったハンカチーフを頭にかぶるというスタイルで、手には流行を扇動した「VAN」や「JUN」の紙袋かコーヒー豆の麻袋を持つというスタイルだった。しかし、同年に開催される東京オリンピックを前に風紀の乱れを懸念した警察によって一斉取締りが行われ、みゆき族はひと夏で姿を消す。銀座 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座

    銀座から見た和光 (商業施設)

    銀座のシンボルとされているのが柳である。また、銀座4丁目交差点に建つ和光本館の時計台と三愛ドリームセンターは完成時より銀座のランドマーク的存在である。銀座 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座

    銀座から見た朝日新聞社

    銀座発祥の地、堺から移住してきた銀細工職人が故郷を懐かしんで移植したのが起源とされる。現在では、「中央区の木」にも指定されている。1874年に日本初の街路樹として、桜・松・楓が銀座通りに植樹されたが、埋立地である銀座の土地が水分の多いことから根腐れを起こしてしまい、1877年に湿地に生育する柳に植え替えられた。1921年には車道の拡幅にともない銀杏へと植え替えられたものの、銀座の柳に対する思いは強く、1929年に発表された西條八十作詞の『東京行進曲』でも銀座の柳をなつかしむ歌詞が登場する。1932年に朝日新聞社の寄贈で銀座通りに柳が復活し、同年4月には第1回柳まつりが開催された。その後も、『東京ラプソディ』や『東京音頭』で歌われるなど、柳は銀座のシンボルとして定着していった。銀座 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座

    銀座から見た木村屋總本店

    食においても、銀座は西洋の味覚を紹介する場となった。1871年、「文英堂」(現・木村屋總本店)が尾張町にて創業し、あんパンの販売を始めた。また、1895年には洋食屋の「煉瓦亭」が開業した。銀座で調剤薬局を営んでいた資生堂は1902年、店舗内に「ソーダ・ファウンテン」(現・資生堂パーラー)を併設し、ソーダ水やアイスクリームを売りだした。他にも、1897年に開業した「銀座千疋屋」は輸入果物の販売や日本初のフルーツパーラーを開業するなど銀座には様々な食文化が流入した。銀座 フレッシュアイペディアより)

  • 銀座

    銀座から見た東京馬車鉄道

    1882年に東京馬車鉄道が新橋〜日本橋間で開業した。1903年、馬車鉄道は「東京電車鉄道」と名を変え電化し、同年には数寄屋橋〜神田橋間に東京市街鉄道が開業した。これらの鉄道路線は、後に東京市電として公営化し、路線・系統の拡大がされた。1934年には東京地下鉄道によって敷設された地下鉄(現・東京メトロ銀座線)が銀座まで延伸した。銀座 フレッシュアイペディアより)

376件中 91 - 100件表示

「銀座・有楽町エリア情報」のニューストピックワード