283件中 31 - 40件表示
  • 渋谷員子

    渋谷員子から見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    学生時代は『宇宙戦艦ヤマト』や『銀河鉄道999』に憧れ美術部に所属し、一時期はアニメーターを目指して現場でアルバイトをしていたが、専門学校にてスクウェアの求人募集を見て同社に入社した。渋谷員子 フレッシュアイペディアより)

  • 砂津

    砂津から見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    かつての「小倉市大字砂津」は現在の砂津・長浜町・浅野などを含む一帯を指しており、長浜町には漫画家松本零士がかつて住んでいたこともあって、松本の代表作「銀河鉄道999」の発祥地とも言われている。砂津 フレッシュアイペディアより)

  • ビッグゴールド

    ビッグゴールドから見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    1992年12月17日、毎月17日の『月刊ビッグゴールド』として新創刊。サイズがA4になり、表紙イラストが藤井啓誌(後にたむらしげる)によるイラストとなった。旧版同様『ビッグコミック』の増刊扱いであったが、1995年1月号で独立創刊された。横山光輝の『史記』や松本零士の『銀河鉄道999』の続編の連載で知られる。ビッグゴールド フレッシュアイペディアより)

  • 約束の場所 (CHEMISTRYの曲)

    約束の場所 (CHEMISTRYの曲)から見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    発売後、「約束の場所」の歌詞の一部が『銀河鉄道999』の台詞の盗用であると、同漫画の作者である松本零士が主張、諸ワイドショーに出演して槇原敬之を非難した。これに対し、槇原は自身の公式ホームページ上で「歌詞は全くのオリジナルであり、本当に盗作だと疑っているのなら裁判で決着していただきたい」とコメントした。約束の場所 (CHEMISTRYの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 北九州高速鉄道1000形電車

    北九州高速鉄道1000形電車から見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    2010年(平成22年)3月27日からは開業25周年を記念し、少年期を北九州市内で過ごした松本零士の漫画『銀河鉄道999』の登場人物らを描いたラッピングを施した編成が3年間の予定で運行を開始した。北九州高速鉄道1000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • プラネタリウム (BUMP OF CHICKENの曲)

    プラネタリウム (BUMP OF CHICKENの曲)から見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    曲完成後にタイトルが決定したが、タイトルの由来については雑誌のインタビューで「999ではない」と語っている。プラネタリウム (BUMP OF CHICKENの曲) フレッシュアイペディアより)

  • デコトラ

    デコトラから見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    アニメ(ディズニー、スタジオジブリ、機動戦士ガンダム、銀河鉄道999等)デコトラ フレッシュアイペディアより)

  • 林正之

    林正之から見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    「タダで携帯を貰える星に出かけたが、行ってみると嘘だった。」と言う『銀河鉄道999』のパロディを執筆した所、入稿3日前に危険度が高いと編集部からリテイクを出され、原稿を落としたことがある。林正之 フレッシュアイペディアより)

  • 雪野弥生 (1000年女王)

    雪野弥生 (1000年女王)から見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    『1000年女王』連載中に、原作者である松本の口から裏設定的に『銀河鉄道999』に登場するメーテルの母・プロメシュームと同一人物と語られたこともあったが、後に松本が「雪野弥生はメーテル」と発言したことなどもあり、永らく別人物の扱いとなっていた。だが、2000年発表のOVA『メーテルレジェンド』(以下、レジェンドと表記)作中で「弥生=プロメシューム」の設定が明確にされたことで、以後はその扱いとなっている(詳細はラー・アンドロメダ・プロメシュームを参照)。雪野弥生 (1000年女王) フレッシュアイペディアより)

  • 元祖大四畳半大物語

    元祖大四畳半大物語から見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    銀河鉄道999』の1エピソード「大四畳半惑星の幻想」において、本作のキャラクターが登場する。『999』では昭和30年代の日本の町並みそっくりの景観を持つ惑星「明日の星」の住民という設定である。また、掲載誌が「少年キング」という少年誌ということもあり、過激な性描写はない。元祖大四畳半大物語 フレッシュアイペディアより)

283件中 31 - 40件表示