283件中 41 - 50件表示
  • 776

    776から見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    銀河鉄道999』に登場する、銀河鉄道株式会社が保有する鉄道車両。公式設定では存在しないが、漫画版第1話で地球に向かう「銀河急行776」として登場している。776 フレッシュアイペディアより)

  • 大YAMATO零号

    大YAMATO零号から見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    附属池田小事件 - ホンゴウ・ユキの名は、事件で犠牲になった8名の児童追悼のために、代表して松本作品ファンで『銀河鉄道999』(999号)で宇宙を旅することが夢だったという女児の名前から採られた。大YAMATO零号 フレッシュアイペディアより)

  • すすめ!!パイレーツ

    すすめ!!パイレーツから見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    笑いどころとしては、野球ネタよりも際どいまでの他作品のパロディで、『巨人の星』、『ウルトラマン』シリーズ、『銀河鉄道999』をはじめ、トーマス・マンの「ヴェニスに死す」やフランツ・カフカの「変身」「断食芸人」などの文芸作品に至る様々な有名作品が、それこそ今行なえば著作権侵害になるレベルで、ネタとして用いられている。そのため文庫版以降は著作権表記が欄外に記載されることとなる。加えて内輪ネタも多く、作者本人やアシスタントはもちろん、担当編集者もたびたび登場していたほか、同時期にジャンプで連載していた先輩マンガ家たちを勝手に出した回もあった。こうしたネタが充実している事もあり、同時期に連載されていた他のギャグ漫画殆どに見られた一発ギャグは、当作ではかなり少ない。すすめ!!パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 探検ロマン世界遺産

    探検ロマン世界遺産から見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    コンピューターグラフィックキャラクター。画とキャラクターデザインは松本零士で、松本の代表作『銀河鉄道999』の車掌に似たデザイン。声優は玄田哲章。探検ロマン世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 敦賀駅前商店街

    敦賀駅前商店街から見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    JR敦賀駅前から気比神宮前までの道はシンボルロードと呼ばれている。敦賀市の将来都市像「世界とふれあう港まち、魅力あふれる交流都市敦賀」を目指した事業の一環で、松本零士による漫画『銀河鉄道999』、『宇宙戦艦ヤマト』のキャラクターの銅像が並んでいる。。敦賀駅前商店街 フレッシュアイペディアより)

  • 松竹歌劇団

    松竹歌劇団から見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    1979年、松竹歌劇は脚本・演出に映画監督の山田洋次を迎え、ミュージカル作品『カルメン』を上演して新機軸を試み、さらに1980年には森喜朗を理事長とする「上演実行委員会」が結成され、文化庁後援のもとミュージカル『銀河鉄道999 in SKD』を上演したが、1982年4月の『東京踊り』を最後に、まず国際劇場が閉鎖される。最後の本拠地公演は約4000人の観客を集めた。また、同年にはソビエト連邦と東ドイツで長期公演を行ったが、従来旺盛に行っていた海外公演もこれが最後の例となった。松竹歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • Butterfly effect 3 SORAE

    Butterfly effect 3 SORAEから見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    アルバムのジャケットは『宇宙戦艦ヤマト』や『銀河鉄道999』等のメカデザインで有名な世界的メカデザイナー板橋克己が担当。Butterfly effect 3 SORAE フレッシュアイペディアより)

  • 重力サーベル

    重力サーベルから見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    『宇宙海賊キャプテンハーロック』、『クイーン・エメラルダス』、『銀河鉄道999』などのアニメ版においては、この重力サーベルによる剣戟が見せ場の一つとなっており、『ハーロック』アニメ版の最終回の一話手前の第41話では、重力サーベルを持つハーロックとビームを発射する剣を用いた女王ラフレシアによる一騎討ちが行われた。重力サーベル フレッシュアイペディアより)

  • イルミダス

    イルミダスから見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    ただし、戦闘機、戦車に比べ艦船類の本格的な全自動化は、地球人科学者Mr.ゾーンの開発した船からと遅れており、この点についてトチローは、イルミダス人はプライドが高く、艦船類には必ず艦長席、副長席などを付けたがるからと語っている。かつてハーロックの愛船だったデスシャドウ号にも自動化装備を加えるようにMr.ゾーンに改造を行わせる、レビの父であるベンツェルや、ハーロックの盟友だった女艦長レオタードを、体を機械へと改造する(そして「操り人形」に造り替える)など、『銀河鉄道999』の機械帝国のような機械万能主義的な部分が見受けられる。イルミダス フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄8620形蒸気機関車58654号機

    国鉄8620形蒸気機関車58654号機から見た銀河鉄道999銀河鉄道999

    再登場当時はほぼ原型であったが、1992年(平成4年)に「SLあそBOY」運転開始5周年を迎え、客車のイメージに合わせて、JR九州のデザイン関係を一手に受け持つ水戸岡鋭治の監修下に濃緑色に塗装され、炭水車の側面にロゴが大書きされるようになった。その後除煙板が取り外され、カウキャッチャーが取り付けられたこともあった。沿線の山林で列車通過後に火災が起きたことから、1994年(平成6年)からは回転火の粉止めを装備し、体裁を整えるためダイヤモンドスタック型の煙突カバーが常用されるようになった。また、ATSもATS-SK形に換装された。(のちに、SK形を強化した、ATS-DK形に再換装されている。)1999年(平成11年)7月18日 - 8月31日の間は特別に「銀河鉄道999号」として運転され、999ヘッドマークが取り付けられたほか、炭水車に「銀河鉄道999」のメーテル・星野鉄郎のイラストが掲示された。2000年(平成12年)からは塗装が黒に戻され、真鍮飾り帯を除く各種装飾や炭水車のロゴが消された。国鉄8620形蒸気機関車58654号機 フレッシュアイペディアより)

283件中 41 - 50件表示

「銀河鉄道999」のニューストピックワード