前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1417件中 1 - 10件表示
  • 訃報 2010年

    訃報 2010年から見た銀行家銀行

    1月30日 - 井倉和也、日本の銀行家、滋賀銀行元頭取(* 1921年)訃報 2010年 フレッシュアイペディアより)

  • 信用情報

    信用情報から見た銀行銀行

    やがて、クレジットカードや消費者金融(個人への金貸し)の隆盛とあわせて貸し倒れが問題になるにつれ、信用情報機関の設立、他の業態(銀行と信販、消費者金融)との信用情報共有が課題として浮かび上がるようになっていった。紆余曲折を経て、それぞれの信用情報機関を介して信用情報のうち、祖本的な部分を共有する仕組みとなっている。信用情報 フレッシュアイペディアより)

  • 外国為替証拠金取引

    外国為替証拠金取引から見た銀行銀行

    証拠金取引でレバレッジ効果があり、自由に決済期限をロールオーバー(繰り延べ)出来き、取引時間中であれば売りも買いも自由に参加したり離脱出来るため、先物取引と同様に輸出業者や輸入業者などの実需筋や投資家等が自己の裁量により将来の価格変動にともなうリスクを外国為替証拠金取引で回避または軽減する手段(リスクヘッジ、保険繋ぎ)にも活用出来る。また、一部の金融商品取引業者では、デリバリー(外貨受け渡し)も出来る点もメリットである。銀行との先物為替予約の場合は直先スプレッド(スワップレート)等が加味されたレートでの契約に対して外国為替証拠金取引の場合は、日々のスワップポイントが加減されるところが異なるため、厳密には適用される金利の性質は異なる。銀行等の金融機関との契約による先物為替予約は原則として、あらかじめ決めた予約の実行日または実行期間内に、締結済みの予約金額の全てを消化して使い切らなければならなく、途中解約の場合は解約違約金が発生するケースがあり、為替デリバティブ商品が、その商品設計が銀行側に極めて有利な内容になっていて社会問題となった商品も存在するが、外国為替証拠金取引によるリスクヘッジの場合は、取引時間内であれば、自己の都合、裁量で、決済期限を途中での変更が自由に設定でき、違約金が発生しなく、ヘッジのさじ加減が自由にできるのもメリットである。また、スプレッド(銀行又は、金融商品取引業者の売り価格と買い価格の差額)の観点からしても、一般に、銀行との先物為替予約の2通貨間の固定金利と外国為替証拠金取引 の2通貨間の日々の金利との違いを加味しても、銀行との先物為替予約よりも、外国為替証拠金取引のほうが取引コストが低いのも特徴である。外国為替証拠金取引 フレッシュアイペディアより)

  • Oberin

    Oberinから見た銀行銀行

    施設:ショップ一般、銀行(Bank)、寺院(Temple)、船着き場(Dock)、墓場(Cemetary)、ポータル(Orange Portal)Oberin フレッシュアイペディアより)

  • 役員 (会社)

    役員 (会社)から見た銀行銀行

    社長は、文字通り、会社の長である。銀行では、頭取と呼ぶところが多い。役員 (会社) フレッシュアイペディアより)

  • クレジットカード (日本)

    クレジットカード (日本)から見た銀行銀行

    銀行及び外国銀行でない者が会員にキャッシング・ローンを提供しようとする場合は、貸金業法(昭和58年法律第32号)に基づいて登録を受けなければならない。クレジットカード (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 貸金業

    貸金業から見た銀行銀行

    貸金業(かしきんぎょう)とは、金融の形態の一つで、消費者や事業者を対象に金銭を貸し付ける(融資を行う)ことを行う事業(銀行や協同組織金融機関、保険会社、証券金融会社、短資業者等を除く)である。貸金業 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・エキスプレス

    アメリカン・エキスプレスから見た銀行銀行

    本拠地のあるアメリカを中心に、トラベラーズチェックや旅行代理業をはじめとする旅行事業のほか、クレジットカード事業、法人向け銀行事業、プライベートバンク、投資信託、保険業等様々な事業を手がける。アメリカン・エキスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2009年

    訃報 2009年から見た銀行家銀行

    1月5日 - カール・ポーラッド(Carl Pohlad)、アメリカ合衆国の銀行家、ミネソタ・ツインズオーナー(* 1915年)訃報 2009年 フレッシュアイペディアより)

  • 消費者金融

    消費者金融から見た銀行銀行

    近年、大手の消費者金融会社は、銀行と提携しローン(個人向けの銀行ローン)保証業務に乗り出したり、また、メガバンク(持株会社を含む)の資本参加を受けるなどの動きもある一方、前近代的なオーナー経営の業者も多く、取立てにかかわる数々の問題、高金利、押し貸し(貸し込み競争)、「武富士」創業者の元会長が関与したジャーナリスト宅盗聴事件などの社会問題が依然として解決されていないと言える。「借りた人間が悪い」とする意見もあるが、「大手消費者金融業者の営利広告の影響等により高金利の借入に対する抵抗が減少した」などの指摘や、(連帯)保証人以外の家族等法律上弁済の義務を負わない人間が返済にかかわっている例が多くあるなど「借りた人間が悪い」という決め付けだけでは済まない問題も発生している。消費者金融 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1417件中 1 - 10件表示

「銀行業」のニューストピックワード