1417件中 81 - 90件表示
  • 迫静二

    迫静二から見た銀行銀行

    迫静二(さこ せいじ、1898年3月26日 - 1983年8月6日)は、熊本県熊本市出身の銀行家、富士銀行初代頭取。迫静二 フレッシュアイペディアより)

  • コミュニティバンク

    コミュニティバンクから見た銀行銀行

    コミュニティバンクとは、(統一的な定義があるわけではないが一般的に、)マネーセンターバンクやメガバンクといった広範な地域を営業対象とする巨大銀行の対極として、比較的小規模な地域金融機関を指す語。日本では、信用金庫や信用組合を指すことが多い。米国では、総資産10億ドル(約1,000億円)未満の地域金融機関を指す。コミュニティバンク フレッシュアイペディアより)

  • ETN

    ETNから見た銀行銀行

    ETN(Exchange-Traded Note)は、上場担当銀行が発行する上位、無担保、優先債務証券である。他の債務証券のように、ETNは満期日があり、発行者の信用によってのみバックされる。ETN フレッシュアイペディアより)

  • セキュラム

    セキュラムから見た銀行銀行

    セキュラムは、銀行の1274社(うち790が上場企業)の3000件の融資からなる1/4の資産を取得した。最大のものはノーベル工業(現アクゾ・ノーベル))の240億スウェーデン・クローナ相当のものであった。セキュラムは240億クローナの政府からの株式資本と270億クローナの融資を受けた。セキュラム フレッシュアイペディアより)

  • 果つる底なき

    果つる底なきから見た銀行銀行

    銀行員である著者が、都市銀行の内幕を描いた作品。ビジネス書などの著書は複数あったが、小説としては本作がデビュー作に当たる。本書が刊行された1998年は、長銀(日本長期信用銀行)の破綻・不良債権の焦げ付きなど金融不祥事が相次いだことで注目が高まった。果つる底なき フレッシュアイペディアより)

  • ウラジーミル・ヤクーシェフ

    ウラジーミル・ヤクーシェフから見た銀行銀行

    ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・ヤクーシェフ(、Vladimir Vladimirovich Yakushev、1968年6月14日 - )は、ロシアの法律家、銀行家、政治家。2005年11月からチュメニ州知事。バシコルトスタン共和国ネフチェカムスク出身。ウラジーミル・ヤクーシェフ フレッシュアイペディアより)

  • 吉田ひろゆき

    吉田ひろゆきから見た銀行銀行

    吉田ひろゆき(よしだ ひろゆき)は、日本の漫画家。千葉県市川市出身。男性。代表作は『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に連載され、映画化もされた「Y氏の隣人」。銀行で勤務していた経験を持つ。吉田ひろゆき フレッシュアイペディアより)

  • 旧横浜正金銀行ビル

    旧横浜正金銀行ビルから見た銀行銀行

    横浜正金銀行は、日本の半官半民の貿易金融、外国為替の専門銀行で、租借地である関東州の経済センターとして大連大広場(現・大連中山広場)のところに支店に3F建ての支店を設けた。建築の風格はルネッサンスデザインで、上に3つの奇抜な緑色の天井がある。設計は日本の妻木頼黄、太田毅。旧横浜正金銀行ビル フレッシュアイペディアより)

  • 神戸川崎銀行

    神戸川崎銀行から見た銀行銀行

    神戸川崎銀行(こうべかわさきぎんこう)は、かつて存在した日本の銀行。本店は兵庫県神戸市西町34番地。大正9年8月2日に十五銀行に吸収合併された。神戸川崎銀行 フレッシュアイペディアより)

  • アジア債券市場

    アジア債券市場から見た銀行銀行

    このような教訓から、1999年11月のASEAN+3首脳会議において、「東アジア地域での自助・支援メカニズム強化」の必要性が確認され、翌2000年5月のASEAN+3財相会議にてチェンマイ・イニシアティブ(CMI)が合意された。同時に、金融面における銀行への過度な融資体質を是正し資本市場を発達させる事が求められた。これは、各国内における長期の資金需要に対して米ドル建ての短期借入れで対応するという通貨・期間面でのダブルミスマッチを改善するだけでなく、市場原理に基づいた企業の資金調達コストに因る産業・企業間での効率的な資金配分を期待するものである。「地産地消」の精神に基づいて国民所得の3-4割にも達すると言われる東アジアの貯蓄を域内で回し、自国通貨建ての社債市場を発達させる事の意義は大きい。将来的には起債もアジアの通貨、或いは共通通貨バスケット建てとする事を目的としており、2003年6月には東アジア・オセアニア中央銀行役員会議(EMEAP)において、11の中央銀行・通貨当局(日本銀行、中国人民銀行、香港金融管理局、韓国銀行、シンガポール通貨局、タイ中央銀行、インドネシア中央銀行、マレーシア中央銀行、フィリピン中央銀行、オーストラリア準備銀行、ニュージーランド準備銀行)が合同で10億米ドル規模の基金を設け、この基金で域内企業が発行する米ドル建ての債権を買い上げるというアジア債権ファンド(ABF)の設立に至った(アジア債券市場育成に関するチェンマイ宣言)。また2004年12月にEMEAPは中国やタイ、インドネシアなど8カ国で現地通貨建て国債・政府機関債に投資するアジア債権ファンド2(20億米ドル規模)の創設を打ち出し、2005年5月から運用されている。アジア債券市場 フレッシュアイペディアより)

1417件中 81 - 90件表示

「銀行業」のニューストピックワード