173件中 111 - 120件表示
  • 銀行

    銀行から見た貨幣経済

    イギリスの場合、1650年代には個人銀行の業務がロンドンの商人たちにすでに受け入れられており、満期為替手形の決済に関連した貨幣取り扱い業務の記録が見られるという。彼らの主要な決済手段は金(ゴールド)であった。貨幣経済の興隆に伴い商業取引が増大し、多額の金を抱える者が出てきた。金を手元に抱え込むリスクを懸念した金所有者は、ロンドンでも一番頑丈な金庫を持つとされた金細工商(=ゴールドスミス :en:Goldsmith)に金を預けることにした。ゴールドスミスは金を預かる際に、預り証を金所有者に渡した(「金匠手形」)。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た漁業協同組合

    日本では、法律に基づかない預金の受入れは出資法第2条で禁止されているが、銀行以外に信用金庫・信用協同組合・農業協同組合・漁業協同組合・労働金庫など、特別法により預貯金の受入れを業とする協同組織形態の金融機関(協同組織金融機関)が存在する。商業銀行も営利会社といえど、金融の高い公共性を担う存在として銀行法はじめ様々な法令の規制下におかれるが、協同組織金融機関は、同様に公共目的をもった金融機関と位置づけられている。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たアメリカ合衆国

    ※1 アメリカでは、住居が瑕疵等で不動産担保としての価値が無くなればローンが法的に免責になる。これは、アメリカの住宅ローン制度が、担保物件以上に債務が訴求しないノンリコースローンとして“ローンの返済をしなくても、家を返せば完済となる”2008年1月21日付J-CASTニュース(枝川二郎のマネーの虎-借りてはいけない住宅ローン)仕組であり、銀行自身もローンの価格変動リスクを負うためである。ただし、不動産取引においてその担保価値の品質保証としてエスクロー制度が利用され、また、住宅ローンはすぐに証券化されモーゲージブローカによって有価証券として取引される。このため、サブプライムローンのようにリスクを第3者に転嫁してモラルハザードを行うような状況を招くなど、アメリカの住宅ローン制度は極めて問題がある制度であることが顕在化した。ローン免責が可能な背景には、法制度の前提として、制度的にその品質管理能力とリスクの分散が図られている点に留意が必要である。しかし、その品質管理能力やリスク分散が、結局は、モラルハザードによる国際金融危機を招く引き金となったという点で、アメリカの制度は欠陥が大きすぎる。日本の場合は、不動産証券化が途についたばかりであるゆえに、問題を生じていない。さらに、法的にも免責される制度はない(例えば、通常の売買契約で、耐震偽装問題のように商品に瑕疵また契約に錯誤・無効・詐欺があると、買主は、民法571条により担保責任との同時履行を主張して代金の支払を拒める。しかし、割賦購入斡旋、この場合の住宅ローンでは、売買と立替払契約とが別々になされているため、買主の売主に対する抗弁、つまり支払拒否が銀行に対して主張しうるかという問題が生ずる。判例による結論から言えば、信義則違反、つまり銀行が売主と密接不可分な関係であったことを買主が証明しない限り、その支払義務は免責されない。それゆえに、日本ではモラルハザードが生じにくいというメリットがある)。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た証券化

    ※1 アメリカでは、住居が瑕疵等で不動産担保としての価値が無くなればローンが法的に免責になる。これは、アメリカの住宅ローン制度が、担保物件以上に債務が訴求しないノンリコースローンとして“ローンの返済をしなくても、家を返せば完済となる”2008年1月21日付J-CASTニュース(枝川二郎のマネーの虎-借りてはいけない住宅ローン)仕組であり、銀行自身もローンの価格変動リスクを負うためである。ただし、不動産取引においてその担保価値の品質保証としてエスクロー制度が利用され、また、住宅ローンはすぐに証券化されモーゲージブローカによって有価証券として取引される。このため、サブプライムローンのようにリスクを第3者に転嫁してモラルハザードを行うような状況を招くなど、アメリカの住宅ローン制度は極めて問題がある制度であることが顕在化した。ローン免責が可能な背景には、法制度の前提として、制度的にその品質管理能力とリスクの分散が図られている点に留意が必要である。しかし、その品質管理能力やリスク分散が、結局は、モラルハザードによる国際金融危機を招く引き金となったという点で、アメリカの制度は欠陥が大きすぎる。日本の場合は、不動産証券化が途についたばかりであるゆえに、問題を生じていない。さらに、法的にも免責される制度はない(例えば、通常の売買契約で、耐震偽装問題のように商品に瑕疵また契約に錯誤・無効・詐欺があると、買主は、民法571条により担保責任との同時履行を主張して代金の支払を拒める。しかし、割賦購入斡旋、この場合の住宅ローンでは、売買と立替払契約とが別々になされているため、買主の売主に対する抗弁、つまり支払拒否が銀行に対して主張しうるかという問題が生ずる。判例による結論から言えば、信義則違反、つまり銀行が売主と密接不可分な関係であったことを買主が証明しない限り、その支払義務は免責されない。それゆえに、日本ではモラルハザードが生じにくいというメリットがある)。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たコンビニATM

    かつては土曜日も正午迄営業していたが、1983年8月から第2土曜日が休業となり、1986年8月からは第3土曜日も休業となり、1989年2月からは全土曜日が休業となった。また、1993年からは12月31日も休業となった。現金自動預け払い機(ATM)については、土曜営業時代の名残で土曜日も14時までは自行キャッシュカードでの利用には手数料を取っていなかったが、最近は土曜日にも手数料を取る銀行が増えている。逆に、りそな銀行・埼玉りそな銀行・近畿大阪銀行(以上りそなグループ)や福井県に本店のある銀行(福井銀行・福邦銀行。こちらの場合は、コンビニATMやイオン銀行ATM利用時も対象)のように、夜間や休業日の自行カード手数料を全廃した銀行もある。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たブラックマンデー

    この間、アメリカを中心にした金融工学やデリバティブの発達により、世界の金融界は、「統計学的分析によるリスク管理が、飛躍的なリスク管理の進歩を可能にした」という、一種の幻想に陥り、1999年の金融制度改革法の制定など、リスク軽視による規制緩和の方向に走る。これは、戦後においてモノづくりで日本に負けたアメリカが、1990年代においてITと金融自由化を重点におき、「間接金融から直接金融への転換」(金融ビッグバン)、円キャリー取引により日本から多額の資金を引き出し、世界で投機を行うことで金融覇権をめざすという、いわゆるグローバル資本主義(カジノ資本主義)の国家戦略の一環でもあった。しかしながら、そうしたリスクの商品化の結果、ブラックマンデー、アジア通貨危機、LTCM事件を経て、ついに2007年にはサブプライム問題が露呈し、アメリカを中心とした先進的と言われてきた金融システムが、極めて脆弱で愚かしい基盤の上に成り立っていたことが明確になり、アメリカの大手投資銀行、保険会社、住宅公社、大手地方銀行が軒並み巨額の不良債権を抱えて破綻し、欧州の銀行も、連鎖的に危機に陥り、世界は金融恐慌に陥っている。こうした中で、日本の銀行は、バブルの反省もあり、比較的傷が小さいことから、いまや国際的な地位は大きく逆転しており、日本の銀行の発言力が相対的に高まっている。(出典: 「カジノ資本主義 -- 国際金融恐慌の政治経済学」(スーザン・ストレンジ: 岩波書店)、「グローバル資本主義 - 危機か繁栄か」(ロバート・ギルビン: 東洋経済新報社)、「グローバル資本主義の暴走と民主主義の終焉」(水野和夫: 中央公論2008.2)、「2008年、連鎖する信用不安」(熊野英生: 中央公論2008.2)、「下村理論で現在を読めば財政均衡が最優先課題だ」(飯倉穣: 2008.2.12エコノミスト)、「アメリカニズムの終焉と世界不況」(佐伯啓思、堺屋太一2008.12中央公論)を参照)銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た勘定系システム

    そして、りそなホールディングス傘下の銀行3社は、それぞれがあとの2社の銀行代理店を手がけており、一例として、りそな銀行の利用者が埼玉りそな銀行ないしは近畿大阪銀行の店舗窓口でも、自社店舗窓口同様の手続きができるものが多い(埼玉りそな銀行の利用者が他の2社の窓口を利用する場合も同様)。オペレーションの共通化や勘定系システムそのものおよび通帳記帳体裁も3社で共通化している(冊子自体は、近畿大阪銀行だけ別)。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た貸倒引当金

    また、2006年3月期決算は、各メガバンクともバブル期を上回る利益(もっとも、前年度の貸倒引当金戻入益の計上があるため、一時的な数字である)をあげた。朝日新聞は2006年11月26日付の社説で、預金者への利益還元のあり方、特に、手数料やサービスの是正が進んでいない、と主張した。一方、2006年より三菱東京UFJ銀行をはじめとする三菱UFJフィナンシャル・グループは、自行ATM及びコンビニATM(イーネット、ローソンATM、セブン銀行)での振込手数料の一部を無料化した(窓口振込、ATMでの現金による振込、三菱東京UFJダイレクト(有人対応分)による振込、他行あては対象外。ATM時間外手数料は所定の手数料がかかる)。また、同グループの三菱東京UFJ銀行は上記3社が運営するコンビニATMでのコンビニ利用手数料を2007年3月に全面的に廃止した。そして、同年のゼロ金利政策解除により、各銀行の普通預金金利は上昇した。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たLTCM

    この間、アメリカを中心にした金融工学やデリバティブの発達により、世界の金融界は、「統計学的分析によるリスク管理が、飛躍的なリスク管理の進歩を可能にした」という、一種の幻想に陥り、1999年の金融制度改革法の制定など、リスク軽視による規制緩和の方向に走る。これは、戦後においてモノづくりで日本に負けたアメリカが、1990年代においてITと金融自由化を重点におき、「間接金融から直接金融への転換」(金融ビッグバン)、円キャリー取引により日本から多額の資金を引き出し、世界で投機を行うことで金融覇権をめざすという、いわゆるグローバル資本主義(カジノ資本主義)の国家戦略の一環でもあった。しかしながら、そうしたリスクの商品化の結果、ブラックマンデー、アジア通貨危機、LTCM事件を経て、ついに2007年にはサブプライム問題が露呈し、アメリカを中心とした先進的と言われてきた金融システムが、極めて脆弱で愚かしい基盤の上に成り立っていたことが明確になり、アメリカの大手投資銀行、保険会社、住宅公社、大手地方銀行が軒並み巨額の不良債権を抱えて破綻し、欧州の銀行も、連鎖的に危機に陥り、世界は金融恐慌に陥っている。こうした中で、日本の銀行は、バブルの反省もあり、比較的傷が小さいことから、いまや国際的な地位は大きく逆転しており、日本の銀行の発言力が相対的に高まっている。(出典: 「カジノ資本主義 -- 国際金融恐慌の政治経済学」(スーザン・ストレンジ: 岩波書店)、「グローバル資本主義 - 危機か繁栄か」(ロバート・ギルビン: 東洋経済新報社)、「グローバル資本主義の暴走と民主主義の終焉」(水野和夫: 中央公論2008.2)、「2008年、連鎖する信用不安」(熊野英生: 中央公論2008.2)、「下村理論で現在を読めば財政均衡が最優先課題だ」(飯倉穣: 2008.2.12エコノミスト)、「アメリカニズムの終焉と世界不況」(佐伯啓思、堺屋太一2008.12中央公論)を参照)銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たヴェネツィア共和国

    貸付・投資機能が高度に発達したのは中世イタリア、ヴェニス、ジェノア、フローレンスにおいてである。遠隔地交易が発達し、信用による売掛・買掛売買が発達し、有力商人が小口商人や船乗りの決済を代行することから荷為替あるいは小口融資が行われるようになった。中世イタリアのジェノバ共和国の議会は借金の元利支払のための税収を、投資家の組成するシンジケート(Compera)に預けた。1164年には11人の投資家によって11年を期間としたシンジケートが設定されていた。ヴェネツィア共和国の議会は1262年、既存の債務を一つの基金に整理し、債務支払いのために特定の物品税を担保に年5%の金利を支払う事を宣言したが、これは出資証券の形態を取り登記簿の所有名義を書き換える事で出資証券の売買が可能なものであった。中世イタリアの都市国家ではそれぞれの都市の基金が債務支払の担保にあてられた税を管理した。銀行 フレッシュアイペディアより)

173件中 111 - 120件表示

「銀行業」のニューストピックワード