69件中 31 - 40件表示
  • 銀行

    銀行から見たLTCM

    この間、アメリカを中心にした金融工学やデリバティブの発達により、世界の金融界は、「統計学的分析によるリスク管理が、飛躍的なリスク管理の進歩を可能にした」という、一種の幻想に陥り、1999年の金融制度改革法の制定など、リスク軽視による規制緩和の方向に走る。これは、戦後においてモノづくりで日本に負けたアメリカが、1990年代においてITと金融自由化を重点におき、「間接金融から直接金融への転換」(金融ビッグバン)、円キャリー取引により日本から多額の資金を引き出し、世界で投機を行うことで金融覇権をめざすという、いわゆるグローバル資本主義(カジノ資本主義)の国家戦略の一環でもあった。しかしながら、そうしたリスクの商品化の結果、ブラックマンデー、アジア通貨危機、LTCM事件を経て、ついに2007年にはサブプライム問題が露呈し、アメリカを中心とした先進的と言われてきた金融システムが、極めて脆弱で愚かしい基盤の上に成り立っていたことが明確になり、アメリカの大手投資銀行、保険会社、住宅公社、大手地方銀行が軒並み巨額の不良債権を抱えて破綻し、欧州の銀行も、連鎖的に危機に陥り、世界は金融恐慌に陥っている。こうした中で、日本の銀行は、バブルの反省もあり、比較的傷が小さいことから、いまや国際的な地位は大きく逆転しており、日本の銀行の発言力が相対的に高まっている。(出典: 「カジノ資本主義 -- 国際金融恐慌の政治経済学」(スーザン・ストレンジ: 岩波書店)、「グローバル資本主義 - 危機か繁栄か」(ロバート・ギルビン: 東洋経済新報社)、「グローバル資本主義の暴走と民主主義の終焉」(水野和夫: 中央公論2008.2)、「2008年、連鎖する信用不安」(熊野英生: 中央公論2008.2)、「下村理論で現在を読めば財政均衡が最優先課題だ」(飯倉穣: 2008.2.12エコノミスト)、「アメリカニズムの終焉と世界不況」(佐伯啓思、堺屋太一2008.12中央公論)を参照)銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たヴェネツィア共和国

    貸付・投資機能が高度に発達したのは中世イタリア、ヴェネツィア、ジェノヴァ、フィレンツェにおいてである。遠隔地交易が発達し、信用による売掛・買掛売買が発達し、有力商人が小口商人や船乗りの決済を代行することから荷為替あるいは小口融資が行われるようになった。中世イタリアのジェノバ共和国の議会は借金の元利支払のための税収を、投資家の組成するシンジケート(Compera)に預けた。1164年には11人の投資家によって11年を期間としたシンジケートが設定されていた。ヴェネツィア共和国の議会は1262年、既存の債務を一つの基金に整理し、債務支払いのために特定の物品税を担保に年5%の金利を支払う事を宣言したが、これは出資証券の形態を取り登記簿の所有名義を書き換える事で出資証券の売買が可能なものであった。中世イタリアの都市国家ではそれぞれの都市の基金が債務支払の担保にあてられた税を管理した。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た世界金融危機 (2007年-)

    増加した貨幣(預り証)の価値を保証しているのは、借手の返済力である。このため、借手の経営が危機に陥ると貨幣も信用を喪失した(金融危機)。そのため19世紀から20世紀初めまで、金融危機に端を発する恐慌が頻発した(1927年の日本における昭和金融恐慌など)。第二次大戦以降はケインズ政策の採用などもあり、先進資本主義国は恐慌を克服したとされていたが、近年のリーマン・ショックを端緒とする世界金融危機などが恐慌と表現されることもある。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た円キャリー取引

    この間、アメリカを中心にした金融工学やデリバティブの発達により、世界の金融界は、「統計学的分析によるリスク管理が、飛躍的なリスク管理の進歩を可能にした」という、一種の幻想に陥り、1999年の金融制度改革法の制定など、リスク軽視による規制緩和の方向に走る。これは、戦後においてモノづくりで日本に負けたアメリカが、1990年代においてITと金融自由化を重点におき、「間接金融から直接金融への転換」(金融ビッグバン)、円キャリー取引により日本から多額の資金を引き出し、世界で投機を行うことで金融覇権をめざすという、いわゆるグローバル資本主義(カジノ資本主義)の国家戦略の一環でもあった。しかしながら、そうしたリスクの商品化の結果、ブラックマンデー、アジア通貨危機、LTCM事件を経て、ついに2007年にはサブプライム問題が露呈し、アメリカを中心とした先進的と言われてきた金融システムが、極めて脆弱で愚かしい基盤の上に成り立っていたことが明確になり、アメリカの大手投資銀行、保険会社、住宅公社、大手地方銀行が軒並み巨額の不良債権を抱えて破綻し、欧州の銀行も、連鎖的に危機に陥り、世界は金融恐慌に陥っている。こうした中で、日本の銀行は、バブルの反省もあり、比較的傷が小さいことから、いまや国際的な地位は大きく逆転しており、日本の銀行の発言力が相対的に高まっている。(出典: 「カジノ資本主義 -- 国際金融恐慌の政治経済学」(スーザン・ストレンジ: 岩波書店)、「グローバル資本主義 - 危機か繁栄か」(ロバート・ギルビン: 東洋経済新報社)、「グローバル資本主義の暴走と民主主義の終焉」(水野和夫: 中央公論2008.2)、「2008年、連鎖する信用不安」(熊野英生: 中央公論2008.2)、「下村理論で現在を読めば財政均衡が最優先課題だ」(飯倉穣: 2008.2.12エコノミスト)、「アメリカニズムの終焉と世界不況」(佐伯啓思、堺屋太一2008.12中央公論)を参照)銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た金庫

    イギリスの場合、1650年代には個人銀行の業務がロンドンの商人たちにすでに受け入れられており、満期為替手形の決済に関連した貨幣取り扱い業務の記録が見られるという。彼らの主要な決済手段は金(ゴールド)であった。貨幣経済の興隆に伴い商業取引が増大し、多額の金を抱える者が出てきた。金を手元に抱え込むリスクを懸念した金所有者は、ロンドンでも一番頑丈な金庫を持つとされた金細工商(=ゴールドスミス :en:Goldsmith)に金を預けることにした。ゴールドスミスは金を預かる際に、預り証を金所有者に渡した(「金匠手形」)。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た金融工学

    この間、アメリカを中心にした金融工学やデリバティブの発達により、世界の金融界は、「統計学的分析によるリスク管理が、飛躍的なリスク管理の進歩を可能にした」という、一種の幻想に陥り、1999年の金融制度改革法の制定など、リスク軽視による規制緩和の方向に走る。これは、戦後においてモノづくりで日本に負けたアメリカが、1990年代においてITと金融自由化を重点におき、「間接金融から直接金融への転換」(金融ビッグバン)、円キャリー取引により日本から多額の資金を引き出し、世界で投機を行うことで金融覇権をめざすという、いわゆるグローバル資本主義(カジノ資本主義)の国家戦略の一環でもあった。しかしながら、そうしたリスクの商品化の結果、ブラックマンデー、アジア通貨危機、LTCM事件を経て、ついに2007年にはサブプライム問題が露呈し、アメリカを中心とした先進的と言われてきた金融システムが、極めて脆弱で愚かしい基盤の上に成り立っていたことが明確になり、アメリカの大手投資銀行、保険会社、住宅公社、大手地方銀行が軒並み巨額の不良債権を抱えて破綻し、欧州の銀行も、連鎖的に危機に陥り、世界は金融恐慌に陥っている。こうした中で、日本の銀行は、バブルの反省もあり、比較的傷が小さいことから、いまや国際的な地位は大きく逆転しており、日本の銀行の発言力が相対的に高まっている。(出典: 「カジノ資本主義 -- 国際金融恐慌の政治経済学」(スーザン・ストレンジ: 岩波書店)、「グローバル資本主義 - 危機か繁栄か」(ロバート・ギルビン: 東洋経済新報社)、「グローバル資本主義の暴走と民主主義の終焉」(水野和夫: 中央公論2008.2)、「2008年、連鎖する信用不安」(熊野英生: 中央公論2008.2)、「下村理論で現在を読めば財政均衡が最優先課題だ」(飯倉穣: 2008.2.12エコノミスト)、「アメリカニズムの終焉と世界不況」(佐伯啓思、堺屋太一2008.12中央公論)を参照)銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た貨幣

    銀行の業務目的は、第一義的には、市場経済の根幹である通貨の発行である。貨幣機能説によれば、通貨は通貨としての機能を果たすがゆえに通貨であり、交換手段であると同時に価値保蔵手段であり、価値尺度であるという機能をもつ。銀行の受け入れる預金は、まさにこうした通貨としての機能を果たすがゆえに経済社会において重要な預金通貨として流通している。またそれゆえに、政府当局としても、預金通貨の安定を経済政策の根幹においている。預金通貨は銀行の負債であるので、預金通貨の価値の安定のためには、銀行の資産が安定的な価値を有するものでなければならない。このため、金融庁をはじめとする銀行監督当局は、定期検査を通じて、銀行の資産は安全かという点を厳しくチェックする。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た金融ビッグバン

    この間、アメリカを中心にした金融工学やデリバティブの発達により、世界の金融界は、「統計学的分析によるリスク管理が、飛躍的なリスク管理の進歩を可能にした」という、一種の幻想に陥り、1999年の金融制度改革法の制定など、リスク軽視による規制緩和の方向に走る。これは、戦後においてモノづくりで日本に負けたアメリカが、1990年代においてITと金融自由化を重点におき、「間接金融から直接金融への転換」(金融ビッグバン)、円キャリー取引により日本から多額の資金を引き出し、世界で投機を行うことで金融覇権をめざすという、いわゆるグローバル資本主義(カジノ資本主義)の国家戦略の一環でもあった。しかしながら、そうしたリスクの商品化の結果、ブラックマンデー、アジア通貨危機、LTCM事件を経て、ついに2007年にはサブプライム問題が露呈し、アメリカを中心とした先進的と言われてきた金融システムが、極めて脆弱で愚かしい基盤の上に成り立っていたことが明確になり、アメリカの大手投資銀行、保険会社、住宅公社、大手地方銀行が軒並み巨額の不良債権を抱えて破綻し、欧州の銀行も、連鎖的に危機に陥り、世界は金融恐慌に陥っている。こうした中で、日本の銀行は、バブルの反省もあり、比較的傷が小さいことから、いまや国際的な地位は大きく逆転しており、日本の銀行の発言力が相対的に高まっている。(出典: 「カジノ資本主義 -- 国際金融恐慌の政治経済学」(スーザン・ストレンジ: 岩波書店)、「グローバル資本主義 - 危機か繁栄か」(ロバート・ギルビン: 東洋経済新報社)、「グローバル資本主義の暴走と民主主義の終焉」(水野和夫: 中央公論2008.2)、「2008年、連鎖する信用不安」(熊野英生: 中央公論2008.2)、「下村理論で現在を読めば財政均衡が最優先課題だ」(飯倉穣: 2008.2.12エコノミスト)、「アメリカニズムの終焉と世界不況」(佐伯啓思、堺屋太一2008.12中央公論)を参照)銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たハムラビ法典

    金融機能の起源としては両替商が古くからあり、フェニキア人による両替商が知られていた。古くはハムラビ法典には商人の貸借についての規定が詳細に記述されており、また哲学者タレスのオリーブ搾油機の逸話などで知られるように、古代から高度な金融取引・契約はいくつも存在していたと考えられるが、一方で貨幣の取り扱いや貸借には宗教上の禁忌が存在している社会があり、例えばユダヤ教の神殿では神殿貨幣が使用され、信者は礼拝のさいにローマ皇帝の刻印がされた貨幣を神殿貨幣に両替し献納しなければならなかった。ユダヤ・キリスト・イスラム教では原則として利息を取る貸付は禁止されていたので、融資や貸借は原則として無利子(売掛・買掛)であった(ユダヤでは同宗以外への利付貸付は容認されていた)。これらの社会においては交易上の利益は認められていたので実質上の利子は中間マージンに含まれていた。両替商が貨幣の両替において金額の数%で得る利益は手数料であった。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た形態

    北イタリアからバルト海にかけ、商人の経済活動が高度化してゆくなかで次第に金融に特化する商人が登場しはじめる。商業銀行と商社は業態的につながりが深いといわれており、英国ではマーチャント・バンクの伝統があり、これは交易商人たちが次第に金融に特化していったものである。日本の総合商社はマーチャントバンクに大変類似しているとも言われる。現在のような形態の銀行が誕生したのは、中世末期のイギリスにおいてである。銀行 フレッシュアイペディアより)

69件中 31 - 40件表示

「銀行業」のニューストピックワード