69件中 41 - 50件表示
  • 銀行

    銀行から見たバブル景気

    1929年の金融大恐慌を契機に、アメリカではグラス・スティーガル法が制定され、銀行による株式保有が禁止された。これは、預金通貨を発行する銀行が、価格変動のある株式を資産として保有すると、預金通貨の安定が損なわれるためである。しかしながら、日本では、戦後の財閥解体の結果、株式持ち株会社が禁止され、便宜的に銀行が株式を保有するという変則的で異例な措置がとられた。右肩上がりの経済が続く中で、こうした株式保有のリスクは、バブル景気の崩壊まで顕在化しなかったが、平成に入って、株価が暴落を続ける中で、銀行の株式保有制限を行ってこなかった金融当局と株式保有を当然と考えていた銀行経営者は、深刻な事態に陥り、塗炭の苦しみに陥る。こうして失われた10年を通じて、日本は世界の金融界で存在感・発言権を失い、BIS規制や時価会計などを押し付けられ、金融や会計の面での敗戦国ともいうべき屈辱的な地位に甘んずることになる。(出典: 「時価会計不況」(田中弘: 新潮)「不思議の国の会計学」(田中弘: 税務経理協会)を参照)銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たフィレンツェ

    バンクという語はイタリア語のbanco(机、ベンチ)に由来する。これはフィレンツェの銀行家たちによってルネサンスの時代に使われた言葉で、彼らは緑色の布で覆われた机の上で取引を行うのを常としていた。ヨーロッパ最古の銀行は1406年(または1407年)にジェノヴァで設立されたサン・ジョルジョ銀行とされている。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たイタリア語

    バンクという語はイタリア語のbanco(机、ベンチ)に由来する。これはフィレンツェの銀行家たちによってルネサンスの時代に使われた言葉で、彼らは緑色の布で覆われた机の上で取引を行うのを常としていた。ヨーロッパ最古の銀行は1406年(または1407年)にジェノヴァで設立されたサン・ジョルジョ銀行とされている。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たケインズ政策

    増加した貨幣(預り証)の価値を保証しているのは、借手の返済力である。このため、借手の経営が危機に陥ると貨幣も信用を喪失した(金融危機)。そのため19世紀から20世紀初めまで、金融危機に端を発する恐慌が頻発した(1927年の日本における昭和金融恐慌など)。第二次大戦以降はケインズ政策の採用などもあり、先進資本主義国は恐慌を克服したとされていたが、近年のリーマン・ショックを端緒とする世界金融危機などが恐慌と表現されることもある。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た紙幣

    ゴールドスミスは、預けられた金を運用しても預金支払い不能にならないことを知り、貸し出し運用を開始した。この過程で生まれた預り証が兌換券としての紙幣である。紙幣(預り証)は金の預金証書であり、価値の裏づけがなされているから価値を持つことが出来た(金本位制も参照)。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たグラス・スティーガル法

    1929年の金融大恐慌を契機に、アメリカではグラス・スティーガル法が制定され、銀行による株式保有が禁止された。これは、預金通貨を発行する銀行が、価格変動のある株式を資産として保有すると、預金通貨の安定が損なわれるためである。しかしながら、日本では、戦後の財閥解体の結果、株式持ち株会社が禁止され、便宜的に銀行が株式を保有するという変則的で異例な措置がとられた。右肩上がりの経済が続く中で、こうした株式保有のリスクは、バブル景気の崩壊まで顕在化しなかったが、平成に入って、株価が暴落を続ける中で、銀行の株式保有制限を行ってこなかった金融当局と株式保有を当然と考えていた銀行経営者は、深刻な事態に陥り、塗炭の苦しみに陥る。こうして失われた10年を通じて、日本は世界の金融界で存在感・発言権を失い、BIS規制や時価会計などを押し付けられ、金融や会計の面での敗戦国ともいうべき屈辱的な地位に甘んずることになる。(出典: 「時価会計不況」(田中弘: 新潮)「不思議の国の会計学」(田中弘: 税務経理協会)を参照)銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たジェノヴァ

    バンクという語はイタリア語のbanco(机、ベンチ)に由来する。これはフィレンツェの銀行家たちによってルネサンスの時代に使われた言葉で、彼らは緑色の布で覆われた机の上で取引を行うのを常としていた。ヨーロッパ最古の銀行は1406年(または1407年)にジェノヴァで設立されたサン・ジョルジョ銀行とされている。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たイギリス

    北イタリアからバルト海にかけ、商人の経済活動が高度化してゆくなかで次第に金融に特化する商人が登場しはじめる。商業銀行と商社は業態的につながりが深いといわれており、英国ではマーチャント・バンクの伝統があり、これは交易商人たちが次第に金融に特化していったものである。日本の総合商社はマーチャントバンクに大変類似しているとも言われる。現在のような形態の銀行が誕生したのは、中世末期のイギリスにおいてである。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たデリバティブ

    この間、アメリカを中心にした金融工学やデリバティブの発達により、世界の金融界は、「統計学的分析によるリスク管理が、飛躍的なリスク管理の進歩を可能にした」という、一種の幻想に陥り、1999年の金融制度改革法の制定など、リスク軽視による規制緩和の方向に走る。これは、戦後においてモノづくりで日本に負けたアメリカが、1990年代においてITと金融自由化を重点におき、「間接金融から直接金融への転換」(金融ビッグバン)、円キャリー取引により日本から多額の資金を引き出し、世界で投機を行うことで金融覇権をめざすという、いわゆるグローバル資本主義(カジノ資本主義)の国家戦略の一環でもあった。しかしながら、そうしたリスクの商品化の結果、ブラックマンデー、アジア通貨危機、LTCM事件を経て、ついに2007年にはサブプライム問題が露呈し、アメリカを中心とした先進的と言われてきた金融システムが、極めて脆弱で愚かしい基盤の上に成り立っていたことが明確になり、アメリカの大手投資銀行、保険会社、住宅公社、大手地方銀行が軒並み巨額の不良債権を抱えて破綻し、欧州の銀行も、連鎖的に危機に陥り、世界は金融恐慌に陥っている。こうした中で、日本の銀行は、バブルの反省もあり、比較的傷が小さいことから、いまや国際的な地位は大きく逆転しており、日本の銀行の発言力が相対的に高まっている。(出典: 「カジノ資本主義 -- 国際金融恐慌の政治経済学」(スーザン・ストレンジ: 岩波書店)、「グローバル資本主義 - 危機か繁栄か」(ロバート・ギルビン: 東洋経済新報社)、「グローバル資本主義の暴走と民主主義の終焉」(水野和夫: 中央公論2008.2)、「2008年、連鎖する信用不安」(熊野英生: 中央公論2008.2)、「下村理論で現在を読めば財政均衡が最優先課題だ」(飯倉穣: 2008.2.12エコノミスト)、「アメリカニズムの終焉と世界不況」(佐伯啓思、堺屋太一2008.12中央公論)を参照)銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た証書

    ゴールドスミスは、預けられた金を運用しても預金支払い不能にならないことを知り、貸し出し運用を開始した。この過程で生まれた預り証が兌換券としての紙幣である。紙幣(預り証)は金の預金証書であり、価値の裏づけがなされているから価値を持つことが出来た(金本位制も参照)。銀行 フレッシュアイペディアより)

69件中 41 - 50件表示

「銀行業」のニューストピックワード