1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示
  • 銀行

    銀行から見た為替

    資金の貸し手と借り手の仲介をすることを「金融仲介」といい、銀行は預け入れられた資金(預金)を貸し出すことでこれを行っている(→「間接金融」)。銀行から貸し出された資金はやがて再び銀行に預けられ、その預金は再度貸し出しに回される。これが繰り返されることで銀行全体の預金残高が漸増することを「信用創造」という。銀行の預金はまた、財・サービスの取引にかかわる支払いと受け取りにも利用される。A社がB社から100万円の商品を購入し、B社がA社から40万円のサービスを受けた場合、銀行の預金口座ではA社の口座からB社の口座へ差額60万円の移動が行われるだけである。こういった「決済機能」も銀行の重要な機能の1つであり、「金融仲介機能」「信用創造機能」「決済機能」の3つを総称して銀行の3大機能という。これらの機能は銀行の主要業務である「預金」「融資」「為替」および銀行の信用によって実現されている。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たクレジット・デフォルト・スワップ

    いずれにせよ、銀行の基本は、一般企業のような「利益の拡大」ではなく「安定した預金通貨の発行」である。アメリカの金融システムは、リスク管理を過信すると同時に、株主資本主義の結果、自らの利益拡大を優先し、「安定した預金通貨の発行」のための「健全な資産の保有」という原則を軽視し、株式の保有やサブプライム商品、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)、またSIV(ストラテジック・インベストメント・ビークル)のような抜け道企業を通じたリスクの高い取引などを積極的に拡大した。これは「リスクなくしてリターン無し」という証券投資における現代ポートフォリオ理論にもとづく。しかし、これに経済学における完全競争市場モデルを加味すると、理論的には「リターン?リスク=ゼロ」になるまで競争は続くので「リスクをとって収益を得る」というビジネスモデルでは銀行は収益を得られず、経営は成り立たない。実際にも、過当競争の結果、理論値をさらに超えて、リターンを上回る過大なリスクをとってしまうという「リスクテイクバブル」を惹起し、これが相次ぐ欧米銀行破綻の原因となった。その意味で、今後は、取引先を適正に指導してリスクを軽減し、取引先の健全な発展のサポートをするという、「リスクの軽減」を基本とする本来の商業銀行のあり方に回帰することが必要である。今後銀行について考える際には、こうした銀行の本来業務は何かという議論が重要となるだろう。(出典: 「すべての経済はバブルに通じる」(小幡績: 光文社)、「なぜ、アメリカ経済は崩壊に向かうのか - 信用バブルという怪物」(チャールズ・R・モリス: 日本経済新聞社)、「強欲資本主義ウォール街の自爆」(神谷秀樹: 文書新書)を参照)銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た昭和金融恐慌

    増加した貨幣(預り証)の価値を保証しているのは、借手の返済力である。このため、借手の経営が危機に陥ると貨幣も信用を喪失した(金融危機)。そのため19世紀から20世紀初めまで、金融危機に端を発する恐慌が頻発した(1927年の日本における昭和金融恐慌など)。第二次大戦以降はケインズ政策の採用などもあり、先進資本主義国は恐慌を克服したとされていたが、近年のリーマン・ショックを端緒とする世界金融危機などが恐慌と表現されることもある。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た間接金融

    資金の貸し手と借り手の仲介をすることを「金融仲介」といい、銀行は預け入れられた資金(預金)を貸し出すことでこれを行っている(→「間接金融」)。銀行から貸し出された資金はやがて再び銀行に預けられ、その預金は再度貸し出しに回される。これが繰り返されることで銀行全体の預金残高が漸増することを「信用創造」という。銀行の預金はまた、財・サービスの取引にかかわる支払いと受け取りにも利用される。A社がB社から100万円の商品を購入し、B社がA社から40万円のサービスを受けた場合、銀行の預金口座ではA社の口座からB社の口座へ差額60万円の移動が行われるだけである。こういった「決済機能」も銀行の重要な機能の1つであり、「金融仲介機能」「信用創造機能」「決済機能」の3つを総称して銀行の3大機能という。これらの機能は銀行の主要業務である「預金」「融資」「為替」および銀行の信用によって実現されている。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た恐慌

    増加した貨幣(預り証)の価値を保証しているのは、借手の返済力である。このため、借手の経営が危機に陥ると貨幣も信用を喪失した(金融危機)。そのため19世紀から20世紀初めまで、金融危機に端を発する恐慌が頻発した(1927年の日本における昭和金融恐慌など)。第二次大戦以降はケインズ政策の採用などもあり、先進資本主義国は恐慌を克服したとされていたが、近年のリーマン・ショックを端緒とする世界金融危機などが恐慌と表現されることもある。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た為替取引

    概ね、預金の受入れと資金の貸出しを併せて行う業者として、各国において「銀行」として規制に服する金融機関。為替取引を行うことができ、銀行券の発行を行うこともある。米国や日本のように証券会社と区別する(銀証分離)国もあれば、欧州諸国のように区別しない(ユニバーサル・バンク)国もある。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見たリーマン・ショック

    増加した貨幣(預り証)の価値を保証しているのは、借手の返済力である。このため、借手の経営が危機に陥ると貨幣も信用を喪失した(金融危機)。そのため19世紀から20世紀初めまで、金融危機に端を発する恐慌が頻発した(1927年の日本における昭和金融恐慌など)。第二次大戦以降はケインズ政策の採用などもあり、先進資本主義国は恐慌を克服したとされていたが、近年のリーマン・ショックを端緒とする世界金融危機などが恐慌と表現されることもある。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た協同組織金融機関

    日本の法令上は、広義には銀行法上の銀行(普通銀行)と長期信用銀行法上の長期信用銀行の総称であり、狭義には前者のみを指すが、この場合も、外国銀行支店を含むときと含まないときがある。いずれにせよ、日本銀行や特殊銀行、協同組織金融機関などは含まない。銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行

    銀行から見た預貯金取扱金融機関

    最も広義には、中央銀行、特殊銀行などの政策金融機関、預貯金取扱金融機関などの総称。銀行 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示

「銀行業」のニューストピックワード