銀行間取引市場 ニュース&Wiki etc.

銀行間取引市場(ぎんこうかんとりひきしじょう、)とは、銀行のみが参加し短期資金や外貨を取引する市場のこと。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「銀行間取引市場」のつながり調べ

  • トゥモロー・ネクスト

    トゥモロー・ネクストから見たコール市場

    コール市場など、金融機関間の短期資金調達・運用に用いられる。(トゥモロー・ネクスト フレッシュアイペディアより)

  • 諸井春畦

    諸井春畦から見たコール取引

    上京して経済学を修め、日本初のビルブローカー業(コール取引、すなわち銀行間決済資金融資業務)を始めた。そのため、日本ビルブローカー業の創始者とされる。書の大家である西川春洞に学び、自身も書の大家となった。春畦(時三郎)の妻であるクラも西川春洞の門下生であり、号を華畦、夫婦共に書家であり、共に春洞門七福神の1人であった。1904年(明治37年)、豊道春海などと共に謙慎堂同窓会を結成。1906年(明治39年)頃、上京して来た誠二郎を養子として受け入れ、1911年(明治44年)には明治書道会を結成し、その会長となり、著書に『書法三角論』、『書家宝典』などがある。そのわずか8年後の1919年(大正8年)に、流行性感冒(スペインかぜ)のため東京日本橋濱町にて54歳で没した(兄弟の中でもかなり若い内に亡くなった)。墓所は埼玉県の安養院。安養院には、「春畦諸井先生碑」が置かれている。(諸井春畦 フレッシュアイペディアより)

「銀行間取引市場」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「銀行間取引市場」のニューストピックワード