銀行間取引市場 ニュース&Wiki etc.

銀行間取引市場(ぎんこうかんとりひきしじょう、別名インターバンク市場、)とは、銀行のみが参加し短期資金や外貨を取引する市場のこと。 (出典:Wikipedia)

「銀行間取引市場」Q&A

  • Q&A

    トランプ当選で、日本円は下落し、日本株は売られまくったのですか。バ韓国中央日報の経済…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月12日 16:51

  • Q&A

    22日のドル・円相場は、東京市場では100円10銭から100円72銭まで反発。欧米市…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月26日 19:57

  • Q&A

    1.民主党の林衆院議員は.世耕さんの奥さん? 別姓も良いなぁ.昔自民党議員の妻が共産…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年5月23日 14:57

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「銀行間取引市場」のつながり調べ

  • ミセスワタナベ

    ミセスワタナベから見たインターバンク市場

    2007年頃から、東京のインターバンク市場にて、為替相場の方向性が、昼をはさんで午後になると、相場を反転させる大きな要因はないにもかかわらず反対方向(主にドル買い)へ振れる現象がしばしば見られた。こうした状況が頻繁に起こったため、原因を探っていくと、主に日本の主婦やサラリーマンなどの個人のFX投資家が、昼休みを利用して一斉に円売り・ドル買いの注文を出していたことが判明。相場を左右させるほどの日本の個人投資家の資金力を世界に見せつけた。海外でよく知られた日本人を代表する姓「ワタナベ」から、イギリスの経済紙「エコノミスト」(2007年3月27日号」)で「ミセスワタナベ」という言葉が使われた。2002年から2005年までの3年間にFX取引で約4億円の所得を申告せずに約1億3000万円を脱税した所得税法違反容疑で東京都世田谷区の50代主婦が2007年に起訴されて有罪判決が言い渡される事件が報道されると、FX取引は日本の主婦の間でより大きな注目を集めるようになった。(ミセスワタナベ フレッシュアイペディアより)

  • 上田八木短資

    上田八木短資から見た銀行間取引市場

    インターバンク市場取引、オープン市場取引、レポ取引、投資信託の販売を主な業務としている。子会社に、外国為替ブローカーの上田ハーローがある。他にも、同じく外国為替ブローカーのトウキョウフォレックス上田ハーロー(上田ハーローと東短ホールディングスの共同子会社)がある。(上田八木短資 フレッシュアイペディアより)

「銀行間取引市場」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「銀行間取引市場」のニューストピックワード