前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • 昭和金融恐慌

    昭和金融恐慌から見た銀行間取引市場銀行間取引市場

    なお、台湾銀行はしばしば経営危機に瀕し都度日銀の特融や大蔵省預金部からの融資を仰いでいた。1920年代に入ると借入金への依存度が増し、特融・預金部の融資に加え、コール市場の融通金にも大きく依拠するようになっていた。昭和金融恐慌 フレッシュアイペディアより)

  • コール市場

    コール市場から見た銀行間取引市場銀行間取引市場

    コール市場 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパン・プレミアム

    ジャパン・プレミアムから見た銀行間取引市場銀行間取引市場

    1990年代にはいるとバブル景気が終焉し、それにより青天井に上昇していた地価が大幅に下落した。金融機関はバブル景気の時に不動産会社などに大量の資金を融資していたが、土地の価値が失われたため返済ができず債務不履行(デフォルト)や倒産が相次いだ。さらに無謀ともいえる海外投資の結果、大量の資金が海外へ流出したため日本の金融市場は著しい資金不足に陥ってしまう。その結果ショートによる破綻を回避しようと海外の銀行間取引市場(コール市場)へなだれ込み、資金調達を行なった。しかし日本の会計は取得原価主義であったため保有の資産が取得時の高値価格で記録されており、簿上の財務に隠された含み損に対し海外の金融市場は不信感を募らせ、日本の金融機関に対してのみ通常の金利よりより多くの金利を要求するようになった。ジャパン・プレミアム フレッシュアイペディアより)

  • スポット・ネクスト

    スポット・ネクストから見たコール市場銀行間取引市場

    コール市場、現先取引、レポ取引など、金融機関間の短期資金調達・運用に用いられる。スポット・ネクスト フレッシュアイペディアより)

  • トゥモロー・ネクスト

    トゥモロー・ネクストから見たコール市場銀行間取引市場

    コール市場など、金融機関間の短期資金調達・運用に用いられる。トゥモロー・ネクスト フレッシュアイペディアより)

  • 無リスク金利

    無リスク金利から見たコール市場銀行間取引市場

    コール市場、LIBORなど、銀行間取引の金利無リスク金利 フレッシュアイペディアより)

  • 外為ブローカー

    外為ブローカーから見たインターバンク銀行間取引市場

    外為ブローカー(がいためブローカー)は、銀行間外国為替取引市場(インターバンク)の仲介取引業者。外国為替ブローカー(がいこくかわせブローカー)とも呼ぶ。歴史上短資会社との関連が深い。外為ブローカー フレッシュアイペディアより)

  • フォレックス・ドットコム

    フォレックス・ドットコムから見たインターバンク銀行間取引市場

    ゲインキャピタル・ジャパン株式会社の親会社はゲインキャピタルホールディングス本社:米ニュージャージー州 英名:GAIN Capital Holdings, Inc.(以下米国ゲイン社)。1999年ウォール街のインターバンク経験者によって「マーケットに近い取引環境を一般投資家に提供する」ことを目的として設立された米国ゲイン社は、現在世界の140か国以上のファンドマネージャー、商品取引顧問業者(CTA)やプロのトレーダー等にサービスを提供している外国為替証拠金取引業者である。フォレックス・ドットコム フレッシュアイペディアより)

  • 日本共同証券

    日本共同証券から見たインターバンク銀行間取引市場

    当時、日経ダウ平均は1,200円の大台を割り込みそうになっていた。銀行は株を買い支えて株価を維持しようと考えていた。保有株式の担保価値が下落したら資産内容が悪くなるからであった。加えて長期信用銀行、特に日本興業銀行・日本長期信用銀行・日本不動産銀行を中心に発行されていた金融債は、証券会社を介し顧客に売られてなお引き渡されず(運用預かり)、証券会社がインターバンク市場から資金調達する際の担保に利用されていた。この長信三行は、金融債が証券不況の原因と市場に論じられてイメージダウンすることを恐れた。日本共同証券 フレッシュアイペディアより)

  • 諸井春畦

    諸井春畦から見たコール取引銀行間取引市場

    上京して経済学を修め、日本初のビルブローカー業(コール取引、すなわち銀行間決済資金融資業務)を始めた。そのため、日本ビルブローカー業の創始者とされる。書の大家である西川春洞に学び、自身も書の大家となった。春畦(時三郎)の妻であるクラも西川春洞の門下生であり、号を華畦、夫婦共に書家であり、共に春洞門七福神の1人であった。1904年(明治37年)、豊道春海などと共に謙慎堂同窓会を結成。1906年(明治39年)頃、上京して来た誠二郎を養子として受け入れ、1911年(明治44年)には明治書道会を結成し、その会長となり、著書に『書法三角論』、『書家宝典』などがある。そのわずか8年後の1919年(大正8年)に、流行性感冒(スペインかぜ)のため東京日本橋濱町にて54歳で没した(兄弟の中でもかなり若い内に亡くなった)。墓所は埼玉県の安養院。安養院には、「春畦諸井先生碑」が置かれている。諸井春畦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「銀行間取引市場」のニューストピックワード