51件中 21 - 30件表示
  • マネー・マネージメント・ファンド

    マネー・マネージメント・ファンドから見た銀行間取引市場銀行間取引市場

    日本円MMFは、基本的に債券の償還が長期ではない日本国債・普通社債(公社債)と、コマーシャルペーパーや無担保コール・譲渡性預金といった短期金融商品を組み入れ、基準価額が1口=1円(1万口=1万円)となるように運用される。マネー・マネージメント・ファンド フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン金融市場

    ロンドン金融市場から見たコール市場銀行間取引市場

    ロンドン金融市場は短期市場(貨幣市場)と長期市場(資本市場)とから成るが、前者が中心で、よく整備されていることが特徴的である。貨幣市場の主軸は手形割引市場であり、その担い手はまず割引商会(ディスカウント・ハウス)である。彼らは19世紀初頭の手形仲買人(ビル・ブローカー)に起源をもち、初めは単なる手形のブローカーであったが、1830年代頃から自己の勘定で内外手形を買い入れるディーラーに成長し、割引商会と呼ばれるようになった。オーバレンド・ガーニー商会などが有名であるが、21世紀初頭までにはロンドン割引市場協会加盟の少数有力会社がシンジケートを形成するようになった。彼らは1930年代から、大蔵省証券や短期政府債の取引も手がけてきた。割引商会はイングランド銀行に割引勘定を開設しているが、日常の資金源は市中預金銀行その他(内外銀行、保険会社、引受商会など)から借り入れる短資、すなわち1日ないし1週間の期限をもち、それ以後ならいつでも返還を請求しうるコール・マネーである。コール市場はロンドン貨幣市場の調節弁の機能をもち、その金利(コール・レート)は市況のバロメーターとなっている。ロンドン金融市場 フレッシュアイペディアより)

  • 金融市場

    金融市場から見た銀行間市場銀行間取引市場

    短期金融市場(マネー・マーケット)には、コール市場、手形市場、現先市場、CD市場、政府短期証券市場がある。コール市場と手形市場は、金融機関相互間におけるコール資金取引あるいは手形売買取引を通じて短期資金の貸借が行われる銀行間市場(インターバンク・マーケット)である。伝統的に短資市場とはこの両市場をさし、そこでは金融機関の支払準備の過不足の調整が行われる。これに対して現先市場とCD市場は、一般企業、機関投資家、非居住者も取引に参加しているので、公開市場(オープン・マーケット)である。政府短期証券市場は、アメリカ、イギリスではきわめて発達し、短期金融市場の中心になっているが、日本ではまだ十分に発達していない。なお、いわゆる長短金融市場とは、証券市場(キャピタル・マーケット)と短期金融市場(マネー・マーケット)を合わせて呼んだものである。金融市場 フレッシュアイペディアより)

  • 金融市場

    金融市場から見たコール市場銀行間取引市場

    短期金融市場(マネー・マーケット)には、コール市場、手形市場、現先市場、CD市場、政府短期証券市場がある。コール市場と手形市場は、金融機関相互間におけるコール資金取引あるいは手形売買取引を通じて短期資金の貸借が行われる銀行間市場(インターバンク・マーケット)である。伝統的に短資市場とはこの両市場をさし、そこでは金融機関の支払準備の過不足の調整が行われる。これに対して現先市場とCD市場は、一般企業、機関投資家、非居住者も取引に参加しているので、公開市場(オープン・マーケット)である。政府短期証券市場は、アメリカ、イギリスではきわめて発達し、短期金融市場の中心になっているが、日本ではまだ十分に発達していない。なお、いわゆる長短金融市場とは、証券市場(キャピタル・マーケット)と短期金融市場(マネー・マーケット)を合わせて呼んだものである。金融市場 フレッシュアイペディアより)

  • 高松相互銀行

    高松相互銀行から見たコール市場銀行間取引市場

    日本の金融史において歴史的といわれた当行との合併時、全国トップクラスの相互銀行であった兵庫相互銀行は、バブル時代に向かって成長の一途をたどる。80年代に入ると預金量と貸出量は増大し始め、1987年には預金量が1年に1兆円も増大し、1985年の資産1.8兆円、資本金110億円が、ピークの1990年3月にはそれぞれ4.4兆円の2.4倍、640億円の5.8倍へと急膨張、当時第二地方銀行最大手となった。1989年(平成元年)2月1日に普通銀行に転換すると、バブル景気もあって株価は5倍に高騰した。しかし、内情は1985年度から1994年度までの主要業種別の貸出件数は、製造が4000件弱が2000件強へと半減、卸小売飲食が9000件強からほぼ半減している。そして、1990年1月に始まる東証株価下落によりバブル崩壊が始まると、1992年6月には関連ノンバンクの経営悪化が表面化し、当行社長も務めた長谷川会長が引責辞任した。預金は最盛期の1991年3月につけた3.7兆円から、1992年3月には3.2兆円、1993年3月には2.4兆円と3/4にまで減少。株価も1/3に急落した。経営危機が公然化し資金不足は深刻化する事態となり、総資産の17%近くを日銀融資に保障されたコール市場から調達、さらには高金利の譲渡性預金をかき集め何とか資金の目途を付けていたものの、拡大路線により製造業や卸小売飲食といった地域の主要産業を放置して、不動産や株式投資に注力していたことでバブル期の貸出増加分がほぼ全て不良債権化したため、ここでも日本の金融史において歴史的といわれる戦後初の銀行破綻となってしまった。高松相互銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国通貨危機

    韓国通貨危機から見たインターバンク市場銀行間取引市場

    それに伴い、金融市場がクレジットクランチ(信用収縮)に見舞われると市場でドルの流通が滞り、インターバンク市場ではドル不足を招いた。韓国通貨危機 フレッシュアイペディアより)

  • 石川銀行

    石川銀行から見た銀行間取引市場銀行間取引市場

    県内金融機関の総融資量に占める石川銀行のシェアは、破綻前でも5%程度。4割を誇る北國銀行、2割の北陸銀行に大きく水をあけられ、脆弱な経営基盤であった。しかし金融自由化の進展で、コール市場からの資金調達が容易となり、潤沢になった資金は、必然的に基盤が弱い地元ではなく、東京等の県外に貸出先が向かった。手堅い小口案件よりも、1件あたりの融資額を増やす方針を採り、頭取のトップ営業が拍車をかけた。石川銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 徳陽シティ銀行

    徳陽シティ銀行から見たコール市場銀行間取引市場

    1994年4月20日、殖産銀行(現:きらやか銀行)と北日本銀行との3行合併を発表したが、北日本銀行の行員が?陽の抱える巨額の不良債権に強い懸念を抱いて合併は破談となった。1996年5月、大谷社長は相談役に退き、生え抜きの新井田時男専務が社長となるが、翌1997年11月26日、コール市場において資金調達ができず資金繰りに行き詰まり経営破綻した。同月には三洋証券(11月3日)、北海道拓殖銀行(11月17日)、山一證券(11月24日)と、金融機関の破綻が実に4件も相次いで起こるという、日本金融史上例を見ない「金融システム危機」の時期であった。徳陽シティ銀行 フレッシュアイペディアより)

  • マイナス金利

    マイナス金利から見たコール市場銀行間取引市場

    2003年(平成15年)6月25日、日本で金融機関同士が短期資金の貸し借りを行っている無担保コール市場で、史上初めてマイナス金利が発生し、その後も頻発した。マイナス金利 フレッシュアイペディアより)

  • 無担保コール翌日物

    無担保コール翌日物から見たコール市場銀行間取引市場

    無担保コール翌日物、無担保コールO/N物(むたんぽコールよくじつもの、)とは、日本の金融機関が、1年以下のいわゆる短期資金のやり取り(貸借)を行うコール市場において、無担保で借り約定した翌日に返済を行う際の金利のこと。短期金融市場の金利の一つ。無担保コール翌日物 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「銀行間取引市場」のニューストピックワード