35件中 21 - 30件表示
  • 兵庫銀行

    兵庫銀行から見たコール市場銀行間取引市場

    1990年1月に始まる東証株価下落により、バブル景気が崩壊へと向かった。1992年6月には関連ノンバンクの経営悪化が表面化し、長谷川は会長を引責辞任した。兵銀の預金は最盛期の1991年3月につけた3.7兆円から、1992年3月には3.2兆円、1993年3月には2.4兆円と3/4にまで減少。株価も1/3に急落した。経営危機が公然化し資金不足は深刻化する事態となり、総資産の17%近くを日銀融資に保障されたコール市場から調達、さらには高金利の譲渡性預金をかき集め何とか資金の目途を付けていたものの、もはや完全な死に体だった。兵庫銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国通貨危機

    韓国通貨危機から見たインターバンク市場銀行間取引市場

    それに伴い、金融市場がクレジットクランチ(信用収縮)に見舞われると市場からアメリカの通貨のドルの流通が滞り、インターバンク市場ではドル不足を招いた。韓国通貨危機 フレッシュアイペディアより)

  • 片岡直輝

    片岡直輝から見た銀行間取引市場銀行間取引市場

    1914年(大正3年)、大阪日々新聞に北浜銀行の経営放漫記事が掲載される。記事の内容はかなり誇張されたものであったが、全ての記事を荒唐無稽として排斥できない面もあったため、同年3月に取り付け騒ぎが起こる。最初の頃は、現在におけるコール市場より潤沢な資金が借りられたため大きな混乱は生じなかったが、日を追う毎に手形交換所を通じて巨額の引き出しをされるようになる。その動きを察知した直輝は渡辺千代三郎とともに、東京にあって未だ事情を知らない北浜銀行頭取岩下清周に無断で対策を講じる。まず取り付け騒ぎの原因となっている新聞記事の差し止めを求め大阪府知事や新聞社主宰と交渉し、その間に岩下へ電報を打電、急遽大阪に戻った岩下は自ら新聞社主宰を訪れ、記事停止の了解を得ることはできたが時既に遅く、その翌日には一時引き出しができない事態を生じる。北浜銀行に関係のある人々が急遽集められ対策を講じることとなったが、最初に支援を要請した藤田組の藤田男爵は先代の遺言により銀行と深い関わりを持つことを断られる。次の策として日本銀行支店へ北浜銀行の救済方法を相談すると、日銀本店に連絡し対策を講じてもらうこととなる。また24日、大阪手形交換所は大蔵大臣、日銀総裁に至急救援が必要との旨の陳情書を提出、大阪府知事からも救済を要請してもらう。同日中、日銀本店において北浜銀行を特別融通により救済することが決議されたが、この融通は300万円が限度とされ、わずか3日後には再び引き出しができなくなる。再度善後策を講じることになり渡辺が日銀支店に相談すると、日銀総裁と大蔵大臣が協議して北浜銀行重役が責任を負うならば必要資金を融通する用意があることを聞き出し、最も了解が得られにくいと思われた藤田男爵の了解を取り付けるべく、藤田男爵から最も信頼の厚かった谷口房藏に説得を要請、夜を徹して説得に当たった結果、藤田男爵家からの承諾を得ることができ、29日から引き出しが可能となった。岩下はこの責任を取り頭取を辞することになり、次の頭取を決めることになったが、岩下を北浜銀行から完全排除すべきという考えの重役が新頭取に杉村正太郎を立て重役会を刷新し、新体制で経営をスタートさせた。だが、それからすぐ同行名古屋支店において100万円の横領事件が発覚し、同年8月、臨時総会にて北浜銀行の事業継続は困難との理由を以て臨時休業を発表し解任を申し出る。このままでは銀行が破産してしまうため直輝は次の頭取を探すことになるが、なかなか良い人材は見つからなかった。同年11月、株式で成功していた高倉藤平が頭取になり北浜銀行は三度の出発となった。直輝がこの北浜銀行の危機に深く関わったのは、破綻が関西経済に容易ならざる悪影響を与えることもあったが、大阪電気軌道の経営破綻と、その先にある友人の大林芳五郎が社長を勤めた大林組の破綻があったからである。片岡直輝 フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン金融市場

    ロンドン金融市場から見たコール市場銀行間取引市場

    ロンドン金融市場は短期市場(貨幣市場)と長期市場(資本市場)とから成るが、前者が中心で、よく整備されていることが特徴的である。貨幣市場の主軸は手形割引市場であり、その担い手はまず割引商会(ディスカウント・ハウス)である。彼らは19世紀初頭の手形仲買人(ビル・ブローカー)に起源をもち、初めは単なる手形のブローカーであったが、1830年代頃から自己の勘定で内外手形を買い入れるディーラーに成長し、割引商会と呼ばれるようになった。オーバレンド・ガーニー商会などが有名であるが、21世紀初頭までにはロンドン割引市場協会加盟の少数有力会社がシンジケートを形成するようになった。彼らは1930年代から、大蔵省証券や短期政府債の取引も手がけてきた。割引商会はイングランド銀行に割引勘定を開設しているが、日常の資金源は市中預金銀行その他(内外銀行、保険会社、引受商会など)から借り入れる短資、すなわち1日ないし1週間の期限をもち、それ以後ならいつでも返還を請求しうるコール・マネーである。コール市場はロンドン貨幣市場の調節弁の機能をもち、その金利(コール・レート)は市況のバロメーターとなっている。ロンドン金融市場 フレッシュアイペディアより)

  • 石川銀行

    石川銀行から見た銀行間取引市場銀行間取引市場

    しかし金融自由化の進展で、コール市場からの資金調達が容易となり、潤沢になった資金は、必然的に基盤が弱い地元ではなく、東京等の県外に貸出先が向かった。手堅い小口案件よりも、1件あたりの融資額を増やす方針を採り、頭取のトップ営業が拍車をかけた。石川銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見たコール市場銀行間取引市場

    金利は大きく短期金利と長期金利に分けられる。1年未満の貸し出しに対する金利を短期金利といい、コールレート、政府短期証券、CDなどがあり、銀行預金利率の目安にもなっている。1年以上の金利は長期金利といい、新発10年物国債の利回りなどが指標となっており、住宅ローンや企業融資における金利の目安ともなっている。長期金利は短期金利より変動リスクの分高くなっていることが多く、将来の物価変動や経済の先行きなどが影響を与える。利子 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道拓殖銀行

    北海道拓殖銀行から見た銀行間取引市場銀行間取引市場

    1994年(平成6年)の預金額8兆7,000億円をピークに、経営不安の拡大により本州方面を中心に解約・流出が進んだ。1997年(平成9年)9月末には預金額は5兆9,000億円にまで落ち込んでいた。道銀との合併破談以降は再び経営不安が広がり、株価も倒産警戒水準といわれる100円を割ってしまった。さらに資金調達が難しくなり、他行に比べて極めて高い金利を付けていた大口定期預金や、コール市場より資金を集めることなどで何とかしのいでいた。末期の拓銀に資金を供給していた金融機関には、主幹事の山一證券も含まれていたが、山一も経営は苦しく拓銀の味方は消えていった。北海道拓殖銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 失われた10年

    失われた10年から見たコール市場銀行間取引市場

    特に、三洋証券はコール市場にてデフォルトを起こしたため、無担保コール市場が大混乱に陥った。これにより、金融市場は連鎖的な信用収縮を招き、事態は一気に金融恐慌の様相を呈していった。失われた10年 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見たコール市場銀行間取引市場

    企業の設備投資は抑制されて、雇用不安の高まりで個人消費は低迷した。バブルの崩壊で巨額のキャピタルロスを生み出した。三洋証券の経営破綻によるコール市場でデフォルトが発生して、コール市場への資金供給は縮小した。その後、企業や経済のシステムは、アメリカ一極体制を背景に根こそぎアメリカ型に変わり、1980年代のアメリカを襲った整理解雇が、<リストラ>や<ダウンサイジング>という雇用者による労働者の解雇を正当化した名前が普及して、1990年代以降の日本でも増加した。企業は投機の含み損により不良債権を抱え、不良債権処理の問題が発生した。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 銀行間取引

    銀行間取引から見た銀行間取引市場銀行間取引市場

    銀行間取引 フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示

「銀行間取引市場」のニューストピックワード