銃刀法違反 ニュース&Wiki etc.

銃砲刀剣類所持等取締法(じゅうほうとうけんるいしょじとうとりしまりほう、昭和33年3月10日法律第6号)は、銃砲・刀剣類の取締りを目的とした日本の法律である。略称は銃刀法。1958年3月10日公布、同年4月1日施行。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「銃砲刀剣類所持等取締法」のつながり調べ

  • 日本のペイントボール

    日本のペイントボールから見た銃刀法

    日本国での銃刀法改正後、日本国内でのペイントボールは世界規準に比べ弾速及び発射圧が改正銃刀法に見合ったものとなった。(日本のペイントボール フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀入院患者射殺事件

    佐賀入院患者射殺事件から見た銃砲刀剣類所持等取締法

    11月25日、組員の男が福岡県大野城市で銃刀法違反の疑いで逮捕された。組員の男は、女(当時44歳、後に共犯として逮捕)と共に事件を計画したが、誤情報により、被害者の病室に以前入院していた九州誠道会関係者と間違えて射殺したこと、道仁会会長殺害に対しての報復として実行したことを自供している。(佐賀入院患者射殺事件 フレッシュアイペディアより)

「銃砲刀剣類所持等取締法」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「銃刀法違反」のニューストピックワード