175件中 41 - 50件表示
  • 戸部警察署内被疑者死亡事件

    戸部警察署内被疑者死亡事件から見た銃刀法違反銃砲刀剣類所持等取締法

    1997年11月8日、銃刀法違反容疑により取り調べを受けていた55歳の金融業者の男性が、取調べ中の捜査官から証拠品として提示された拳銃とビニール袋に入った弾丸を用いて自らの左胸に発砲し貫通、約30分後に出血多量で死亡したとされる。この事件は死亡場所が取調室という特殊な環境だったために、他殺も疑われマスメディアに疑惑として大きく報じられた。また遺族が捜査官による発砲を疑い提訴を行ったが、最高裁判所において自殺説が確定した。戸部警察署内被疑者死亡事件 フレッシュアイペディアより)

  • 波谷守之

    波谷守之から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    同年8月31日午後9時過ぎ、阿倍野署の刑事2人は、波谷守之を殺人・銃砲刀剣類所持等取締法違反・火薬取締法違反容疑で逮捕した。波谷守之 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次松山抗争

    第1次松山抗争から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    午後2時35分頃、末崎康雄が、阿部を連れ、ライフル銃1丁、猟銃1丁、拳銃1丁を持って、東雲ビルから投降。警察は末崎を殺人未遂及び銃砲刀剣類所持等取締法違反で緊急逮捕した。警察は阿部に任意同行を求め、不合法監禁の被害者としての取り調べた。片岡正市が警察隊に午後3時15分までに全員を連れて投降する旨を伝えた。第1次松山抗争 フレッシュアイペディアより)

  • マルシン工業 (トイガンメーカー)

    マルシン工業 (トイガンメーカー)から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    マルシン工業は長らく日本遊戯銃協同組合 (ASGK) に加盟していたが、2006年の銃刀法改正に伴いASGKを脱退。翌年2007年2月27日に全日本トイガン安全協会 (STGA) を立ち上げ、会長を務めている。マルシン工業 (トイガンメーカー) フレッシュアイペディアより)

  • 黒須成美

    黒須成美から見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    つくば秀英高等学校在学中であった北京オリンピックの予選である2007年のアジア選手権は、東京の馬事公苑で開催されることから銃刀法の問題により出場が危ぶまれたものの、父秀樹の奔走により特例で出場が決まった。だが、馬術競技で時間切れとなるなど16位に終わり、日本女子初のオリンピック近代五種競技出場はならなかった。黒須成美 フレッシュアイペディアより)

  • 八王子通り魔事件

    八王子通り魔事件から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    2008年8月12日、被疑者は殺人罪と殺人未遂罪と銃砲刀剣類所持等取締法違反で起訴された。八王子通り魔事件 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の日本競馬

    2002年の日本競馬から見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    1月18日、JRAは、覚せい剤取締法違反及び銃刀法違反で執行猶予つきの有罪が確定している田原成貴元調教師に対し、2017年1月18日まで向こう15年間、競馬への関与(トレーニングセンター及び開催中の競馬場への立入等)禁止処分を科した。2002年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 石原伸司

    石原伸司から見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    15歳でチンピラとなり、22歳で山口組系の幹部に目をかけられ組員となる。組員時代は恐喝、銃刀法違反、傷害など犯罪を重ね、大阪刑務所をはじめ、宮城刑務所、府中刑務所と刑務所で30年近くに渡り服役する。服役中は、少年時代に養ってもらった女性の言葉が脳裡から離れず、1日2時間本を読んだり文章を書いたり独学で勉強をした。石原伸司 フレッシュアイペディアより)

  • モデルガン

    モデルガンから見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    モデルガン (Model gun) とは、銃器の外観や機構を模した遊戯銃(トイガン)の一種で、弾丸を発射する機能を持たないものをいう。プラスチック製弾丸の発射機能を持つエアソフトガンは銃器の外観を模したものであってもモデルガンの範疇に含めないが、報道などでは同一に扱われることが多い。日本では銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)により、特に金属製のものについては材質や構造、色などに厳しい制限が加えられている。 "Model gun" は和製英語であり、英語では火薬(玩具煙火)を使用するトイガンを "Cap gun" (キャップガン)と呼ぶ。モデルガン フレッシュアイペディアより)

  • モーゼルHSc

    モーゼルHScから見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    モデルガン界では1968年(昭和43年)よりMGCがタニオ・アクション式(当時は、スライド・アクションと呼ばれていた。モデルガンの項目を参照。ただし従来のスライドアクションと違い、ハンマーのダブルアクション機構を利用した形式で、部品構成は従来のスライドアクションモデルよりも実銃に近づいていた)という作動方式のモデルガンと、シングル・ダブルのハンマーアクションを再現したスタンダードアクションのモデルガンを製造し販売していた。モデルガン化されたHScは、このMGCと外見だけコピーしスライドアクション(MGC PPKのコピー)の国際産業(後にコクサイ)の2社3機種だけである。52年規制後もMGCのタニオ式は銃身分離形式でありながら細々と流通を続け、実際に生産が中止になったのは1983年であったが1984年まで専門誌の広告に載っていた事が確認されている。皮肉なことに内部構造の再現度の低い国際のモデルガンの方が残っている物が少ない為か希少価値があるようだ。中古のモデルガンも専門店では非売品で一応展示されている模様(SMG-1977年12月1日に施行された銃刀法に基づくモデルガン規制に対応ではないので売買は違法になる)。MGC製は合法品で売買出来る物もあるが、あくまでもSMG刻印がスライドにある物のみなので、購入の際は注意が必要である。箱入りの極上品は高値で売買されている。なお1980年代後半よりレプリカ(現 マルシン)によって、ABS製の固定スライドのガスガンが販売された(写真)。模型としての再現度はモデルガンより劣るものの、安価なうえ形と大きさを知る手がかりとしては充分なものである。モーゼルHSc フレッシュアイペディアより)

175件中 41 - 50件表示

「銃刀法違反」のニューストピックワード