242件中 51 - 60件表示
  • ブラックニンジャソード

    ブラックニンジャソードから見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    京都市の業者が販売目的で所有していたとして摘発され、この業者は「鉈の一種であるから、そのように扱って合法的に輸入した」と主張。さらに、高知県高知市の輸入雑貨販売会社がブラックニンジャソードを輸入し、所持・販売していたことで女社長と取締役の夫の2人が銃刀法違反の疑いで逮捕され、裁判となった。雑貨店側は「通関が適法と判断したので問題ないはずである。通関の通過が適法性の指標で無いなら円滑かつ合法的な商業活動が行えない」と主張したが、検察側は「雑貨店側は通関させ易くするために書類の輸入品目を不当に記述した形跡がある」「鋼製の刃物であり、殺傷力がある」と主張した。京都地裁は高知市内の雑貨店の裁判で「通関の通過は物品の合法性の証明とならない」として雑貨店側の有罪を認めた。ブラックニンジャソード フレッシュアイペディアより)

  • ブラックニンジャソード

    ブラックニンジャソードから見た銃刀法違反銃砲刀剣類所持等取締法

    本来は刀剣コレクター向けにアメリカで製造されたもので、日本では輸入されて専門店で販売されていた。現在は輸入禁止となっており、無許可で所持した場合は銃刀法違反にあたる。ブラックニンジャソード フレッシュアイペディアより)

  • 第1次松山抗争

    第1次松山抗争から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    午後2時35分頃、末崎康雄が、阿部を連れ、ライフル銃1丁、猟銃1丁、拳銃1丁を持って、東雲ビルから投降。警察は末崎を殺人未遂及び銃砲刀剣類所持等取締法違反で緊急逮捕した。警察は阿部に任意同行を求め、不合法監禁の被害者としての取り調べた。片岡正市が警察隊に午後3時15分までに全員を連れて投降する旨を伝えた。第1次松山抗争 フレッシュアイペディアより)

  • 黒須成美

    黒須成美から見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    つくば秀英高等学校在学中であった北京オリンピックの予選である2007年のアジア選手権は、東京の馬事公苑で開催されることから銃刀法の問題により出場が危ぶまれたものの、父秀樹の奔走により特例で出場が決まった。だが、馬術競技で時間切れとなるなど16位に終わり、日本女子初のオリンピック近代五種競技出場はならなかった。黒須成美 フレッシュアイペディアより)

  • 20面相におねがい!!

    20面相におねがい!!から見た銃刀法違反銃砲刀剣類所持等取締法

    『破軍星戦記』の登場人物で、高等部新任数学教師。妖刀『村雨丸』を操るが、銃刀法違反で逮捕された。20面相におねがい!! フレッシュアイペディアより)

  • モデルガン

    モデルガンから見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    モデルガン (Model gun) とは、銃器の外観や機構を模した遊戯銃(トイガン)の一種で、弾丸を発射する機能を持たないものをいう。プラスチック製弾丸の発射機能を持つエアソフトガンは銃器の外観を模したものであってもモデルガンの範疇に含めないが、報道などでは同一に扱われることが多い。日本では銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)により、特に金属製のものについては材質や構造、色などに厳しい制限が加えられている。 "Model gun" は和製英語であり、英語では火薬(玩具煙火)を使用するトイガンを "Cap gun" (キャップガン)と呼ぶ。モデルガン フレッシュアイペディアより)

  • ウィンチェスター・リピーティングアームズ

    ウィンチェスター・リピーティングアームズから見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    1960年代には旧来の元折式やレバーアクション式よりモダンな型式であるレミントンのポンプアクション散弾銃M870や、ボルトアクションライフルのM700との価格競争で圧され始め、米国内の製造工場でも人件費の高騰やストライキに悩まされ、低迷期に入る。この時期、ウィンチェスターは人件費が安く技術力の素地がある世界各国の銃器メーカーにライセンス生産を委託する事で生き残りを模索し始め、極東方面では1961年に日本国内でニッコーブランドを展開していた晃電社(ニッコーアームズ)と、ウインチェスター子会社で弾薬・商標権管理を担当していたオリン・コーポレーションの50%出資でウインチェスターブランドの元折散弾銃をOEM製造するオリン晃電社を設立している。しかし、1963年から1964年に掛けて殆どの製品ラインナップで大規模なモデルチェンジを断行、構造面でも最終仕上げでも全体的に品質が落とされたこのモデルチェンジは極めて不評で、ウィンチェスターM70では1964年以前の銃をプレ64と称して珍重する風潮さえも生まれた。1980年代には人件費に起因する業績の低迷が極致に達し、1981年には米国内のウインチェスター直営工場を子会社のU.S.リピーティング・アームズへ売却した。オリン・コーポレーションはこの間も一貫してウインチェスターブランドの商標権を保持し続けていたが、日本のオリン晃電社は1979年の銃刀法規制強化に伴う日本国内の銃器販売数半減の影響で、親会社の晃電社が1981年に整理会社となり、実質的な製造能力を失ってしまう。U.S.リピーティング・アームズの米国内製造部門も1989年にはベルギーのFNハースタルに買収された。ウィンチェスター・リピーティングアームズ フレッシュアイペディアより)

  • ステージガン

    ステージガンから見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    ステージガンとは、映画や演劇等で使用する小道具としての銃砲である。おおよそモデルガンや、国によっては日本国の銃刀法で定義される「模造銃」と同種のものと考えて良い。国によって利用できるステージガンの種類や機能がその国の銃器に関する法律に比例するため、様々な形態の物がある。ステージガン フレッシュアイペディアより)

  • 竹光

    竹光から見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    模造刀(模擬刀)店で市販されているが、銃刀法上の「模造刀剣類」とは金属の刀身を用いた模造品を指し、竹光は含めない。竹光 フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・コムズ

    ショーン・コムズから見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    コムズは数々のスキャンダルの持ち主でもある。1999年12月、マンハッタンのナイトクラブ、クラブ・ニューヨークで銃撃事件が起きたとき、コムズと当時のガールフレンド、ジェニファー・ロペスが現場にいた。警察の調査の後に、コムズと仲間のMC Shyneは銃刀法違反などで逮捕される。この事件は免罪となったものの、ほかにも数多くの事件で告訴されたことがある。ショーン・コムズ フレッシュアイペディアより)

242件中 51 - 60件表示