175件中 51 - 60件表示
  • ブラックニンジャソード

    ブラックニンジャソードから見た銃刀法違反銃砲刀剣類所持等取締法

    本来は刀剣コレクター向けにアメリカで製造されたもので、日本では輸入されて専門店で販売されていた。現在は輸入禁止となっており、無許可で所持した場合は銃刀法違反にあたる。ブラックニンジャソード フレッシュアイペディアより)

  • ブラックニンジャソード

    ブラックニンジャソードから見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    京都市の業者が販売目的で所有していたとして摘発され、この業者は「鉈の一種であるから、そのように扱って合法的に輸入した」と主張。さらに、高知県高知市の輸入雑貨販売会社がブラックニンジャソードを輸入し、所持・販売していたことで女社長と取締役の夫の2人が銃刀法違反の疑いで逮捕され、裁判となった。雑貨店側は「通関が適法と判断したので問題ないはずである。通関の通過が適法性の指標で無いなら円滑かつ合法的な商業活動が行えない」と主張したが、検察側は「雑貨店側は通関させ易くするために書類の輸入品目を不当に記述した形跡がある」「鋼製の刃物であり、殺傷力がある」と主張した。京都地裁は高知市内の雑貨店の裁判で「通関の通過は物品の合法性の証明とならない」として雑貨店側の有罪を認めた。ブラックニンジャソード フレッシュアイペディアより)

  • 田中清玄銃撃事件

    田中清玄銃撃事件から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    その後、丸の内警察署は背後関係を疑い、町井久之を銃砲刀剣類所持等取締法で別件逮捕した。だが、背後関係までは立件できなかった。結局、町井は起訴されなかった。田中清玄銃撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • 東富士演習場違法射撃事件

    東富士演習場違法射撃事件から見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    正当な理由なしに立入制限区域に民間人を立ち入らせたこと(東富士演習場は富士総合火力演習開催時や入会権を有する者を除き、駐屯地同様に部外者の立入を禁止している)及び自衛隊の保有する武器を使用した行為が自衛隊法違反であったものの、組織ぐるみの隠蔽工作により立件されなかったこと、部内の秩序維持を任務とする警務隊も適切な捜査を行わなかったことが後に発覚。5年後の2000年(平成12年)3月、当事者は銃刀法違反で東部方面警務隊に逮捕・起訴され、懲戒免職となった。東富士演習場違法射撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • ガンロッカー

    ガンロッカーから見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    ガンロッカーとは、銃(火器)を収納するためのロッカー(鍵のついた戸棚)である。日本において銃は銃砲刀剣類所持等取締法(通称:銃刀法)の制限を受ける関係で、猟銃の所持にあっては都道府県公安委員会の許可制であるほか、所有する銃器はこのガンロッカーに保管され、盗難などによって犯罪に悪用されないように管理する必要がある。ガンロッカー フレッシュアイペディアより)

  • 射撃

    射撃から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    日本では銃刀法により、民間人の銃砲の所持が厳しく制限されており、所持できるのは猟銃(ライフル銃、散弾銃) 空気銃(ライフル銃) 空気けん銃(法的には空気銃には含まれない) けん銃(標的射撃目的に限る)である。猟銃や空気銃を所持する場合は標的射撃、狩猟、有害鳥獣駆除を目的とする所持許可申請に対してのみ許可される。射撃 フレッシュアイペディアより)

  • 射撃競技

    射撃競技から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    銃規制の厳しい日本では諸外国に比べ普及率は決して高いとは言えないが当然国内でも行われている。専用の射撃場もそれなりの数があり、年齢、性別を問わず楽しんでいる人も多い。ただし、日本の銃刀法があるので、クレー射撃に使う散弾銃を所有するためには、それなりの手続きが必要である。警察の窓口で申し込み、初心者講習会・教習射撃の受講、銃の申請をし、公安委員会から所持許可を得て、保管用ロッカー等を整えた後に所有することになる。さらに、精神状態等についての定められた条件も満たしている必要がある。射撃競技 フレッシュアイペディアより)

  • 玖珠駐屯地武器亡失事件

    玖珠駐屯地武器亡失事件から見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    2008年8月、高鍋町在住の元自衛官が2007年12月に町内のパチンコ店へ侵入を図ったとして、建造物侵入未遂・器物損壊の容疑で逮捕される。元自衛官は武器が紛失した部隊に所属していた元隊員(元2等陸曹・2006年3月退職)で、捜査過程で本事件への関与を大筋で認めたため、同年9月、大分・宮崎県警合同捜査本部及び陸上自衛隊警務隊は、元隊員を銃刀法違反などの容疑で再逮捕。持ち出された武器類は分解投棄された小銃を除きすべて回収された。玖珠駐屯地武器亡失事件 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田兼吉

    桑田兼吉から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    同年12月26日、東京都港区六本木の路上で、車で走行中の桑田兼吉一行が警視庁の検問を受けた。桑田兼吉の後続車両の配下組員の車から拳銃が出てきたことから、配下組員は銃砲刀剣類所持等取締法違反の現行犯で逮捕されると共に、桑田も拳銃の共同所持容疑で現行犯逮捕された。桑田兼吉 フレッシュアイペディアより)

  • 泳がせ捜査

    泳がせ捜査から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    銃刀法第31条の17では銃刀法違反を犯す意思をもって拳銃や拳銃実包や拳銃部品として交付された物品(すり替えによる偽物)や取得した物品を輸入、所持、譲り渡し等をすることを罪とするなど、クリーン・コントロールド・デリバリーによる立件を可能となっている。泳がせ捜査 フレッシュアイペディアより)

175件中 51 - 60件表示

「銃刀法違反」のニューストピックワード