242件中 61 - 70件表示
  • 八王子通り魔事件

    八王子通り魔事件から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    2008年8月12日に男は殺人罪と殺人未遂罪と銃砲刀剣類所持等取締法違反で起訴された。八王子通り魔事件 フレッシュアイペディアより)

  • 清水亘

    清水亘から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    1951年2月8日に大村秀則、荒原朴水(大日本国民党)が催した『全国愛国者団体懇親会』に、福田素顕(防共新聞)、赤尾敏(大日本愛国党)、津久井龍雄(急進愛国党)ら有力者の末席に名を連ね、活動を本格化したものの、1952年2月25日に清水が改造拳銃所持・使用の銃刀法違反で懲役8ヶ月の実刑判決を受け、更に1957年5月1日には大日本独立青年党主催の会合に警察が突入、参加者の石井一昌(護国青年団)ら7名が銃刀法違反等で摘発される騒ぎを起こし、再度窮地に立たされた。清水亘 フレッシュアイペディアより)

  • 武装

    武装から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    一般においての武装については、日本国内では銃刀法、並びに凶器準備集合罪に基づき、個人および警備についての過剰な武装が規制されている。しかしながら、日本も含めて世界の歴史を見ると、民衆が武器をとって時の支配者の圧政に立ち向かった事例も多くあり、こういった民衆の武装および反乱を武装蜂起と呼ぶ。武装 フレッシュアイペディアより)

  • 凶器

    凶器から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    拳銃等所持罪(銃刀法第31条の3第1項) - 「拳銃等を所持した行為」について、1年以上10年以下の懲役に処する。凶器 フレッシュアイペディアより)

  • カッターナイフ

    カッターナイフから見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    カッターナイフの所持が銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)違反に問われることがある。オウム真理教事件の際の現行犯逮捕理由としてのものがよく知られる。それ以外にも事例は数多く存在し、実際に有罪判決が下された事例もある。他の犯罪を伴わずカッターナイフの所持のみで起訴・有罪となった例として京都地裁平成19年11月9日判決が挙げられる。カッターナイフ フレッシュアイペディアより)

  • レイモンド (漫画)

    レイモンド (漫画)から見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    未来の護身グッズ。人に向けるとその人は死ぬ。日本では当然銃刀法違反なので、出した直後にレイモンドは待ち構えていた警察に連行される。レイモンド (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 審理 (映画)

    審理 (映画)から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    題材としている裁判上の主要争点は、殺人を犯した被告人側に正当防衛が適用できるか否かである。なお、罪名は「殺人及び銃砲刀剣類所持等取締法違反」である。審理 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 銃剣

    銃剣から見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    銃剣は武器等製造法により法規制の対象となっており、経済産業大臣の許可なく製造することはできない。外国製銃剣の輸入もまた、禁止されている。武器等製造法では販売流通が規制されているが、その一方で個人の単純所持自体には言及している条文は見当たらない。刀剣類の単純所持は銃刀法で規制されているが、こちらには銃剣や着剣装置を直接規制する条文が存在せず、銃剣が刀剣類にあたるかどうかは不透明である。よって、既に所持している物品の単純所持そのものが禁止されていると断言するには若干難しいものがある。銃剣 フレッシュアイペディアより)

  • 厚真猟銃事件

    厚真猟銃事件から見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    事件現場は厚真町市街地から約10kmの場所で、道道235号線から延びる町道沿いの民有林。町道に沿って知決辺川が流れ、付近には民家も点在している。付近は狩猟が可能な区域であるものの、人や自動車が行き来きする公道上からの発砲は銃刀法により禁止されている。厚真猟銃事件 フレッシュアイペディアより)

  • アーミーナイフ

    アーミーナイフから見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    アーミーナイフを日常的に持ち歩くことは、日本国内では『正当な理由』が無い場合、違法と警察官が判断する可能性がある。アーミーナイフの刃渡りは、概ね5 - 6 cm程度もしくはそれ以下なので、日本でも銃砲刀剣類所持等取締法第2条2項「刃渡り6センチメートル以上を有するナイフなどを正当な理由なく持ち歩いてはならない」に関しては問題ないが、軽犯罪法第1条第1項の「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者は、拘留または科料に処する」に、また多くの都道府県の迷惑防止条例では、「何人も、公共の場所又は公共の乗物において、正当な理由がないのに、刃物、鉄棒、木刀その他人の身体に危害を加えるのに使用されるような物を、公衆に対し不安を覚えさせるような方法で携帯してはならない」に、それぞれ抵触する可能性がある。アーミーナイフ フレッシュアイペディアより)

242件中 61 - 70件表示