242件中 71 - 80件表示
  • アーミーナイフ

    アーミーナイフから見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    東日本大震災の被災地・宮城県仙台市若林区において、がれきの撤去作業を行っていたボランティアが、宮城県警察の応援で派遣されていた警視庁の警察官による職務質問で、刃渡り8.9センチメートルの十徳ナイフを持っていたことが判明、所持に正当な理由がないと警察官に判断され、仙台南警察署に連行され、銃刀法違反で約3時間に渡り事情聴取を受け、十徳ナイフを一時没取され、弁護士と共同で警察に抗議し、十徳ナイフが返却された。アーミーナイフ フレッシュアイペディアより)

  • 日本鯨類研究所

    日本鯨類研究所から見た銃刀法違反銃砲刀剣類所持等取締法

    ・傷害罪・威力業務妨害罪・器物損壊罪・銃刀法違反の容疑で逮捕、同年4月2日、東京地方検察庁が東京地方裁判所に起訴した。日本鯨類研究所 フレッシュアイペディアより)

  • カラーガード

    カラーガードから見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    アメリカでは国旗・州旗・団体旗(法執行機関や軍)の三旗の旗手1人ずつと、護衛の小銃手2名の5人編成であることが多いが、日本ではマーチングバンドの多くが学校教育の一環である部活動として行われていることから、武器に由来する手具の導入には消極的で、フラッグを中心とした演技が主流になっている。アメリカで使用されているセイバー(サーベル)は、日本では模造刀に該当することから銃刀法の規制対象となり使用が規制されたこともあったが、現在はアルミ製に限り使用が許可されている。カラーガード フレッシュアイペディアより)

  • シティアドベンチャー

    シティアドベンチャーから見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    現代日本を舞台にしているTRPGでは、シティアドベンチャーがシナリオの定番になることが多い。だが、いかなる理由があっても殺傷行為が明確な犯罪となる現代日本を舞台にしている限り「街中における人前での戦闘行為」がシナリオに組み込みにくくなるという問題が発生する。特に日本では銃刀法があるため、リアリズムの見地から考えるとプレイヤーキャラクターが武器を装備しているだけでも逮捕される可能性がある。現代日本を舞台にしたゲームにおいてこの問題を解決するためにどのような手法をとっているかを見れば、そのゲームの方向性(プレイスタイル)が見える。シティアドベンチャー フレッシュアイペディアより)

  • スペツナズ・ナイフ

    スペツナズ・ナイフから見た銃刀法銃砲刀剣類所持等取締法

    日本国内では銃刀法に抵触する可能性が高いとして規制の対象であったが、2003年頃まではスプリングと本体を別にし、「ナイフの部品」として規制を免れ、Yahoo!オークションや雑誌などで販売されていた。2009年以降では改正銃刀法により規制されている「刃渡り5.5cm以上の剣(ダガーナイフなど両側に刃がついた刃物)」に明確に抵触するため、所持・販売は違法となる。スペツナズ・ナイフ フレッシュアイペディアより)

  • 麻酔銃

    麻酔銃から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    日本国内では、麻酔銃が飛翔体を飛ばす「銃」に該当するため銃砲刀剣類所持等取締法の規制対象となり、使用するためには銃砲所持許可が必要である。さらに現在ではケタミン使用のために麻薬研究者などの許可が必要となる。銃を扱える上に、麻酔薬の知識を持つ必要があるため、麻酔銃を使用できる立場にあるのはごく一部の人(実用的にはほぼ獣医師)に限られており、大型動物が暴れた場合、麻酔銃を使用できる人の到着に時間がかかる。そのため、大型動物が人を襲いかねない状況下では、通報で駆けつけた警察官の発砲による殺処分を迫られる事態が多発している。麻酔銃 フレッシュアイペディアより)

  • 第一次頂上作戦

    第一次頂上作戦から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    1969年3月、山本健一、東徳七郎ら山健組組員5人が銃砲刀剣類所持等取締法違反で逮捕された。山本の舎弟・尻池実や松下靖男ら山健組組員4人が指名手配された。第一次頂上作戦 フレッシュアイペディアより)

  • ハイウェイパトロールマン41マグナム

    ハイウェイパトロールマン41マグナムから見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    1971年(昭和46年)に銃砲刀剣類所持等取締法が改正され、「銃口が開いている金属製で黒色のモデルガン」の所持が禁止されてしまったため、以後、日本ではモデルガンは主な材質を亜鉛合金からプラスチック(ABS)製に変更して発売された。ハイウェイパトロールマン41マグナム フレッシュアイペディアより)

  • 波谷守之

    波谷守之から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    同年8月31日午後9時過ぎ、阿倍野署の刑事2人は、波谷守之を殺人・銃砲刀剣類所持等取締法違反・火薬取締法違反容疑で逮捕した。波谷守之 フレッシュアイペディアより)

  • 町井久之

    町井久之から見た銃砲刀剣類所持等取締法銃砲刀剣類所持等取締法

    同年11月9日午後6時9分ごろ、東京会館の前の路上で、東声会組員・木下陸男が、東京会館で行われた出版記念祝賀会から帰る途中だった田中清玄を銃撃した。警察は背後関係を疑い、町井を銃砲刀剣類所持等取締法で別件逮捕したが、背後関係までは立件できなかった。結局、町井は起訴されなかった(田中清玄銃撃事件)。町井久之 フレッシュアイペディアより)

242件中 71 - 80件表示

「銃刀法違反」のニューストピックワード