78件中 11 - 20件表示
  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た内閣府

    「銃砲」とは、けん銃、小銃、機関銃、砲、猟銃その他金属性弾丸を発射する機能を有する装薬銃砲及び空気銃をいう。ただし、ここでいう空気銃とは、圧縮した気体を使用して弾丸を発射する機能を有する銃のうち、内閣府令で定めるところにより測定した弾丸の運動エネルギーの値が、人の生命に危険を及ぼし得るものとして内閣府令で定める値以上となるものをいう(2条1項)。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見たカッターナイフ

    が定められている。いわゆる市販のカッターナイフは、製品により新品状態で刃渡り8ないし9センチ程度あり、かつ22条但し書き及び施行令第9条にいう「携帯が認められるもの」には含まれないため、「業務その他正当な理由による」ことなく携帯しているばあい、第22条に抵触するので注意が必要である。詳細はカッターナイフも参照。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見たはさみ

    第22条に「業務その他正当な理由による場合を除いては、内閣府令で定めるところにより計った刃体の長さが6センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない。ただし、内閣府令で定めるところにより計った刃体の長さが8センチメートル以下のはさみ若しくは折りたたみ式のナイフ又はこれらの刃物以外の刃物で、政令で定める種類又は形状のものについては、この限りでない。」と規定され、これに違反した者には、第31条の18第3号により2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられることとなっている。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た公安委員会

    銃砲・刀剣類の所持は、厳格な基準を満たした上で、所持しようとする銃砲又は刀剣類ごとに、その所持について、住所地を管轄する都道府県公安委員会の許可を受けなければならない。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た拳銃

    「銃砲」とは、けん銃、小銃、機関銃、砲、猟銃その他金属性弾丸を発射する機能を有する装薬銃砲及び空気銃をいう。ただし、ここでいう空気銃とは、圧縮した気体を使用して弾丸を発射する機能を有する銃のうち、内閣府令で定めるところにより測定した弾丸の運動エネルギーの値が、人の生命に危険を及ぼし得るものとして内閣府令で定める値以上となるものをいう(2条1項)。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た大礼服

    銃砲・刀剣類の所持規制は明治時代から行われ、「銃砲火薬類取締法」(明治43年法律第53号)において、銃砲類の市販製造は政府への登録制とし許可無く所持することが禁止されていた。また、刀剣類についても廃刀令、帯刀禁止令(明治9年太政官布告第38号)により大礼服着用者・軍人・警察官以外の帯刀は禁止されていた。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た拘留

    なお、軽犯罪法第1条第2号に「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者」について、拘留または科料に処せられる事となっている。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た

    「刀剣類」とは、刃渡り15cm以上の刀、やり及びなぎなた、刃渡り5.5cm以上の、あいくち並びに45度以上に自動的に開刃する装置を有する飛び出しナイフをいう。ただし、ここでいう飛び出しナイフには、一般の飛び出しナイフのうち、刃渡り5.5cm以下で、開刃した刃体をさやと直線に固定させる装置を有せず、刃先が直線であってみねの先端部が丸みを帯び、かつ、みねの上における切先から直線で1cmの点と切先とを結ぶ線が刃先の線に対して60度以上の角度で交わるものは含まれない(2条2項)。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た独占

    暴力の独占 - マックス・ヴェーバーが自著・『職業としての政治』にて唱えた、主権国家の定義。近現代(近代・現代)において、対内的に警察、対外的に軍隊など、いわゆる暴力装置を主権国家が独占している状態を指す。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た抗争事件

    当初はこのように軍事上の目的であったが、戦後急増した暴力団とその構成員による銃器犯罪や銃器を用いた対立抗争事件の頻発により、この法律は治安の回復と犯罪抑止に大きな役割を果たすこととなった。その取り締まり対象は、銃器本体の所持から輸入、譲渡し・譲受け、部品や実包の輸入・所持・受け渡し、銃砲の発射へと順次拡大して、銃器犯罪に対処している。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

78件中 11 - 20件表示