78件中 21 - 30件表示
  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た日本軍

    銃砲刀剣類所持等取締法は、第二次世界大戦後、日本軍の解体と軍国主義排除を徹底するため、GHQの指示を受けて定められた1946年のポツダム勅令の一つ、銃砲等所持禁止令(昭和21年勅令第300号)により銃砲等の所持を禁じたことを直接の嚆矢とする。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た職業としての政治

    暴力の独占 - マックス・ヴェーバーが自著・『職業としての政治』にて唱えた、主権国家の定義。近現代(近代・現代)において、対内的に警察、対外的に軍隊など、いわゆる暴力装置を主権国家が独占している状態を指す。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た日本遊戯銃協同組合

    この値はASGK、JASG双方の自主規制値をやや上回るため、威力を増大させていなければ、これらの自主規制団体に加盟しているメーカーのエアソフトガンは合法となると思われるが、実際には自主規制団体に加盟しているメーカーですら自主規制を守っていないこともあり、全機種にわたる安全宣言を出したメーカーと、要改修機種を発表したメーカーに分かれた。対象となるエアソフトガンには、2007年2月20日までに威力低下を行う必要があった。現在は既に改正規定が施行されているので、適正威力でない遊戯銃は警察に届け出るか自身で修復困難なまで破壊処分、または廃棄しなければならない。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た主権国家体制

    暴力の独占 - マックス・ヴェーバーが自著・『職業としての政治』にて唱えた、主権国家の定義。近現代(近代・現代)において、対内的に警察、対外的に軍隊など、いわゆる暴力装置を主権国家が独占している状態を指す。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た美術品

    都道府県の教育委員会は、美術品若しくは骨とう品として価値のある火縄式銃砲等の古式銃砲又は美術品として価値のある刀剣類の登録をするものとする。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た法律

    銃砲刀剣類所持等取締法(じゅうほうとうけんるいしょじとうとりしまりほう、昭和33年3月10日法律第6号)は、銃砲・刀剣類の取締りを目的とした日本の法律である。略称は銃刀法。1958年3月10日公布、同年4月1日施行。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た運動エネルギー

    「銃砲」とは、けん銃、小銃、機関銃、砲、猟銃その他金属性弾丸を発射する機能を有する装薬銃砲及び空気銃をいう。ただし、ここでいう空気銃とは、圧縮した気体を使用して弾丸を発射する機能を有する銃のうち、内閣府令で定めるところにより測定した弾丸の運動エネルギーの値が、人の生命に危険を及ぼし得るものとして内閣府令で定める値以上となるものをいう(2条1項)。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た政令

    精神障害又は発作による意識障害をもたらし、その他銃砲又は刀剣類の適正な取扱いに支障を及ぼすおそれがある病気として政令で定めるものにかかっている者銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た機関銃

    「銃砲」とは、けん銃、小銃、機関銃、砲、猟銃その他金属性弾丸を発射する機能を有する装薬銃砲及び空気銃をいう。ただし、ここでいう空気銃とは、圧縮した気体を使用して弾丸を発射する機能を有する銃のうち、内閣府令で定めるところにより測定した弾丸の運動エネルギーの値が、人の生命に危険を及ぼし得るものとして内閣府令で定める値以上となるものをいう(2条1項)。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た小銃

    「銃砲」とは、けん銃、小銃、機関銃、砲、猟銃その他金属性弾丸を発射する機能を有する装薬銃砲及び空気銃をいう。ただし、ここでいう空気銃とは、圧縮した気体を使用して弾丸を発射する機能を有する銃のうち、内閣府令で定めるところにより測定した弾丸の運動エネルギーの値が、人の生命に危険を及ぼし得るものとして内閣府令で定める値以上となるものをいう(2条1項)。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

78件中 21 - 30件表示

「銃刀法違反」のニューストピックワード