78件中 41 - 50件表示
  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た住居

    住居の定まらない者銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た罰金

    けん銃等の輸入(営利目的) - 無期若しくは5年以上の有期懲役、又は1000万円以下の罰金併科銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た廃刀令

    銃砲・刀剣類の所持規制は明治時代から行われ、「銃砲火薬類取締法」(明治43年法律第53号)において、銃砲類の市販製造は政府への登録制とし許可無く所持することが禁止されていた。また、刀剣類についても廃刀令、帯刀禁止令(明治9年太政官布告第38号)により大礼服着用者・軍人・警察官以外の帯刀は禁止されていた。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見たナイフ

    第22条に「業務その他正当な理由による場合を除いては、内閣府令で定めるところにより計った刃体の長さが6センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない。ただし、内閣府令で定めるところにより計った刃体の長さが8センチメートル以下のはさみ若しくは折りたたみ式のナイフ又はこれらの刃物以外の刃物で、政令で定める種類又は形状のものについては、この限りでない。」と規定され、これに違反した者には、第31条の18第3号により2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられることとなっている。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た国家

    暴力の独占 - マックス・ヴェーバーが自著・『職業としての政治』にて唱えた、主権国家の定義。近現代(近代・現代)において、対内的に警察、対外的に軍隊など、いわゆる暴力装置を主権国家が独占している状態を指す。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た有害玩具

    銃器愛好家によって、規制内容が現状と合わなくなっていると指摘される。中でも特徴的なのが、弾丸を発射するタイプの遊戯銃に関する点である。この法律が制定された当時、弾丸を発射する遊戯銃は銀玉鉄砲程度しかなく、エアソフトガンのような高い威力(といっても玩具として成立するレベルではあるが)と命中精度を持ったものは想定外であった。そのため、遊戯銃の威力に関する規制が十分に機能していないという問題があった(有害玩具参照)。具体的には、威力を危険なレベルまで増大させるカスタムパーツの販売が野放し状態となっていた。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た太政官布告

    銃砲・刀剣類の所持規制は明治時代から行われ、「銃砲火薬類取締法」(明治43年法律第53号)において、銃砲類の市販製造は政府への登録制とし許可無く所持することが禁止されていた。また、刀剣類についても廃刀令、帯刀禁止令(明治9年太政官布告第38号)により大礼服着用者・軍人・警察官以外の帯刀は禁止されていた。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た病気

    精神障害又は発作による意識障害をもたらし、その他銃砲又は刀剣類の適正な取扱いに支障を及ぼすおそれがある病気として政令で定めるものにかかっている者銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た連合国軍最高司令官総司令部

    銃砲刀剣類所持等取締法は、第二次世界大戦後、日本軍の解体と軍国主義排除を徹底するため、GHQの指示を受けて定められた1946年のポツダム勅令の一つ、銃砲等所持禁止令(昭和21年勅令第300号)により銃砲等の所持を禁じたことを直接の嚆矢とする。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 銃砲刀剣類所持等取締法

    銃砲刀剣類所持等取締法から見た骨董品

    都道府県の教育委員会は、美術品若しくは骨とう品として価値のある火縄式銃砲等の古式銃砲又は美術品として価値のある刀剣類の登録をするものとする。銃砲刀剣類所持等取締法 フレッシュアイペディアより)

78件中 41 - 50件表示

「銃刀法違反」のニューストピックワード