127件中 11 - 20件表示
  • 銚子電鉄

    銚子電鉄から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    銚子電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 銚電

    銚電から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    銚電 フレッシュアイペディアより)

  • 銚子鉄道

    銚子鉄道から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    銚子鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 日立電鉄2000形電車

    日立電鉄2000形電車から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    銚子電気鉄道で使用されているデハ1000形電車は、元々3000形として導入される車両であった。日立電鉄の都合によりキャンセルとなり、銚子電気鉄道に売却されたという経緯がある。日立電鉄2000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京成33形電車

    京成33形電車から見た銚子電鉄銚子電気鉄道

    38・39は1945年(昭和20年)に戦災で、40は1946年(昭和21年)に青砥駅での追突事故で、46は1947年(昭和22年)に高砂車庫の火災でそれぞれ廃車となった。なお被災した46の台車は同時に被災したモニ7の台枠および新製した木造車体と組み合わせられて銚子電鉄に譲渡され、同社のデハ201となっている。残った41・45・47・48は1947年に新京成電鉄が開業した際、同社に譲渡された。京成33形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄1355形蒸気機関車

    国鉄1355形蒸気機関車から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    1357は、国有鉄道在籍中の1946年(昭和21年)4月から2か月ほどの間、銚子電気鉄道に貸し出されていたことがある。国鉄1355形蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 波崎の大タブ

    波崎の大タブから見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    JR東日本総武本線・銚子電気鉄道銚子駅からタクシーなど車で約15分。波崎の大タブ フレッシュアイペディアより)

  • 上田丸子電鉄丸子線

    上田丸子電鉄丸子線から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    近江鉄道の12m級の小形車、クハ23・25を譲受した車両。1949年に上田丸子入線時に電装化された。2322は当初別所線所属だった。当初は非貫通だったが1962年にサハ41との編成を組むにあたり、2321のパンタグラフ側、2322の非パンタグラフ側が貫通化された。廃線後は2321が銚子電気鉄道に譲渡され、同社のデハ500形501となった。上田丸子電鉄丸子線 フレッシュアイペディアより)

  • 新生駅 (千葉県)

    新生駅 (千葉県)から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    銚子駅から東へ線路を延ばし、銚子電気鉄道の線路に一旦合流し、妙見堂踏切で再び分岐して北の方へカーブし、0.8 km行った先に存在していた。駅構内には行き止まりの側線が並んでいた。また、銚子駅側(新生駅構内西側)の本線北側には、ヤマサ醤油の醤油工場とつながる専用側線が存在していた。新生駅 (千葉県) フレッシュアイペディアより)

  • くぬぎ山車両基地

    くぬぎ山車両基地から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    年に1度、鉄道の日にあわせて車両基地見学会が行なわれ、工場内を見学することができる。例年は10月から11月ごろの開催だったが2013年は台風の影響で中止(延期)となったが代替として2014年3月8日に開催。内容は、鉄道部品の即売、記念グッズ等の販売、電車運転席での制帽着用での記念撮影、8900形ミニ電車の運行、運転台シミュレーター体験、大パノラマ鉄道模型運転会、ドア装置の開閉実施体験、踏切支障報知装置の体験、モーターカーの展示・試乗、パンタグラフと踏切遮断機の展示、新旧列車運行図表(ダイヤグラム)の展示、台車見学などである。その他にも京成グループ各社をはじめ、東葉高速鉄道、銚子電気鉄道、秩父鉄道等が、記念グッズ等の販売を行なう。くぬぎ山車両基地 フレッシュアイペディアより)

127件中 11 - 20件表示

「銚子電鉄」のニューストピックワード