127件中 61 - 70件表示
  • 点と線

    点と線から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    ロケ協力:JR西日本、JR北海道、銚子電気鉄道、大井川鐵道、岡山電気軌道、JR東日本、江ノ島電鉄、函館市、備前市、はこだてフィルムコミッション、いばらきフィルムコミッション、銚子フィルムコミッション、大阪ロケーションサービス協議会、神戸フィルムオフィス、フィルムサポート島田、岡山県フィルムコミッション連絡協議会、ほか点と線 フレッシュアイペディアより)

  • 路娘MOTION

    路娘MOTIONから見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    路娘007。銚子電気鉄道の3000形車両をモティーフにしている。路娘MOTION フレッシュアイペディアより)

  • 銚子遊覧鉄道

    銚子遊覧鉄道から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    銚子遊覧鉄道(ちょうしゆうらんてつどう)は、かつて観光開発を目論んで建設された銚子駅と犬吠埼を結んでいた鉄道路線である。1923年に開業した銚子鉄道(現・銚子電気鉄道)はその線形を踏襲して外川駅まで延伸し、現在の銚子電気鉄道線に至っている。銚子遊覧鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 伊予鉄道800系電車

    伊予鉄道800系電車から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    伊予鉄道では2009年度から2011年度にかけて郊外線向けの新型車両である3000系(3両固定編成×10本)を導入した。本系列はその代替として全廃されることとなり、2010年7月25日にさよなら運転を行い運用を終了した。このうち、2009年に廃車となったモハ822 - クハ852・モハ823 - クハ853の2編成4両が銚子電気鉄道に譲渡され、同社2000形電車(デハ2000形・クハ2500形)デハ2001 - クハ2501・デハ2002 - クハ2502となった。車内は座席の一部を撤去してバリアフリー化及びワンマン化を実施した。外装は、2001編成が京王時代のライトグリーン色に、2002編成はイオン銚子ショッピングセンター(現・イオンモール銚子)がスポンサーになり、白地の上から側面に電子マネー「WAON」のマスコットキャラクターである犬のラッピングが施されている。デハ2000形の前面には方向板受けも設置されている。なお、2009年度内に営業を開始する予定だったが、事情により大幅に遅れ、2010年7月24日から営業運転が開始された。伊予鉄道800系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 貧乏神

    貧乏神から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    東京都台東区の妙泉寺にも貧乏神の石像(モチーフは桃太郎伝説・電鉄シリーズの貧乏神)が祀られている。この石像は景気回復の願から貧乏神の頭の上に猿が乗る「貧乏が去る(猿)像」と名づけられている。この像は香川県高松市の鬼無駅と長崎県佐世保市の佐世保駅、銚子電気鉄道の仲ノ町駅にも設置されている。また銚子電気鉄道には、笠上黒生駅に「貧乏を取り(鳥)」として頭にキジが乗った像が、犬吠駅に「貧乏が去ぬ(犬)」として頭に犬が乗った像が、猿と時同じくして設置された。貧乏神 フレッシュアイペディアより)

  • 伊予鉄道3000系電車

    伊予鉄道3000系電車から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    また、本系列の導入により置き換えられた800系電車のうち4両が銚子電気鉄道へ譲渡された。伊予鉄道3000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • あやめ (列車)

    あやめ (列車)から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    4月17日:休日に臨時快速「房総の休日号」を新宿駅 - 成田駅 - 佐原駅 - 銚子電気鉄道外川駅間で運行。あやめ (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 営団2000形電車

    営団2000形電車から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    一部車両は京王重機整備にて改軌・パンタグラフ取付を中心とした改造工事のうえ、日立電鉄と銚子電気鉄道に譲渡された。営団2000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 交通

    交通から見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    また、需要が多い都市近郊の輸送においても、輸送量が増えすぎ、設備の強化をすること(増結、複々線化、高密度運転化など)に多額の経費がかかり、経営に足かせとなっていることもある。鉄道が都市のインフラであることから、輸送力増強資金は自前調達が原則とされていた以前よりは公的な援助が受けやすくなってはいるものの、少子化で将来的に通勤/通学需要が減っていくことも懸念材料である。そのため、各社とも、効率的な投資、ダイヤの組み替えによる利便性の向上、駅設備での関連事業の強化(いわゆる駅ナカやホテル事業など)等で、経営状態の安定化を図っている。たとえば、銚子電鉄では、片手間で始めた副業(煎餅の製造販売)が本業の赤字を補うほどの収入を上げているし、大手私鉄は古くから不動産・小売業に力を入れ、特に阪急電鉄や東京急行電鉄では戦前からベッドタウン・商業地といった都市開発を本業としており、鉄道事業もその一部と位置づけられていた。民営化後のJRも交通事業のほか不動産(不動産の分譲や賃貸など)や金融、小売等関連事業の強化に乗り出している。交通 フレッシュアイペディアより)

  • ナシル

    ナシルから見た銚子電気鉄道銚子電気鉄道

    2016年5月22日、千葉県の銚子電気鉄道犬吠駅で行われた沖縄イベントに出演。ナシルの写真入りヘッドマークを付けた列車が運行され、記念入場券も発売された。ナシル フレッシュアイペディアより)

127件中 61 - 70件表示

「銚子電鉄」のニューストピックワード